FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]100724 ~Starbucks Via~
▼オレはコーヒー通ではありません。コーヒー党ですらありません。というかコーヒー好きかどうかも自信がねぇ感じ。
 んですがまぁ、自室で 1 日から数日に 1 杯程度はコーヒー淹れて飲んでる程度には飲んでます。豆はといえば、スタバで 100g ずつ、毎回銘柄を変えてペーパーフィルター用に挽いたヤツを買ってます。正直、スタバで飲むスタバのコーヒーより、自分で淹れたスタバのコーヒーのほうが美味いような気がするあたり、ま、たぶん味がわかってねぇってことなのかなぁと思いますが、べつに「コーヒー好き」とすら自称する気はないのでそのへんはそれということで。*
 で、先日、豆を買いに行ったときに、なにやら「via」とかいうのの試供品をくれまして。何かというと、スタバ発のインスタントコーヒーだそうで。
 ほほう。
 オレはインスタントコーヒーは、望んで飲むことは一切ありません。ま、出先で勧められたとかでほかに選択肢がなければ別ですが。自室でならドリップしますし、ドリップするのを何らかの理由で労力的に回避したいときには、「代替コーヒー」を飲むよりは水でも飲みます。なんでまぁ、たとえこれが気に入ったとしても買うこたぁねぇだろうとは思う(一杯あたりの値段はスッゲェ高いからねー)わけではありますが、せっかく貰ったからには飲んでみるかねぇ、という感じでトライ。
 ……なるほど、これは大したものだ。
 「コーヒー好き」とすら自称する気もないオレの舌では、(並べて比べればまぁどうなるかわかりませんが、それだけ飲んだ感想としては)スタバで飲むスタバのコーヒーに、ま、遜色ないと申し上げてよろしい味という感じ。
 大したものだ。
 ……うん、実際大したものだと思うんですが。
 これ誰に訴求するんだろ?
 値段は 1 杯あたり 100 円ぐらいっぽいのですが、豆で買って淹れればもっと安くもっと美味いわけであり、ほんのわずかの手間の差のために、味も犠牲にして(ってほど差を感じるかは人によるであろうとはいうものの、少なくとも豆より上ってことはまずありえんだろうと思うわけですよ)高い値段を払って買う……?
 意味わかんねぇなぁ……。
 想像しうるとすれば、アイスコーヒーが大好きな人、でしょうか。冷やすというのは結構な手間ですから、最初から水に溶かせばいいってのは相当ラクかも。
 オレはアイスコーヒーには全然惹かれないんで、よくわからんけどねー。アイス用の via も別途発売されてる(おお、基本ホット用のと比べるとちょっと割高の 120 円だってよ!)ので、基本ホット用の存在意義はなおさら謎というかなんというか……。
 面白いとは思うんだけどねー。
 まともな(我々がそう呼ぶところの)コーヒーがなかなか飲めなそうな長旅のお供とかにコーヒー党が持ってくにはけっこうな選択肢、ってところ、あたりかなぁ? 想像ですけど。個人的には、ちゃんと本物に互換できる「インスタント牛乳」が実在しているのなら、それとセットでアジア出張とかには持ってけると嬉しいかも、とかそんな感じ。ま、これも想像ですが。
 ま、買うことはあまりなさそうですが、試供品を試せたのはなかなか面白い経験でございました。タダで飲んだコーヒー 1 杯としては大満足であります。

* つーか、ヤカンで沸かしたお湯を使って、ペーパーフィルターで重力でドリップした味が好きすぎなのかも?
2010/07/24 (Sat)
■ Comment
・via
登山をしたりソロキャンプをしたりする人でコーヒーが好きな人(通常のインスタントよりは美味しいのを飲みたいと希望している人程度の意味)には評価が高いみたいですね。
僕はまだそのviaを飲んだ事がないので評価不能ですが。
2010/07/25(Sun) 19:26 * URL * 死せる詩人 #mKnWaI5I[編集]
 おお、なるほど!
 自室とか、あるいは出先でも国内のホテルなんかだと、レギュラーで入れてもたいした手間じゃないしなぁ……と思ってしまいますが、登山やキャンプはよさそうですね。淹れる段階もですが、ゴミの始末とかがラクそうですし。
 試飲のチャンスなどあれば、試してみる価値はあると思いますよ。
2010/07/27(Tue) 01:27 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。