FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]100707 ~ドリフターズ 1 巻~
▼平野耕太「ドリフターズ」1 巻読了。
 えーと。
 まさに「なんだこれ」としか云いようがない感じで。
 や、読み終えてみると面白いんですが、これ連載で読んでた人困ったんじゃないかなぁ。
 そして当然のごとくわしも「森乱丸かと思うた」のでありました。ゲハハハ。
 以下、ネタバレ等のため一応水面下に。
・「仇はお前らが討たねばならぬ。この子が応報せよと言っている」はいいなぁ。ある種のロールモデルになりえそうです。つまり、ロールプレイの。……と思うということは、プレイヤーとして捌くのが苦手な系の状況だなぁと思うからなわけでして……。ドロウとかならやりやすいけどねー。
・「ドラボーン」の響きは素晴らしい。まぁそこまでデカい年齢段階のドラゴンだったら素直に自分でブレスで地上掃射するだけで真っ平らになりそうですが。
・「私の彼はパイロット」の真下のコマに「菅野」はズルいぜ。鼻水フいた。
・「ちょっとローマ滅ぼしてくる」たまらん。
・子孫も氷の上でおどりまくってる、ってその着眼点は素晴らしいですな。
 んまぁ、世界の構造なんかがまだよく見えんので、次巻以降期待ってのが一番になっちまいますけど、そんな按配で。
2010/07/07 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *