FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]100625 ~SAW~
▼っつーか、これだけずっと観たかったモン、今に至るまで観てなかったというのがけっこうアレという感じではありますが。
 BOSS に借りてた、というか貸されてた DVD をようやく観ました。
 うは。なるほど。こいつは確かに名作だ。
 以下ネタバレのため水面下。
 ここからネタバレ水面下。
 まぁ、最初の舞台設定がだいたい出揃った段階で一点読み、というか一点について見方を決めたというか、「犯人は女性だろこれ」とかなり確信してみた(根拠? 皆無だよ! 強いていえば、かなり明確に男性として描写されてたから、ぐらいでしょうかね)わけですが、全力で空振りましたな。
 あとはまぁ、最初の流れ去るシーンは必ず重要な意味があるだろうと確信してたんですが、何せあの描写ですのでよく見えず、何度か見直したかったものの、どうも、DVD じたいにシークバーの動作制限がかけられてたかうちの再生ソフトの問題か(そのへんどういうものなのかよく知らないんですが)手間の問題で二度見るのがやっとで、二度見てもよくわからなかった……なんてのが。なるほど、確かに重要な意味があったな……まぁ、ある意味「もしその瞬間にわかってたとしてもすでにいろいろ手遅れ」な感じではありましたが。
 で、結論としての真犯人(という云い方が是なのかどうかはともかく)については、最初は引っかかってた部分もあった(といっても犯人だろうという意味ではなく、もっと単純に、ホントに死んでるのか、ホントに死体なのかという意味で)んですが、「死んでるようだ」という主旨の発言をした人物がいずれも犯人側ではないっぽいとわかった時点で意識から除外。
 ぐぬぬ、お見事でござった。「ああ、やっぱりあれだったか! でも最初はそう思ったけどその後のミスリードが上手すぎて忘れてたよ!」を久々に満喫いたしました。「完全に意表」よりも効くんだよねーこれ。(なお、オレは TRPG のマスターとしてはけっこうこれが得意です。というか単にナチュラルに忘れさせるのが得意というか、むしろ最後に「登場したときは重要だってわかってて忘れまいってプレイヤーも言明してたじゃん!」ってなコトを忘れられてて壊滅されかけたりすることが多々。難しいものですなっ)
 結論。というか教訓きょうくん~「Make Sure」うん……いろんな場面、いろんな意味で。

追記:観終わって 30 分ぐらいして気づいた。装弾時に何かすげぇ違和感があったんですが、その正体はこれかぁ! 「自殺死体が握っていたリボルバーに空薬莢が残っていないということは有り得ない」……メリケン人はみんなすぐ気づいたのかなぁ? てかまぁ、奥さんあんた結局銃は右手に握ってるの左手に握ってるの? みたいな描写上の問題(あれ単なる描写上の間違いだよねぇ?)もあるわけで、上述の点も同様の描写上の問題かもしれんと思ってしまうかもしれませんが。
2010/06/25 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *