FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Lightning Assailant III
▼さて、どうやら、次回にでもソーサラーの出番が来そうな雲行きになってまりいました。まーキャラ組むのはそれ自体が趣味みたいなモンなんで、実際のセッション日なんてまるで未定でも組んでしまうのは組んでしまうわけですが、出番が迫ってきてるとなれば、まぁもう一段階ちゃんと詰めておかんとねー。ここまで組んできたモンをコンパイルする、とかそういう感じで一発。
 Zeit Fernbach Female, Drow, Sorcerer (Storm)
 Str: 10, Con: 14, Dex: 16(14+2), Int: 8, Wis: 10, Cha: 19(17+2)
 Height: 5'8'', Weight: 130 Lb
 AC 13, Fort 12, Ref 13, Will 16
 Hp: 26, Alignment: Unaligned, Deity: Eilistraee
 Basic Attack (Melee): +2 vs AC; 2d4
 Feats: Distant Advantage (1)
 Skills Trained: Arcana +4, Intimidate +9, Bluff +9, Dilomacy +9
 Powers at-Will: Storm Walk(1), Lightning Strike(1)
 Powers Encounter: Thundering Roar(1) Cloud of Darkness(R)/ Darkfire(R)
 Powers Daily: Howling Tempest(1)
 Equipments: Scythe, Clothes

 ……いやー、防御役(のみ)経験した身には愕然とするような防御値ですな。一瞬、「もしかしてレザーアーマー習熟が必要!?」とか思ってしまったぐらいの……。まぁ、3.5 版のような、「副次攻撃だけでも止める AC」とか「パワーアタックをさせないための AC」とかは必要ないので、もうこれは覚悟して行くほうがよさげかなぁ……というのが現状の結論ですが。
 スキルももうなんつーかどうしょもねぇ。ハッタリだけで世の中渡って行きますと云わんばかりの事態に。まぁ、スキルは周囲と相談して変更も視野です。能力値ボーナスなしでも自然や地下探険があれば嬉しいかもしれませんし。正直ブラフがあればディプロもインティミもそこまでは要らん気もするしねー。
 名前はなんとなく思いついた「ツァイト」ってのはかなり初期から(2P カラーに移行する前から)考えてました。で、んなら苗字もドイツ系にするかということで人名録サイトさまをあさって適当にリズムがテスタロッサに近いものを選んできたという感じ。まぁ苗字のほうはどーでもいーっちゃいーです。
 まぁ、普段はあんまし性格面などは詰めないんですが、今回はちょっとドロウとかいう、一般に挑戦し甲斐があると目されそうな種族でありますので、だいたいの方針を書いといてみるかなぁ。
 地上で暮らすようになってからはイーリストレイー信者とか云っとくと比較的(あくまでも比較的)ウケがいいのでそんなふうに吹聴してますが、実際のところはよくわからずに云ってるだけです。地上で暮らすドロウの神様なら僕にぴったりじゃん! とかそんなふうに短絡した模様。たぶんロルスもイーリストレイーも、もし彼女に意識を留めたとしたら、「なんもわかってねぇなぁ」ぐらいに思ってるんじゃないかと思われます。
 「自分たちはその他すべての種族よりも優れている」というドロウによく見られるらしい偏見からはかなり自由です。ただし、それは単に「ドロウの中にもかなりダメダメなヤツはけっこういる」ということ、および「自分も(少なくともまだ)その他すべてより優れているとはとてもいえない」ということを認識しているが故の謙虚さです。もしこの先の冒険で学ぶことなく力のみが増大してゆけば、ドロウの邪悪な慣習に近い考え方を持つことになるでしょう。
 「権力以外に意味がない世界」であるドロウの社会通念からはかなり逸脱しており、「権力」よりも「実力」を優先する思考形態を持ちます。
 「ダーク・エルフは常に裏切りを警戒している」という傾向に、性格的には明確に当てはまりますが、警戒する能力(INT, WIS)の面で若干不安がある(しかし警戒していることを容易に悟らせない能力(CHA)は無駄に優れてる)ため、あまりそうは見られません。「あいつはいつか裏切るかもしれないけど、まさか今ってことはないだろう」とほぼ常に思っているようです。
 基本的に、弱いものに縋られることに対しては、振る舞いとしては善良に見えるかもしれない対応をします。これは単に未成熟で単純な自尊心をくすぐられるからなのですが。したがって、助けを求めてきたのでない限りは、困っている者がいても救ってやろうなどと考えつくこともなく見過ごすでしょう。また、強い者に使われることに対しては基本的に反発します。っつーか、こいつを導入時の交渉役などに使わないほうがいいんじゃないかなぁと思います。うはは。
 以上のように、ドロウの常識からかなり逸脱した(というか単にあっちの社会で非常識なアホの子だっただけ。実力(の萌芽)だけはあったので見逃されてた?)性格ですが、一点のみ、その文化の強い偏見を堅持しています。つまり、ドロウ社会の女性優位の構造を当然のものと信じ込んでおり、種族に無関係に男だというだけで一段下に見る傾向があります。
 ……とまぁ、自分で長々と書いといてなんですが、要するにアホです。そんな感じでひとつよろしく。気が向いたら INT と WIS は逆にするかもですが、どっちがアホっぽいかなぁ?
2010/06/04 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *