FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]100526 ~『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』の「日本版」~
▼礼園の内田研で告知が。
 ポール・オースターの『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』の「日本版」を作成することになりました。(中略)
 『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』はどういうものかと申しますと、アメリカのいろいろな普通の人たちに寄稿してもらったショート・ストーリーの中から佳作をラジオでポール・オースターが朗読するという、それだけのものです。
 でも、これが面白いんです。
 ポール・オースターはラジオで、どのような物語を求めているかについてこんなふうに話しました。
「物語を求めているのですと、私は聴取者に呼びかけた。物語は事実でなければならず、短くないといけませんが、内容やスタイルに関しては何ら制限はありません。私が何より惹かれるのは、世界とはこういうものだという私たちの予想をくつがえす物語であり、私たちの家族の歴史のなか、私たちの心や体、私たちの魂のなかで働いている神秘にしてはかりがたいさまざまな力を明かしてくれる逸話なのです。言いかえれば、作り話のように聞こえる実話。大きな事柄でもいいし小さな事柄でもいいし、悲劇的な話、喜劇的な話、とにかく紙に書きつけたいという気になるほど大切に思えた体験なら何でもいいのです。いままで物語なんか一度も書いたことがなくても心配は要りません。人はみな、面白い話をいくつか知っているものなのですから。」(『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』、ポール・オースター編、柴田元幸他訳、新潮社、2005年、10頁)

 ……引用が長くなりましたが、そういうものがスタートするようです。
 ええ、この告知を見た瞬間、オレの頭に浮かんだのは彼の顔でした。
 vabo、出番だぁー!
 ……や、ひっかかるところもあるっちゃあるんですけど。
 再び引用。
 このプロジェクトの日本版をやることになりました。
 (中略)とりあえずはお知らせ。
「物語を求めています。」
「本当にあった『嘘みたい』な話」
 ある出来事を「嘘みたい」と思うか、「そんなのよくあることじゃないか」と思うかの識別の基準は客観的なものではありません。それはあくまで主観的なものです。「嘘みたい」と思うときに、その人の、余人を以ては代え難い、きわだった個性が露出する(ことがある)。たぶん、そうなんだと思います。つねにそうなるとは限りませんけれど、そういうことが起こる確率が高いはずです。
 「その人にとってはあり得ないはずのこと」があり得たという事件を語るさまざまなアメリカ人の証言を通じて、ポール・オースターは「アメリカが物語るのを聴いた」のでした。同じようにして、ぼくたちも、「日本が物語るのを聴いてみたい」と思います。

 ……vabo のさらにスゲェところは、話を聞いたわれわれ、つまり一緒の席にいたメンツとしては wao、disk、オレあたり(wao はもっと以前からの友人なので、その席で初めて聞いたわけではなく、それが実際に起こっていた頃に同時進行で報告を受けてたりしたわけで、より生々しい実感を持っているはずですが)は「嘘みたいな話」として受け取っているにもかかわらず、話してる vabo 本人は「そんなのよくあることじゃないか」ぐらいのノリだってことでしてな……。
 やー、スゲェ経験をいろいろ持ってて、いろいろ話してもらったとして。「とっておきですよぉ~」と披露されたのであれば、つまり、本人的にも「嘘みたいな話」をしてくれたのであれば、「ああ、この人はすごい経験をした普通の人なんだな」と思いますが、「やーたいした話じゃないんだけどさ」と平然と云われてしまうと、つまり、聞いてる側からすれば「嘘みたいな話」なのに本人は「そんなのよくあることじゃないか」って感じで話してくれたとなると、「ああ、この人はすごい人なんだな。だからこんなすごい経験を「普通の経験」として話してしまえるんだ」としみじみ思います。
 ……まぁ、「経験した本人」である必要はとくにないっぽいので、wao がまとめてみるってのも(もちろん応募するとしたら vabo 本人に確認は取るべきだと思いますが)アリなのかも?
 ……ま、第一次募集のテーマとは直接つながる話があるかどうかはどうなんだろ、という感じではありますが、考えてみられると面白いかと思います。
 つーかまず米版の日本語版を読んでみよう。
2010/05/26 (Wed)
■ Comment
 たしかにvaboの出番だw

 vabo伝のまとめはやってみたいが、おれが書くとウソ臭くなるのも事実www
 本人はどう思ってるんだろうね?w
2010/05/28(Fri) 01:25 * URL * Wao #h486vM0w[編集]
 vabo が淡々と綴って、最後に wao っぽく「そんだけ」でシメる、とかでもインパクトあると思いますけどね。「……って、「そんだけ」じゃねぇー!wwwww」って感じで!
 米版の日本語版は今読んでますが、なかなか面白いです。文庫上下巻で、まだ上巻の半分もいってないですが、けっこうオススメかも。
2010/05/29(Sat) 16:58 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *