深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[Life as a Half Drow]現代日本の女性キャラ
こちらの「男女の性差(2)ロールプレイ編」(VNI 様にて発見)が面白かったのでちょろっと関連するようなしないようなコトを。
 自分と自分の PC の性別が異なるということを、男女いずれのプレイヤーが能くこなすか、あるいはその際の傾向、みたいな話題でして、興味深かったのは、「女性は比較的ちゃんと男性キャラクターの演技もこなす傾向があるが男性は「巨乳!」とだけ設定してあとはほったらかしだったりする連中も多かったりするかもー」というような言及でありました。
 いや、その傾向そのものについてはわたしもかなり共感するんですが。
 演技しようがしまいが、そんなコトが重要なのか? と思ってしまうんだよなぁ、正直。いや、巨乳かどうかよりは演技のほうが重要だと思いますけど。
 たとえば現代日本を舞台にした捜査系の TRPG でわたしが女性キャラを使用する(頻度やたら高いです)さいに、性別を意識しているのは以下のような点です。

1) 要人警護系の任務で、警護対象が女性の場合に自然に寝室まで同行できる。
 ナイトメアハンターという「悪夢」がテーマの、つまり眠っている対象と一緒にいる必要が生じがちなゲームを多く遊んでたせいか、これはけっこう重要な一面だった気がします。

2) 女性を尾行している場合などに、対象が女子トイレの窓から脱出をはかったさいに自然に追撃が可能。
 べつに女子トイレじゃなくてもいいんですが、要はそういう、通常男が踏み込めない場所に自然にもぐり込めるということで。1 も広い意味では同じか。

3) 男嫌いの女性キャラあるいは男がらみの問題で男には相談しづらい問題を抱えた女性キャラからの情報収集が容易。
 これも「心の傷」のリサーチが重要課題になったりしがちなナイトメアハンターを遊ぶ機会が多かったことも関係してるでしょう。

4) 子供からの情報収集などでは「優しいお姉さん」は強キャラ。
 これは一番演技的な部分に近い要素かなぁ。優しいお兄さん(or おじさん)よりは演じやすいので。

 んまぁ、こんなカンジでしょうか。4 はちょっと外れるので 1~3 で考えるとだ。要するに、キャラクターが女性であること自体よりも、女性という社会集団の一員であることを重視してるわけですな。これはもちろんまんま「女」と「男」を置換しても成立することですが、実際には男ばっかの我々のプレイグループでは「女性キャラを使用することに拒絶反応を示す男性プレイヤー」も存在しており、女性キャラクターを平気で使えるプレイヤーが PC 人数のバランスを取ろうと思ったら女性キャラクター使用頻度が高まることは必然だった、ということで、わたしはやたら女性キャラクター使用頻度が高かったわけです。冒頭のリンク先は SW をメインに遊んでらっしゃる方のようなので、こうした要素はあまり気にする必要がなさそうですが、現代日本で捜査モノとかを考える場合、キャラクターの男女比を 1:1 に近づけることは(たとえ演技なんぞしなくても)それ自体に意味があることだったりします。これで舞台がアメリカとかだったら男女揃えるコトよりも各人種揃えることのほうが重要になったりもするのかもしれませんが、日本人同士で遊んでる範囲では、それは実感できる分類ではないので、過去にはあまり問題になったことはありませんでした。

 まぁ、男性キャラクターだとシンクロしすぎて後でツラい気分になりがち、なので、一枚壁を隔てたキャラクターを一歩引いて操るほうが自己採点でイイ点が出る、ってのは、もちろん小さくはない要素なわけですが。

 ん? ファンタジーの場合?
 最近サードで使ってる PC は 2 キャラおりますが、いずれも女性です。
1) ウィザード:若い男性ウィザードのフィギュアがほとんど実在していないので、若いキャラクターのフィギュアが容易に手に入る女性にした。(レベル 1 でじじいというのはさすがにノれないしなぁ)
2) クレリック:目指すプレステージクラスが女性限定だった。
 ま、こんな具合で。

6/1 追記。「キャラクターが女性であること自体よりも、女性という社会集団の一員であることを重視してる」に補足。
 「キャラクターの持つ「女性であるという要素」を発揮する主な場面は男性キャラクターに接する場面ではなく女性キャラクターに接する場面である」(その結果、「男(プレイヤー)が男(キャラクター played by 男プレイヤー)を相手に女(キャラクター)を演じる」というメンタルに疲れることを主題にせずにすむ)
 ということでもありましょうか。
2005/05/31 (Tue)
050530 * Top * 050531
■ Comment
・はじめまして。
当方の駄文をお読み頂きありがとうございます。
現代もののシステムを遊ぶことがないもので(経験はあるのですが)、とても楽しく拝読させて頂きました。
皆さん、もっといろんなキャラに挑戦して欲しいものです。ムリして女言葉を使わずとも(苦笑)。
関係ないですけど、アメリカの企業が人間を採用する際、あそこは履歴書に写真を貼らないとか聞いたことがあります。事前に人種によって採用を見送ったりすることがあるからだとか。ふむ。ホントかな。

失礼致しました。
2005/06/01(Wed) 12:24 * URL * がちゃ #sj93pB3o[編集]
 はじめまして、ようこそ。
 先日の「ビーム」の回あたりから巡回させていただいております。
 セリフを含めて演技部分で本気で異性を演じるのは、とくに男性にとってはなかなか大変ですが、それに抵抗があるならまずはカタチから(体型とかじゃなく、キャラクターの役割ってことですけど)入ってやってみれば、案外できるものかもよ? と思うんですが、苦手な人にはなかなかできないようですな。
 アメリカの履歴書の話はびっくりですね。でも、云われてみれば、ありそうなことですな。
 概ね(すくなくとも普段のゲームで捜査するような範囲では)単民族国家であり、近隣アジア諸国の方々ともそうそう外見的に差がない環境で暮らす日本人には想像しがたいものがありますけど。
2005/06/01(Wed) 19:42 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。