FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Into The Keep on The Shadowfell
▼つーことで、4 版ファーストキャンペーン第 1 回を遊んできました。
 市販シナリオ使用ということで、まぁ詳しく書くのはアレですので、PC の感触やルールの感触といったあたりを中心に水面下に。
 今回の参加者は以下の通り

 DM あめじ
 4 版普及の尖兵として、「4 版はちょっと……」な感じの民や、「プレイヤーだったら喜んでやるぜ! でも DM はちょっと……」な感じの民のために快く DM を買って出てくれました。まぁ、これまでの 2 度のゲームデイも DM してくれてますので、ファーストキャンペーンの DM には誰よりも相応しいですが……かれが 4 版のプレイヤーをやれる日がくるのかどうかはなんとも云えん感じです。

 ドン・ズラン(BOSS)ドワーフ男性ファイター
 直前までローグを準備してたらしいですが、ファイターになると予想していた Musha がアヴェンジャーに一目惚れしてしまったことで役割変更して防御役に。高い命中修正を駆使して安定火力として活躍してました。発言は無駄に「冒険馬鹿のエロ親父(本人談)」方面でしたが、あれは座席が悪かったのじゃろう! (何故かその席に座った人は GEHIN な言動が増えるといううちのプレイグループのジンクス)

 セイリン・ブルーウェル(DISK)ハーフエルフ女性ウォーロード
 ファイターがマークした相手の周囲をうろついて AoO を出させ(ることでファイターに攻撃チャンスを与え)たり、パワーでファイターに殴らせたりするウォーロード。もともとはバーバリアンを酷使する予定だったようですが、バーバリアンが単独では若干命中率で劣るために、ファイターを動かしてる場面が多かったかも。

 リベンジ(Musha)シフター女性アベンジャー
 OK、アヴェンジャーになるということは前夜には聞いていた。でもアンタが女性キャラってのは予想外だったぜ! ということで、「どーせ今回も紅一点になるんだろ」とのセイリンの読みをも覆してくれました。ってか、まず外見描写で「ツインテール」とか云い出した段階で、「ああ、(半獣っぽいのが特長の)シフターだけに尻尾が日本あるのね」と誰もが思ったさ。「狙った相手はどこまでも追ってくぜぇ~、ってヤンデレじゃん」ということだったようです。

 アルトリア(OTTO)人間女性バーバリアン
 リベンジの影響でいろいろ予定が狂ったもうひとり。もとはグレートアックス装備の高 HP バーバリアンという、3 版最初のキャンペーンで使った PC 同方向の PC を考えていたようですが、レベル毎の HP の伸びに CON が影響しないことを知ってまず落胆。続いて、グレートアックスも追加 HP もリベンジも使用することが判明して、尖った部分が失われてさらに落胆。あんだかにゃー。まぁでも、レベル毎の HP の伸びに CON が無関係というのはわしも驚きました。ううむ……。グレートアックスがかぶるのを避けるべくグレートソード所持とし、グレートソードなら……ということで名前も決まった模様。ところが……。

 ギルシアス(DRR)エラドリン男性ソードメイジ
 わたし。概ね予定通り。後日モカひとつ発見しましたがカンベンな! といったところで。ソードメイジパワーとフェイステップで好き放題戦場を駆け巡り、対単体で「制御的な」役割を果たせたと思っております。

 シナージェ(artemis)エアジェナシ(性別不明)ウィザード
 使用してたフィギャーは女性系だったので女性かな? とりあえずウィザードまでは決めてた(というか、周囲がやらせる気マンマンだったというのが半分ですが)んですが、種族などは未定でした。最初はヒューマンと云ってたものの、ざっと見て「ボーナスフィート貰っても欲しいモンがないぞ」ってことが判明。そこで「知力ボーナスならこれなんかどうよ?」と FR の種族を差し出してみたところ、目論見どおり飛行に飛びついてエアジェナシに。名前は「シナンジュ?」とかみんな云ってましたが、真相は「ジェナシを並べ替えただけ」とのこと。おおう……。

 わたしと DISK はほぼキャラ組んでありましたが、ほかは急遽方針を変更していたり、ルールブック自体初見だったりで、作成サポートができるのも DISK と DM ぐらい(わたしもソドメに直接関わるところ以外はほぼ初見です)なこともあり、キャラメイクはけっこうな時間を食うことに。というか、DM は DM で、運用はわかってますが、キャラメイクについてはそこまでちゃんと把握してるわけではないようで、わたしや DISK もキャラ構築はできてるとはいっても実際にキャラシーに書き込むのは初めてなわけで、かなり大変ではありました。ふぅ。
 で、できあがった PC を DM がチェキ。
DM「防御役二人が AC 19 で攻撃は +6~+7 ぐらい? ……よし、それならいけそうだな……!」
 うーむ……ソドメ的にはがんばってどちらもかなり上げきったんですけど、それでやっといけそうみたいな感触ってのは……恐ろしい、ぜ……。
 ということで、プレイスタートとなりました。

 実際の展開は市販シナリオということで割愛。パワー出し惜しむな、とか、隙あらば挟め、とか、そういったあたりはゲームデイ経験などからもそれぞれわかってはおりましたが、それでも(そして 6 人パーティーでも)きついバランスでした。何がきついって、DM のダイス目がキツいわ! ただまぁ、小物のダイス目の切れ味に比べて大物は妙にしょんぼり寄りでした(アクションポイント使って 4 回殴って撃破役相手にわずか 1 ヒットとか)ので、そのぶんでバランスは取れてたのかも?
 ソドメ的には最初の戦闘が最大のピンチでした。集中攻撃される立ち位置だったことは事実ですが、敵の戦術が「集中攻撃」である以上は他の誰かよりは防御役がそれを受けるべきでありましょう。で、あっという間に重傷から一発圏に。ひー。腹くくって敵の AoO 圏で砲撃にライトニングルアーを放ち、敵前衛に AoO を食らったところでバックラッシュを叩き込み、引っ張った砲撃を接近戦に巻き込み、アクションポイント使って敵前衛をブッ叩き……といろいろ高密度にねじ込んでなんとか薄氷を踏む勝利を得る展開。最初の戦闘からこれだと、先はさらにきついぜ……と思ってたんですが、以降はリベンジがパワーの使いどころを理解してきて、さらにはリベンジと武器を交換したことでテンションゲージが跳ね上がったアルトリアが「敵をぶちのめして自分も倒れる」という、非常に「らしい」活躍を見せるに至り、とりあえず今回分は死者ゼロで踏破。ちょっと経験値は足りなかったんですが、せっかくだからということでレベルアップしたところで終了となりました。まぁ、最初は加速め、中盤から減速め、が新しく触れるルールのキャンペーンでは妥当なんじゃないかにゃーと思います。
 グレートアックス使いのポジションを手に入れてテンションの上がったアルトリア、のプレイヤーは、「よし、それなら女とかやってられっかー! 男にするかも!」とか云い出す事態になっており、まぁ……そのほうが盛り上がる気はするんですが、キャラチェンジとなると面倒にならなければいいな……とかそんな気分になったりもしつつ以下次回。

 で、ソドメはひとつモカってました。ライトニングルアーな……隣接しているマスならどれでも自由に引っ張れるわけじゃなくて、最短距離に引っ張らなきゃならなかったのね……。まぁ、無限回にしちゃ便利すぎるとは思いましたが、遭遇毎でもいいから好きな場所に引っ張れるヒートロッドが欲しいにゃあ。
 仕事としては、敵前衛の裏側にフェイステップで飛び込んで、ルアーで敵後衛を引っ張りつつ味方に挟撃を提供する……あたりを考えてたんですが、ルアーの使い方が間違ってたことを考えると、今後は立ち位置をもうちっと調整する必要がありそうです。あとは、敵の数が少なくなった後でのファイターとのマーク交換のタイミングの取り方は練っておく必要がありそう。ファイターのマーク効果を誰か(実際にはほぼウォーロードのセイリンがやってました)が発動させた後にこっちが敵間合いの外からマーク取っておく、とかが面白いのかなぁ? もちろん、接敵しつつマーク取って火力を受け止めておくのもアリで。
 装備はまぁ、まだちゃんと買える額になってないので保留という感じで。
 次回セッションも 4 版でこの続きということになりそうな感触。相変わらずマスターやりたいと思うかというとアレですが、プレイヤーとしてはとても楽しいので、2 レベルになってのプレイが楽しみです。
2010/04/11 (Sun)
■ Comment
・バックラッシュ
ども、死せる詩人です。

> AoO 圏で砲撃にライトニングルアーを放ち、敵前衛に AoO を食らったところでバックラッシュを叩き込み、

とあるんですが、相手のAoO(4版ではAttack of OpportunityではなくてOpportunity Attackという表記なので略記するならOAですが)に対しては、フロストバックラッシュのような即応アクションの反撃はできません。
なぜなら、即応アクション(対応でも割込でも)は自分のターン中には行なえないからです。
僕も初期に似たような間違いをして覚えました(^^;
2010/04/13(Tue) 13:37 * URL * 死せる詩人 #mKnWaI5I[編集]
 コメントありがとうございます。
 あわててルール確認しました。4 版は即応系でできることが多いので、意識してないとまたやらかしてしまいそうです。今後は気をつけねば……。
 ご指摘ありがとうございました!
2010/04/13(Tue) 21:41 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *