深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]100403 ~エヴァ12巻~
▼エヴァ12巻読了。っつーか出るとは正直期待してなかったよ!
 いやー、やっぱあの「他人の干渉」と「真夏の終演」の火力はすっさまじいですな。脳内に条件反射的に流れて、うげぇ、という感じに。
 そしてゲンドウ登場で仰天。
 まぁ……なんだ。こっちならずいぶんとイイ親父じゃねぇか、とかそんな感じ。(まぁ中学生相手であれはどうかと思わんでもないですが、中学生のほうももう単なる中学生ではいられてないわけだし、受け止められるっしょ)
 んで、ミサトが「私たちは何のために今まで」と云うのはむしろ違和感もあるわけで、ゲンドウの向こうにいる(いた)連中よりは、ゲンドウの動機のほうがよほどマシに思える(で、ミサトはある程度のところまで「ゲンドウの向こうの連中」についての調査結果も得てるよねぇ?)んじゃがなー、オレには。ま、オレは根がアナーキストですので。
 アスカの「偽りの再生」(つーても、この場面はオレ的脳内 BGM は変わってきてましたが)あたりからは、おおっ? という感じで。
 おおお……どうなるんだこれ……。まぁ、楽しみにしててもどうせ次まではずっと時間かかるわけで、あんまし楽しみにしすぎず、興味深く待ってみたい方向性でひとつ!
2010/04/03 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *