深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[Life as a Half Drow]MM ゲットぜ
▼ちゅコトで目標を確保。
 ざっと眺めた印象としては、
1) PHB、DMG 同様に見やすさが工夫されてるのはイイ感じ。読み上げればオッケーっぽい描写とかもナイス。
2) ダイアアニマル、アニマル、デヴィルなどの、種別内で多くの個別例を持つモンスターについては、データだけまとめた表組み+説明文であった旧来の形式に慣れてると、個別にデータ+説明文が繰り返されてる今回の形式は今の印象ではちと使いづらそう。ただ、実際のプレイで使ってみたら印象はかわるかも。
3) 各種の実例(って雑な云い方ですが、「強大化」の実例とか例外例っぽいものとか。見た方はわかるんじゃないかと)が紹介されてて、カスタマイズがやりやすくなってそうでナイス。
4) モンスターの接敵面がサイズ分類と一対一対応になったおかげで、どでかいモンスどもがのきなみ縮んだ印象。使いやすくはなりそうだけど、タイルに置いたときの印象は薄れるかも?
 とまぁ、こんなところでしょうか。
 個別のデータに対する印象ではなく、本の構成に対する印象になっちまいましたが、まぁ、実際にシナリオ書いて配置して実際に動かしてみない限りは、データに関してコメントはできないなぁということで。

 んでまぁ今回はもちろん MM を買いにゲームショップに出かけたわけですが、そこで「城砦都市カーレ」を発見して狂喜。イエアー。こいつだ、こいつを待ってたんだ!
 ソーサリーのシリーズで、TRPG 用のシナリオに再編されるのが一番楽しみだったのはこれだったので。なお、ファイティングファンタジー全部から選ぶなら「盗賊都市」……ってか要するにシティっぽいものを TRPG シナリオの形で見たいってだけなんですけど。
 次の蛇編はちと悩ましいところ。最終巻はやっぱり MAP とか見たいし欲しいですけど。
 ん? 中身?
 まぁまだ熟読してませんが、レッドアイの ECL +4 と適性クラスがローグってのには笑った。目からビームでスニークかぁ。熱いぜ。でも火に完全耐性とかが相手だと地獄見れそうですが。
 あと、例のクーガ神殿は複数人でチャレンジできればずいぶんラクになるかなぁとか思ったり。
2005/05/30 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。