深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]100213 ~キャラ萌え 3 視点~
▼「××はオレの嫁」というのはピンとこない、どちらかといえば「オレのスタンド」って感情だよにゃー、ということは何度か書いた気がします。これこれかな?
 まぁなんですな、「オレの嫁」的なキャラ萌え感情にまったく無縁というわけでもまぁ、ないのではありますが、そういう言葉を自発するほどの強い感情にはなかなかならん、ってところで、視点として「オレの嫁」視点もまぁ、わかります。
 でだ。
 「オレのスタンド」的キャラ萌え(を萌えって云うかどうかはともかく)と、「オレの嫁」的キャラ萌えに加えてもうひとつの軸を自分の中に見出しましたのでちょいと書いておいてみる次第。
 「××はオレの NPC!」
 ……な、何を云っているのかわからねーと思うが……。
 あれですね。自分が TRPG のマスターやるときに NPC として出したい! 的な。TRPG でプレイヤーとして自分の PC として出したい、とはずいぶん違います。自分の PC として、はどっちかつーと「オレのスタンド」軸ですな。
 どうなんだろ。マスターやる人種だと、みんなこういう軸があったりするんかなぁ? あ、キャラ萌えと銘打ってるからといってテクスチャが萌えキャラである必要はありません。「おおー! オレの嫁としてでもなく、オレの PC としてでもなく、オレの NPC として、素晴らしいキャラであるッ!」であればオッケー。
 とかなんとかそんなようなコトを、「君が僕を」の感想を書きながら思ってた次第。
 つーことで、「真名はオレの NPC!」
 ……うーむ、やっぱ「オレの嫁!」に比べて切れ味が悪いかな……。ん? スタンドや嫁? あの作品には見当たりませんでしたでした。
2010/02/13 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *