深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]100120 ~夢魘祓い―錆域の少女~
▼牧野修「夢魘祓い―錆域の少女」読了。
 ……えーと……何これ?
 この一冊が面白かったかどうかについて何か云う前に、まず、以下の問いへの答えが欲しい、とかそんな気分になったというかだな。
 「これ、続くの?」
 まぁ、なんですか。すげぇ全速力でいろんなモノが投げっぱなしというか。でも、続いたとしても続けられるんかなぁ、というのもちょっと微妙な気分というか。コトノハとカタルの話としてはキレイにまとまってるのでなぁ。しかし、観音とかさすがに重要そうに出てきて重要そうな経緯をたどってコトノハに重要そうなコト云われてそのまま言及ナシ放置!?
 ええと、「これはシリーズ第一作ですよー」と大々的に銘打っておいて、そのまま続きが出ないまま(最初っから出す気もなく)終わる、とかがとても向いてそう、というなんだか妙な感想に至りました。
 続きを必要としない、長編の第一作、という感じで面白かった、とかそんな感じで。
 いや、投げっぱなし感に強い不満を感じるわけでもないってのがなんとも不思議でしてなぁ。
 あ、牧野作品としては描写面での毒はかなり穏やかなほうかと思われます、と思い出したように付け加えておく感じで。
2010/01/20 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。