深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]091226 ~日本辺境論~
▼内田樹「日本辺境論」読了。
 おおおお。内田樹の著作の中では、かなーり広範に膝を叩いた一冊でありました。個々の例やら表現やらにはむろんひっかかる部分も多々あるのですが、なんせホラ、座右の銘が「面従腹背」*なオレでございましてな。ってまぁ、そういう云い方はアレな感じですがまぁひとつ。
 一番違和感があった部分は、米帝や中華や半島に比して日本がこうである、というとこまでは大いに納得するけど、それ以外の世界中をひっくるめても日本「だけ」ってのはそんなワケねぇんじゃね? という点でございました。唯一の例外としてユダヤが挙げられてるのもなんとなく不思議な感じ。ユダヤについてはほぼ何も知らないので、ユダヤがそうであるという点がしっくり来ないのではなく、ユダヤ「だけが」日本と(この切り口においては)同じ側にある、という「限定」がなんだか不思議だということで。
 普通の新書なんで、安いです。オススメ。

* 座右の銘はもうひとつありまして「ムリが通れば道理は引っ込む」 つまり「秩序にして中立」にして「混沌にして中立」な感じ?
2009/12/26 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。