深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]091217 ~中身を知らない本~
▼「一般読者が中身を知らないまま買わなければいけない本など存在しない
 ……は……?
 えーと……中身を知ってる本なんて余程のことがなければ買わないのが一般読者だと思うんですが……?
 研究的な目的としてはむしろ中身を知っている本でも買うことはありますが。
 この人の研究課題は「現代文学の小説史的研究」だそうで、小説の話をするならなおのこと、中身を知ってしまったら買う気になんぞならんよ?
 「我々は自分で判断する力を養わなければ、いつか知らないうちにフーコーの言う「生の権力」によって、姿の見えない何者かに支配されてしまうのである」って、結論はそれで結構でしょうが、「中身を知らない本をまず買って読んで自分で判断する」のと「誰かに中身を教えてもらって判断してから読む」のと、どっちが「自分で判断する力」だとお考えなんでしょうか?
2009/12/17 (Thu)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *