深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]091111 ~QTS~
▼「Newton 別冊「生命」とは何か いかに進化してきたのか」購入。
 まぁアマゾンで買えば一発と思いつつも、ついつい本屋で買えるモンなら本屋で買いたくなってしまうサガでございまして、ようやく本屋で発見したので確保。
 QTS はどうかと思うものの、あの時代の生物どもは美しすぎてたまらんのでございます。そんな連中のイラストが帝王アノマロカリスさまを筆頭に満載。
 その中でもひときわ異彩を放つのがウィワクシアたんハァハァでありまして、こんなプリチーな形で、表面は CD の裏側のようにキラキラ虹色に光ったとかありえん。スゲェ。まぁ類縁とされる現代のウロコムシはなんつーか微妙ですが。あとゴカイと類縁とか云われるとメタンハイドレート食いそうで怖いですが。(ゴカイについては水中ではやたらと美しい(本体じゃなくて鰓冠だけどさ)連中もいたりして侮れないですな。水の外で蠢いていると実にアレですが)
 どうせならこれ擬人化しとけ。キラキラ光るガワをかぶって一日の八割は丸くなってヤル気なく寝てるような生き物になるよきっと! 黙って本読ませておけばまんま長門なのが問題ですが。残った二割の時間でトゲづくろい。……うーむ、猫に古代生物のテクスチャかぶせただけの物体になってしまうか?
 まぁそれはそれ。本はいい買い物でありました。
 いや、恐竜以降とかはあんま興味なくてさ。海の中で、より珍妙な連中がもそもそしてたような時代に焦点が当たってる点がステキなわけでして、恐竜以降とかのほうがお好きな方にはオススメできない感じかもですけど。
2009/11/11 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。