深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]091031 ~タミフルとワクチンと浜と狼少年~
ま た 浜 か
 ……で済まそうかと思ったのですが、いくら何でもこれひどいんじゃないか。
 オレは、田代先生の仰ってることにはいろいろと疑問はあるのですが、もちろん田代先生が単なる阿呆ではないことはよく知ってます。でも、この記事に載ってる発言だけ見たら、これじゃ単なる阿呆ですよ。
 その他もいろいろ。
 「死亡者の半数以上、重症者のほとんどがタミフルやリレンザを処方されているのだ」って、えーと、なかなか悩ましいところですが、これ素直に読むと「タミフル飲んでるほど死んでない」というふうに読める(ほとんど、は、半数以上、よりも多いよね?)のですが、記事の主旨は逆だよな? 何が云いたいんだ? っつーか、インフルエンザと診断された人の大半がタミフル処方されてる(オレの聞く限りでは、ですけど)日本で、死亡者に限れば「半数以上程度しか飲んでない=死んでない連中より服用率が圧倒的に低い」ってのは、普通に考えると、これ、「タミフル/リレンザ処方されてない連中は相当死んでる」と解釈するべきなような……?
 「メキシコではタミフルを服用した重症入院患者の半数が死亡しましたが、服用しなかった重症入院患者は1人も死亡しませんでした」って、んなアホな……。それがインフルエンザだとわかる前に、つまりタミフルなんぞ投与するわけがない時期にバカスカ死んでて、それ見て初めて「おい、新型だぞ!」となったんですぜ。ちなみに、第一波中の第一波とされている群(たしか 4 月 12 日ごろのアレ)では、タミフルを服用した医療従事者はそもそもひとりも重症化しなかったとのことです。直接その病院で聞いてきた人から聞いた……ってちょっと遠いかなぁ? んで、タミフルは発症後 48 時間以内に服用しなければ効果がない(実際にオレが見てる情報では、もう少しなら遅れてもまぁいけそうな感じかもですが)っつーことで、「重症化してから投与しても効くわけがない」と。……オレ何か誤読してる? NEJM の例の論文をちゃんと読み返す時間がないので、この件についてはこんくらいで……。
 タミフルが脳症を防げないかも、という話は、それなりに聞いてる感じです。ただ、新型に限って云えば「タミフルが間に合ってないんじゃないか」という話も出てました。これは 48 時間がどうこうという話ではなく、なんか、小児の重症化の場合、ものすごい進行が早いんだとか。ところで、脳症の予後は劇的に改善してる、というデータも、つい先日、麹町あたりで見てきました。
 インフルエンザに NSAIDs 使うなってのは 10 年ぐらい前には常識になってたと思うんですが、今さら「手当たり次第にタミフルと非ステロイド解熱剤が処方されれば、どのような事態を招くかわからない」って、何を勝手に危機を演出して煽ってるんだ。そもそも、んなコトするわけねぇから杞憂だよ。どっちかっつーと、医療機関に当たる前に個人で NSAIDs 使ってしまうことを戒める論調になってれば、ずいぶん意味のある文になったと思うんですが。一応業界の(すみっこだけど)内側にいると、こういうのは常識だと思ってしまうんですが、so called 一般の民にとってはどうなんだろう。さらに別の群として「子供を持つ母」という集団もまたアンテナの感度がいい(S/N 比はよう知らんけど)ので、たぶんその群でもこれは常識になってるんじゃないかと思うんですが、どうなのかなぁ。
 田代先生の云ってる(ということになっている)部分も、うーん……うーん……というか、絶望的にウソを云ってるわけじゃない、と云い張れば云い張れるんですが、こんなセリフをこのまんまの形で吐いたと思われたらたまらんだろうな、という感じ。ってか、内容についても、これ、いつ取材したんだろ。少なくとも、10 月 14 日とかの時点では、「どのようなワクチンを輸入するのか」ってとっくにわかってたんじゃないかなぁ? ただまぁ、ワクチン輸入の流れについてはいろいろと疑問があるという結論だけは妥当といえばまぁ妥当かとは思います。でもそこに至る経路や疑問の中身は……うーん……。
 「厚労省は『集団感染の予防という点では効果はないが、感染者を重症化させない効果がある』と言っていますが、これも医学的根拠はありません」って誰だこの人、申し訳ない、知らないんですが、一応根拠あります。これも麹町あたりでデータ見てきました。ま、あれの解釈が違う、とか、「医学的とは云わん」とかそういう意見ならわかりますが、あれって充分医学的だとオレは思うんだけどなぁ。いずれにしても、そういう書き方では決してないですな、この記事だと。ええ、この記事だと。
 「ワクチン製造には鶏卵が使われるため、卵アレルギーが強い子供は、アナフィラキシーショック(全身性の強いアレルギー反応)の危険もあります」ってねぇ……。これ、昔っからさんざん云われてきてること(っつーよりも、毎年学校で打たれてたオレらの世代には、それこそ「常識」)じゃんか……。今さら大騒ぎしてどうすんだ。なお、この点について、これはまぁ聞いてるだけの話ですが、精製技術は相当がんばりまくって、昔に比べるとずいぶんキレイになってるらしいです。つまり、卵アレルギーが「強い」子でなければ、卵アレルギーあっても平気とかそういうレベルらしく。ま、これはホントに雑談レベルで聞いてるだけの話なのでアレとしておいてください。
 「健康な患者でも当たり前のようにタミフルが処方されている日本では、耐性ウイルス拡大のリスクが諸外国より高いとも指摘されている」えーと、健康なヤツは患者じゃないと思うのだが……。って言葉遊びみたいですが、言葉遊びじゃないです。こういう云い方は、個人的にはアレだと思うんですが、もう普通にされてるよなぁ。要するに「基礎疾患のない患者」ってこと? まぁ、そうだと普通は思うよねー。そういう意味なら日本はまさにそういう状況(基礎疾患のない患者に当たり前にタミフルを出す状況)にありますが、それによって耐性ウイルス拡大のリスクが諸外国よりも高いかどうかは別です。で、「患者ではない健康な人」にタミフル予防投与して耐性ウイルスを出しやがったのが米国です。たしか 9 月 11 日だかにニュースが出てました。諸外国ってどこー? ……ところで、この記事は全力全開で「タミフルは有害! タミフルは無効!」と主張してるんですが、その主張に沿えばタミフル耐性がどんだけ出ようが知ったこっちゃねぇんじゃないと思うんだが、何を心配してるんだろ? 「約500億円かけて備蓄していたタミフルも無駄になるわけだ」ってお前、ここまで「無駄だし! 無駄にしろ!」とあんだけ唾飛ばしといて、今度はそれか。お前だ! いつもいつも横から煽るだけで! 人を弄んで! 見ているだけのシロッコとか可愛いもんだぜ! あ、見ているだけなのはオレか。
 「マスクやうがいよりも予防効果が高いのは口腔ケアです」うーん、しびれますな。マスクやうがいが「強く推奨する甲斐があるほどの意味はねぇ」ってのはもうかなーりコンセンサスになってると思います。ま、それらより予防効果が高いって云ってもまぁたぶん嘘にはならないんじゃないかな。ちなみにこれとかなりそっくりな文面の報告、「高齢者では」という限定つきではどっかで見た記憶があるんですが、まさか混同してねぇだろうな……。これ、「マスクやうがいや手洗いよりも」と云ってしまうとかなーり危ないかなぁ。連想ですが、こないだ Newsweek に「手洗いは「インフルエンザ予防には」効果ナシ?」という記事が出てて、「ほほう」と思って読んだのですが、これがスゲェ。モルモットで実験したんだそうですよ。あのさ、手を使って食事をする人間と、手を使わないモルモットでは、条件全然違うだろ! 職場で回し読みして爆笑。「じゃリスでやればいいんじゃね?」なんてな冗談も飛んでみたり。ただし、so called 風邪を含む多くの呼吸器感染症の予防には手洗いは明らかに有効って点については否定してるものを見たことはありません。人生、インフルエンザだけ防げりゃいいってわけにはいきませんわな。ってことで手はしっかり洗う習慣をつけておくのがよろしいと思います。あと、マスクについては「感染してる人が」使用するのは明確に有効ぽい。
 ……つーことで、まぁこういうものにあんまマジに突っ掛かるのもどうかなぁと思うのですが、たしか「SAPIO」をけっこう読んでるって云ってた友人がいましたので、ちょっと意識してちゃんと読んでみて……なんじゃこりゃ! と仰天した次第。
 ってか、「また浜か」とか云っちまいましたが、こういうふうに「間にマスコミが入ることでデタラメになってる」実例をズドンと突きつけられてしまうと、実は、氏も、こういう記事でそう見えるほどにアレな方でもないんじゃないか……とか、そんなような……うーん……なんというか……うーん……。
 かせのいろは うつりにけりな いんふるに わかみたにふる なかめせしまに。
 淡々さま経由。
2009/10/31 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *