FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[ルエリ6書店横]ヒーラーへの道は遠いぜ
▼IB と FB の授業を単位取得完了。いずれも AP 投入してませんけど。まず LB 取って、それからしばらくは様子見かなぁ。まぁ、メディタは取る決心をしたので近いうちに取るわけではありますが、ヒールのトレーニングがそろそろたまりつつあるので、コレ用に AP 残しておかにゃならんので。
 今後の方針としては、ヒールを本命に伸ばしつつ、AP と相談しながらライトニングも伸ばす、てな形で。ああ、INT 上げ用スキルはちまちまと取りつつですが。目指せ「電撃ナース」! ま、わからんでもないな。
 まぁしかし、ヒールのトレーニングについては、ツレが上手くなればなるほど上がらなくなるというディレンマがなぁ。授業の合間に灰狼狩り連中に辻しに行ってみたりもしましたが、さすがにみんなそうそう瀕死になったりしないしねぇ。死んだら死んだでナオサポ標準装備みたいな勢いで全快復活してやがるし。ヒールのトレーニングノルマは回数こそ攻撃呪文よりもずっと少ないものの、「瀕死の人を回復」とかいう自力じゃかなりどうにもならねぇ条件とかがあったりしてそのへんがナー。いや、瀕死の犬とかでもオッケーではあったけどさ。犬は CTRL でタゲれないので面倒なのじゃよ。
 で、そのツレの人はカウンターとか取ってたわけですが、感想は「カウンターってストームガストみたいなスキルだなぁ」だそうです。なるほど。
 個人的にはモーションがつまらんなーと思いましたが、カウンター。「柳生心眼刀」とか「凪刃」みたく、武器で相手の攻撃を受け止めてから切り返しっ! みたいな、というか、要するに武装が反映した反撃モーションがあるとカッケェのに、と思う。
 わしはーあいかわらず戦闘に興味がないのでーこういうバカクエストは楽しそうだナーとか思うわけですが。でもこれ全部こなすのが義務なんてコトになるならやっぱりおかしいよなぁ。巨大白狼だって、「避けて通れない」という点さえなければ問題なかったわけでさ。なおこの条件表によるとドンコンなら狙えそうかもしれんといったところ。フムン。
 なんか面白そうなクエストやらシナリオであっても、それが強制であるととたんにゲンナリするというのはオレだけなんでしょうかね? なんでしょうね。やれやれ。「ヒーラーへの道」ってクエストはヒールを 8 ランクにする(9 だったかな?)というクエストで、まぁ容易な条件じゃないし、たぶん大したイベントもないと思いますが、これが 6 ランク(現在の上限値)だったとしてもオレは平気でこれを目指して頑張ってたことでしょう。しかし、目の前にある、ちょっとツレに声をかければ進められる G1 メイン最初の RP クエすらやってないわけでして、要するに「誰もが歩く道には興味ねぇー」というこまったちゃんというかなんというか。あ、先日の「メインストリート」は「みんなが歩いてる道だからメインストリート」なのでありまして、従って「オレら(あるいはヘタすっと自分だけ)しか歩かない道」は「メインストリート」ではありえないのですがどうか。
2005/05/19 (Thu)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *