深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]The Ordinary Person
▼さて、持ち回りは持ち回りとして、もう一本、新たなキャンペーンが始動しそうな機運が高まっております。まぁあの中座と再起動を繰り返しているキャンペーンの、今度こそ編なんじゃけどねー。
 とりあえず、有翼フィギュアを使う機会はすでに確保していますので、次は別のネタを考えようかにゃーとかそんな方向性で。
 で、マスターから打診がきたわけですよ。「ロリッ子白ローブ砲撃型ソーサラーどうよワラ」とか!
 いや! いやいやいや!
 ……うーん……? ちょっと考えて返信してみましたわけですよ。「今の気分では二丁拳銃の凡人イリュージョニストのほうが乗れそうだぜ」とかなー。
 まぁなんつーか、ソーサラーは実はきついんです。メタマジックの発動延長があるため、火力密度の向上が困難でなぁ……。あとはまぁ、火力はもう飽きた! って云うのもヘンですが、ドルイドが終盤本格的に火力バカ状態だった(事前支援は完璧に仕込んだ上で、ですが、戦闘開始後はひたすらマキシマイズド火力呪文を降らせる動きになってた)のでなぁ……。
 ってことで、凡人イリュージョニストを考えてみたいところなんですが、まぁ、あんまし面白いことにはならないっていうか、やっぱりキャスターはけっこう煮詰まってるところもありましてな。イリュージョン系をマスターが許容してくれればいけそうだとは思うんだけどねー。どうせトゥルーシーイング一発で無意味になるので、ボスに対しては極めて無力ですよ! 処理は面倒っちゃ面倒……なのかな……。
 能力値は凡人らしく 15, 14, 13, 12, 10, 8 の 25 Pts レギュを選定。ってかこれは「エリート能力値」なんですが、一般社会のエリートは六課では凡人ということでひとつ。
 とはいえ、弱さに甘えるつもりはなく、弱い分だけ本気で行動しますが、たぶんどんだけがんばっても凡人は凡人、ということで、ちょうどいいバランスになるんじゃないでしょうかね? あとはまぁ、レアスキルとしては「撤退」を装備みたいな感じで。ホントはスキル屋クラスとのマルチがいいのかもですが、そこは敢えてシングルでスキルも仕込むとかそういう無茶っぷりで……まぁさすがにそれはムリかなぁ。
 以下は適当水面下へ。
 とりあえず名前はすでに決まりです。「ティフアナ・ランカスター」で! 地名・地名じゃぜい。
 ホントは高度専門化のイリュージョニストにでもしたい気分ではあるんですが、エヴォはクロスファイアシュート(マジックミサイル)のために切れず、トランスはさすがに切れず(これぞというわけではないものの、いろいろ決定的なのがあるからにゃー。マジックウェポンとかも)、コンジュはバリアジャケット作成(メイジアーマー)のために切れず、アブジュはディスペルマジックのために切れず、やはり厳しい感触に……ってもしかしてアブジュ切り!? そ、それは……それはそれで……凡人……いやいやいや! いや、でも、アリ? 本当にとてつもなく弱くなりますが……うおおおああああああああああ?
 あらゆるリスクは幻術をもって事前に防ぎ、幻術を抜かれたらあとはもう諦める! おおお! ありえなすぎてありえるかも! ってか、まともにキャスター組むと、もうどんなん組んでもあんまし差を感じないぐらいのアレになってきてるので、ここはもうすっきりと! アブジュ切りで! ぐらいなら、新鮮さがあったりする?
 ……ありえんよな……。

 やっぱ、素直に違う方向性を考えよう……。
2009/10/13 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *