深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]091009 ~下流志向~
内田樹「下流志向」読了。
 面白かったデス。ってこれほどしょうもない感想もないですが、毎日氏のテキスト読んでると、対象をこの一冊に限定して何か感想をと思ってもなかなかそういう形では書けん感じなわけでして。
 つーことで、関係あるんだかないんだかわからんっつーか、たぶんなさそうな自分語りをして、お茶を濁らせておきたく思います。
 オレはとにかく全然勉強をしない奴でした。小学校だの中学だのの時代、一日あたりの(授業以外の)学習時間? ゼロ。うん、試験前を除けばゼロ。胸張って云うぜ。ゼロ。
 ……ところがだな。学期初めに教科書配られますわな。そうすっと、オレ、まず速攻で全部読んでました。いや、英語と数学以外、かな。国語も社会科各科目も理科各科目も。えーと、客観的に見ればこれ、自宅学習? でも主観的には単に「おおうスゲェ無料で本が大量に手に入ったぜ! 次の小説の、でなきゃ TRPG のネタにでもしてくれよう!」とかその程度のノリでただ読んでただけでした。
 その後、まぁ、いつまでもゼロって胸張ってられるわけでもないので、それなりに自宅学習だってねー、したりしましたけど。それこそ消費者として、コスト払ったからには勉強しないとソンだと周囲の誰もかれもが云い出して(といっても親には云われなかったにゃー。そういうとこ、偉大な親です)まぁ、さすがに、少しは、少しは、ね、ってな感じで勉強もしました。
 全然身につかなかったね。
 勉強した記憶のない教科は、まぁだいたいそれなりの成績は取ってました。勉強した記憶のあるやつは全滅的。
 何なんだろこれ。
 なんだかよくわからんけど、要するに、(あ、「オレの場合は」って限定しようか?)自分に「がんばった」という自覚があるような程度じゃ、そんなモンは結局身につかねぇってことなのかなぁ? とか、そんな感じ。
 リターンがあるとかないとか、考えずに没頭したコトだけが、結局、今に至るまで日々の糧に化けてるような気がします。
 関係あるのかって? やっぱないんじゃね?
 そんなことを思い出したぜー、とかそんな感じでひとつ。
2009/10/09 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *