深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]090925 ~通通徹通曳徹通通徹……~
▼キャンペーン最終回に向けてひたすら支援呪文を構築。
 うん、あのね。17 レベルドルイドと腹心の 13 レベルクレリックの呪文設定とかね。
 ありえないですから!
 もうなんつーかマジ発狂しそうになりながら、ちくちくと、明日の決闘に向けて機関砲の弾丸を確認するポルコみたいに、呪文を数えて仕込んでおりますよ。
 べつに面白い芸が何かあるわけでもなく、ただ安定だけを求める、いつも通りの呪文構成ですが、それだけに同じ呪文の数の遣り繰りが大変な手間になるわけでしてな……。
 で、機関砲の弾丸と一緒で、装弾にひと晩かかっても、引き金引けば消費は一瞬。
 もういい! もういいから! 次のキャンペーンではフルキャスターなんてやらねぇぞ! ましてや支援型の信仰キャスターなんかぜってーやらねぇぞ! いわんやキャスター腹心においてをや!
 とはいっても、砲撃も、なんか熱が冷めてる感じではありますし、悩ましいところではあるんじゃがねー。砲撃については、「ほかに火力型のキャスターがいない」ことを大前提に組んであり、ほかに火力型キャスター(ソーサラー、ウォーメイジ、ウォーロックなど)が存在しうるんであれば、砲撃型ウィザードじたいがただの下位互換になり、全速力で投げ捨てたいところだ、ってのは最初からなんですが、なんだかウォーロックが参加しそうだという説も聞こえてきたりするのでな……。
 とはいっても、いろいろ事情があって禁じ手が多いのと、個人的にラプトラン縛りで考えてるせいで、これまで考えた以外のモノはもうネタがないのですが。
 スカウトとか向いてると思うんじゃけど、ローグ混ぜないスカウトで、となると、どう組むか……。
 ちょい混ぜキャスター(つまりシールドをキャスト(あるいはアイテムから発動)すること「のみ」を目的とする。毎度おなじみですが)のスカウトちょい混ぜ型の突撃ファイターとかが、面白く、弱すぎない構成としてギリギリ現実的、ってとこでしょうかねぇ……。ちょい混ぜキャスター自体がすげぇ嫌がられ気味なのですが、このくらいはないとただ死ぬ(死ぬ以外のことをする前にまず死ぬので、死ぬ以外のことが何もできない)のでなぁ……。戦闘以外の場面での活躍はおそらく許されないしね!(というか仲間にパラディンがいる時点で、活躍の仕方はいろいろと……ねぇ)
2009/09/25 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *