深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]090814 ~海を渡って木立を抜けて~
▼なにやら民が台場にガンダムを見に行くというので、便乗してみることに。やー、職場から近いので、そのうちふらりと仕事帰りにでも立ち寄ろうかと思ってましたが、民がみんなで行くんなら乗るぜぇ~と名乗りを上げて合流。
 いやぁ。
 まさに噂に違わぬみものでありました。感動。ガノタだからとかどうとか以前に、あのサイズの物体が二本足で立ってるというインパクトはスゲェっす。まぁ現実には立ってるんじゃなく建ってるんじゃないかという気もしますが、頭ではそう思ってもな。
 超巨大サイズと森の遮蔽なんてのはまさにそんな感じで実感。コエー。しかし、同時に別の感情もふつふつとわきあがってきてみたり。
 あれだ。ガンダムに立ち向かう生身の人間気分というより、サイコガンダムを前にしたガンダムの気分というか!
 いやまぁ、設定サイズではサイコはせいぜいふつうのモビルスーツの二倍のサイズなんですが、GvG のゲームとかだと、こんくらいのサイズ差があるような気分で戦ってますぜ。
 そして、DnD 仲間が集まってるわけですから、云うコトもそっち系に。
 「超巨大クリーチャーとかに中型の近接攻撃でクリティカル出す方法がわからん」とかしみじみ語り合ってしまいました。いやまったくその通りだぜ。サイコも格闘で倒そうと思ったら飛んで切るわけだしなぁ、実際には。
 で、ずっと気になってた G-Generation Wars が本格的に気になりだしたり。べつに実寸ガンダムを見たからではなく、駅構内とかにべたべた関連商品の販促ポスターとかが貼ってあって、そっち見ちゃったせいってのが大きいのではありますが。しかし、遊んでるヒマがあるかっつーか、ヒマあったとしても遊ぶ気になるかどうかが微妙な気分ではあるっちゃあるんですけどー。
 もとをたどれば、シリーズの以前の作品を、攻略本執筆を請け負って遊び、遊んでる間に版元が潰れた、というのが、このシリーズに接するきっかけでありました。まぁ正直、「ホントにボクに書けるのか!?」という不安水位をひしひしと増しながら遊んでたわけであり、ある意味助かったっつー気もしないでもないのではありますが。
 で、ソフトは手元に残ってたので、その後も少し遊び続けたんですが、飽きて投げまして。
 いつかちゃんと遊びたいナーと思いつつ、でも新作でイイのが出るならやっぱり新作がいいナーと思いつつ、結局やってなかったので、これを機に! ……と思うんだけどねぇ……結局投げそうな不安もありまして……。
 難しいところじゃぜい。
 何やら原作キャラをバリバリ引き抜ける(←?)らしいので、ラカンとプルツーを主軸にしたドリームチームとか作りたいところではありますが。っつーかラカン大好きなんですが! 我が栄えある六機連隊を! しかしドーベンウルフはまた微妙っちゃ微妙なんだけどねー。ドムとかドライセンとかが似合う男だと思うです。ガンダムシリーズのジオン系のおっさんで目立つのはグフ乗りが多いんですが、オレは連ジ以来のドム乗りなので、ドム屋のおっさんは燃えるんじゃよー。黒い三連星は出番の長さ的に厳しかったのでな……。
 ……今のところ UC は登場作品に含まれてないようですが、そこも気になるわなぁ。例の12号機とか出ないかなぁ。どうせキャラデザは流用できるようなモンだろうし。
2009/08/14 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *