深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[Life as a Half Drow]サイレント・マジョリティ
▼先日の「データの改竄とダイス目の操作」について、本家様に拾われてるレスポンスの数が大幅に増えてました。気になる方は御一読ください。
 で、そのレスポンスを眺めてみて思ったコトいくつか。
Deck of Many Things 様の提案する「あとから CR を決める」というアイディアは素敵だ。あとから辻褄が合うようにしさえすりゃいい、というのは美しいと思えます。ラウンド数ではなく「CR を XX に到達させたら勝利ね」というのもアリかも。
流星亭さまの
 ダイス操作は、D&DのDMをやっていた頃なら時々。スクリーンの陰でダイスを振って、本来は致死ダメージに達しているところを「運良く残りhp1ケタで耐える」ように加減していた覚えがあります。自分としては事故で一発死よりも「ピンチを放置して次の敵まで順番回したら、今度は確実にアウトだよ」みたいなサインを出すほうが好みだったので。
 はすごいよくわかる。わたし自身これはよくやってました。サードになってからは HP -9 までの瀕死状態がこうしたダイス目操作の必要をなくしてくれた感があるのでやってませんが。一発で一気に -10 まで行くほどのダメージだったらしょうがねぇ諦めろ、と。
 で、それらとは別に、「プレイヤーから不満が出なければオッケー」という意見が各地で散見されましたが、これはだめだ。最悪だ。どっちかっつーと口の重いプレイヤーが少しずつ不満を蓄積していって、ある日理由も云わずに去ってしまったら? あるいは、最後に「ずっと不満だったんだよ! もう来ねぇよウワアァァァアン!」と云われたら?
 意思表明しないようなプレイヤーは最初っから TRPG にゃ向いてねぇよ、とか云って切り捨てるんでしょうか? わたしは、そんな事態に陥ったら大ダメージ食らうと思います。
 大声を出さないプレイヤーの不満を汲み続けることはできません。が、不満が出そうだけどとりあえず今のところ不満出てないからイイやってな具合でマスタリングする思想には共感できないなぁ。水が合わないことはいくらでもありますし、どうしても合わない人に「ずっと不満だったんだよ!」と云われても、自分の求めるものに基づいて腹くくってやってたんだったら、「ごめん、縁がなかったね」と返答して、傷は受けても納得はできますが、そこで「自分でもマズいかも」と思いながらやってたコトが決定打になってしまったら泣くに泣けないぜ?
2005/05/16 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。