深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Raging Storm II
▼さて、一昨日はいつものように、何か間違った情熱が噴き出しただけのキャラ組み病だと思っていたわけですが、今回は珍しくも組んでアプった後でも情熱がまるで燃え尽きず。不思議だ……。というか、重装甲で壁役なんてのは組んで楽しいモノなわけではなく、ある種のキャラクタープレイで初めて盛り上がるモノだっつーことかもなぁ。
 あとまぁ、正直、性に合うかというと微妙な部分も。攻防一体の天秤を操りながら、乏しい移動力で立ち位置を調整しつつ壁の役割を果たす、なんてなテクニカルな立ち回りは、戦闘の嫌いなボク様にはきっと向いてないんだよ!
 っつーことで、なんだかますます盛り上がってきたのでさらに考えてみるぜ。なお、重要なポイントは「この構成ならきっと想定マスターも満足! どマルチではあるけどね!」ってなあたりでございます。マルチではあるけど、方向性はすんげぇ直球なのでなー。
 中身は水面下。
 それは小さなきっかけでした。
 いつものようにほけらーっとアクセス解析を眺めてたら、こんな単語で検索してこられた方が。
 「Fochlucan」
 ……おおおう! そういえばそれがあったじゃないか! フォクルカンリリスト! 新キャラ組むとなれば――しかもそれが 6 人パーティーという、人数が多めのキャンペーン用となれば、4 人構成ではとても入り込む余地がないようなフォクルカンみたいな物体でも出せるんじゃ!?
 んがしかし、フォクルカンリリストは、バード性能こそほぼフルに伸びるものの、どうしてもドルイドとローグをマルチする必要があるためにバードとしての成長は遅れ、ローグ取得がほぼ必須にもかかわらずスニークが伸びるわけではなく、ドルイドについてはスペル能力は伸びるものの相棒とシェイプは伸びない、という、なかなか絶妙なライン際のドリブルを強いられるプレステです。で、それ自体はもちろんわかった上で選ぼうとしてるんだから黙ってろってな感じのアレですし、最初っからそんなことはわかった上で何度も仮組みしてるわけですが、当時とはちょっと今は状況が違ってな。
 相棒を除外し、シェイプもほとんど使っていない(自然特技は常用ですが)ドルイドを、現在まさに術者レベル 16 という極限ラインで遊んでいます。今さら、相棒とシェイプを度外視したドルイドをまたやりたいかと云われたら全力でカンベンしてくれって感じです。
 バードについては、わたしがマスターをやってるキャンペーンで、本物のバードが大活躍中です。今下位互換をやりたいかと云われれば、もちろんノーな気分にもなるわけです。
 ってことで、実はいくつかのパターンで仮組みはしたんですが、あんまし気分は乗りませんでした。バード2ローグ2ドルイド3ソーサラー3とか、バード2ローグ2ドルイド1クレリック5とか、そんなん考えはしたんですが。
 次に組むキャラクターについては、すでにひとつの自縛りが、ほぼ、あります。「ラプトラン」です。何故かって? 有翼のフィギュアを買っちまって、まだちゃんと使ってないからさ! いつもは行かないショップまで探しに行って買ったブツです。これは是非とも活用しないと気がすまんっちゅーねん。なお、グレートソードバーバリアン系もまだパッケに入ったままであり、これはこれで使いたいんだけどね……。
 ってことで、ラプトランでやることをずっと考えてました。
 想定しているキャンペーンは「エルトリア・ラヴ・ジェネレーション」の新作です。レギュラーメンツの入れ替わりや版上げなど、いろいろと外的要因によるつまづきが多く、これまで幾度も組み直しやリセットが繰り返されてきたものです
 こたびは、これに対し、砲撃魔道師を準備していました。当事の想定パーティー構成は、主役のエルトリア(パラディン)、ダスクブレード、バーバリアンファイター、長柄殴りクレリック、そしてわたしの砲撃魔道師。しかしこれは、マスターが、新たに使用しようとした世界設定が自分には馴染まないものだと判断したこと、および、メンツがまた揺れるかもという予感が生じたことから、いったんリセット系となりました。
 リセット系となってもまぁ、べつに砲撃魔道師でいいっちゃいいハズではあったんですが。
 ここに、ウォーロック系が加わるらしいという噂が流れてなぁ。
 おい、そうなったら、明らかに砲撃魔道師じゃウォーロックの下位互換になるじゃないか。普通のウィザードならもちろん役割は異なるわけですが、砲撃特化じゃどうやってもやはり厳しいわけで。
 そもそも砲撃魔道師をウィザードベースにした理由は「知識担当者が必要」という視点からだったのですが、知識担当だけのためにはちとやっとられんわなぁ。
 ということで、別キャラを考えようとなったわけです。
 ラプトランで何か。そしてバード系キャラを考えていた。
 この 2 点が、今回の珍妙な天麩羅を生み出す土壌でありました。
 バード 2 レベルによる、インスピレーショナルブースト搭載の突撃行軍歌は、殴り人数の多くなる多人数パーティーでは非常に強力です。が、本職バードを入れるというのは、戦闘戦力として考える場合にはなかなか微妙です。(ストーリー戦力としては非常に強力です。わたしがマスターやってるキャンペーンはそれに該当)
 だったら、バードは 2 レベル止めで、歌いながら殴る! でどうよ?
 そうして考えついたのが今回のブツでございました。
 なお、他にバード持ちをやる PC がいた場合には、バードのかわりにクレリックを入れる構成と考えてます。軽業の完成は遅れますが、ドメイングランテッドパワーとスペルリストの入手を考えると、かなり強まる予感。中装鎧で飛行できればミスラルフルプレートも視野に入るしねー。
 まぁでも、とりあえずは以下の構成を想定して考える方向性で。
 パラディン、ダスクブレード、レンジャースカウト(ババも方針転換のご様子)、長柄殴りクレリック、ウォーロック。
 つまり、支援をあまりアテにしすぎない方向性を考えることとなりました。フリムだけは、誰であれ、ないと死ぬので是非なんとかしていただきたいところですけど!

Base Ability: Str 16, Dex 14, Con 14, Int 8, Wis 14, Cha 12
 ベースアビリティはかなり煮詰まった形かと思います。テンプラ呪文を全部使うための Wis と、インスピレイショナルブーストのための Cha。クレリック型なら、16, 14, 14, 10, 14, 10 かな。

1st: Bbr1. BAB +1, Hp 14 (16), Save +2 (+4/+6), +0 (+2), +0 (+1/+3), Special: レイジ、高速移動,Feat: 急降下突撃
 正直、ファーストレベルはすっとばしたいぐらいの気分です。さすがにもうそろそろ 1 レベルは飽きたんじゃがどうか。といっても、3 レベル以上からのスタートはリスキーですので(というのはプレイヤー同士が連携をわかってない状態で高レベルの脅威と対峙することになるから)ひとつ 2 レベル始動でどうかねぇ……。まぁ、このキャラは 1 レベルもそれなりに熱くいけると思っているのですが。
 装備は素直に 1d8 武器(ヘヴィーメイスあたりが値段的にも安定?)とスケイルアーマーとヘヴィーシールド。鎧はできればチェインシャツですが、これは所持金決定ダイスの運にも左右されるのでなんともいえず。
 ノンローフル殴り屋のファーストレベルは、マルチペナルティをよほど気にするのでなければバーバリアン一択。というか、今回はマルチペナルティを意識したがゆえにバーバリアンとファイターを両方入れたいということになったわけではありますが。もしクレリック方向にするならナイトファイタークレリックも悪くないかもです。どうせ上から殴ることを前提にするなら挟むのはなかなか難しいだろうし。
 技能は軽業 2 と跳躍 4 は確定かなぁ。残り 4 ポイントですが、聞き耳に振って多少なりとも感知能力を上げるか、あるいは治療に振って序盤の安定化を安定化するか、ぐらいか?
 跳躍は +4 Rank, +3 Strength, -4 Armor, -2 Shield, +10 Racial で +11。期待値でなんとか 5ft は跳べるので、滑空開始が可能といえば可能。ま、微妙ですけど。
 AC は +4 Armor, +2 Shield, +2 Dex で 18。極めて平均的な 1 レベル前衛の値。
 攻撃は +1 BAB, +3 Strength で +4。レイジ中で +6。ダメージは 1d8+3、レイジ中で 1d8+5。まぁ、ファーストレベルは攻撃力と防御力はほとんどすべての前衛が横並びになるので、どうでもいいっちゃどうでもいいです。(なのでファーストレベルはもう飽きたっつー話でもあります)
 レイジ中は AC 16、HP 16。うーん、ファーストレベルはレイジしないほうが安定じゃね?

2nd: Bbr1/Brd1. BAB +1, Hp 19 (23), Save +2 (+4/+6), +2 (+4), +2 (+3/+5)
 バード取得。バードは代替を、できればふたつ取りたいところです。ひとつめは PHB2 の、バード知識を捨てて全スキルに加算を得るもの。もうひとつは治癒の賛美歌。犠牲にする要素が異なるので両方取っていいんじゃないかと思いますが、まぁ、ダメであれば治癒の賛美歌を切ります。どうせ芸能ランクそんなに上げないので。0 レベル呪文の取得数は 4。候補はダンシングライツ(夜目持ちには便利系)、ディテクトマジック(さすがに必須か)、リードマジック(同左)、メッセージ、メンディング。5 つなら、次のバードレベルで取り切れるのでこれらで確定かなぁ?
 装備はここで一気に本命グレートソードを予定。とはいえ、レイジを使い切ってなお戦闘が発生するようであれば、ヘヴィーシールドと片手武器に換装することも視野。グレートソードはコールドアイアン高品質で作成し、以降も愛用予定。当座は普通に持ち、一度でも取り落とす事態を経験したらロックトガントレットにする感じで。鎧は並のチェインシャツ……いやまぁ、せめて高品質にしとくか。
 技能は芸能・歌唱 3 と軽業 4。
 跳躍は +4 Rank, +3 Strength, +10 Racial, +4 Move Rate で +21。期待値で 7ft、確定で 5ft は跳躍可能となり、滑空開始が可能。ただまぁ、ちょっと滑空したら着地しちまうので誤差っちゃ誤差ですか。前衛的な味方が多そうなので、頭上から突撃可能ってのは使いどころはあるかもといった程度。なお、「はしごを持ち歩いて滑空高度を確保する」というひどい運用も砲撃魔道師では試行してました。あれアリかもな。
 AC は +4 Armor, +2 Dex で 16。レイジ中は 14 でサレヴォグ状態。まぁ、レイジ中はしょうがないってことで! 殴って殴られたら後退します。うへへ。
 攻撃は +1 BAB, +3 Strength, +1 Master Work で +5。歌ってレイジすれば +8。ダメージは 2d6+4、歌ってレイジで 2d6+8。これでようやく多少個性も出ると思うんですがどうか。ところで昨日の計算とはなんか妙にズレちってるのですが……まぁ気にしないでおこう……どっちかで何か見落としてるかなぁ……。

3rd: Bbr1/Brd2. BAB +2, Hp 25 (31), Save +2 (+4/+6), +3 (+5), +3(+4/+6), Feat: ゆるがぬ信仰
 バード 2 レベル到達。1 レベル呪文のひとつはインスピレイショナルブースト一択ですが、もうひとつが悩ましいところ。軽業移動の速度を稼げるアクセラレイテッドムーヴメント、多くの状況下で軽業が不要な逃亡を可能とするスウィフトインヴィジビリティあたりが候補。といっても、どうせインスピレイショナルブーストで 1 回きりのスロットは使い切ってしまうに決まっているため、どうせ使わん気もするんだけどねー。アクセラはスクロールなどで持っておくのも悪くないかも。他、1 レベル呪文ではビーストランド・フェロシティをスクロールで持っておくのが吉な予感。スクロールといえば 2 レベルにワーリングブレイドがあるので、使えたらそれはそれで面白いかも。
 技能は軽業 5 と知識宗教 4。
 攻撃は +2 BAB, +3 Strength, +1 Master Work で +6。歌ってレイジすれば +10。ダメージは 2d6+4、歌ってレイジで 2d6+9。
 プロテクションリング +1 やらヴェストオヴレジスタンス +1 あたりは買ってるかも?

4th: Bbr2/Brd2. BAB +3, Hp 33 (41), Save +3 (+5/+7), +3 (+5), +3 (+4/+6), Str up to 17
 直感回避搭載。あとはとくになし。というか、パールオヴパワーの恩恵はバードは受けられないじゃん! 無念!
 この先技能は未定ですが、軽業を伸ばし続ける必要というか意義があるかどうかが第一の考慮点。聞き耳、真意看破あたりは Wisdom がそれなりにあることから気になる選択肢。そんくらいかなぁ。軽業を伸ばしたとすれば、6.5 ランクまで行けます。

5th: Bbr2/Brd2/Ftr1. BAB +4, Hp 41 (51), Save +5 (+6/+9), +3 (+5), +3 (+4/+6), Feat: グレートソード熟練、中荷重飛行
 ファイター取得。ファイターを取る目的に「武器開眼」が含まれないというのは我ながらなかなかアレだと思うんですがどうか。そして、飛行速度を得たことにより、自力上昇と急降下突撃の恩恵を享受。当面の目標はこのあたりでしょうか。歌う→レイジ→跳躍からの→滑空突撃→飛行で高度を取って→滑空突撃→飛行で高度を取って→滑空突撃、を使い切るころには戦闘も終わってるんじゃないかね? コールドアイアングレートソードもそろそろ +1 ぐらいにはできると期待。
 軽業を振ってれば 7 ランク。
 AC は +4 Armor, +2 Dex で 16。レイジ中は 14、レイジ突撃なら 12。おおおおお紙! ザ・ペーパー!
 攻撃は +4 BAB, +3 Strength, +1 Enhance, +1 Focus で +9、ダメージは 2d6+5 (+4 Strength, +1 Enhance)。歌ってレイジして滑空突撃なら +16 (+2 Rage, +2 Song, +2 charge, +1 Attacker Higher)、ダメージは 4d6+10 (+3 Rage, +2 Song, +2d6 Diving Charge) 合ってるかなこれ?

 まぁ、この先とかはまだ流動的な部分もあるので、細かく考えるのはこのあたりまでという感じで。
 他にバードがいるとなるとまた大きく話が変わるし。必ずしもグレートソードにこだわる強い理由はないので、両手持ち武器で戦ドメインが取れてノンローフルで行ける神がいたらすべて視野になります。

 以下、これまで考察したことがなかった分野についてのざっくりした概観。
 パラディン呪文でございます!

1st:
 シルヴァービアド:……まぁ、たかだか AC 2 上げるのに貴重な 1 レベルスロットを投入するのはちとヘヴィですが、存在は覚えておく系で。
 セカンドウィンド:レイジ後の回復が必要な場面で想定。まぁメモライズじゃなくてスクロールで保険?
 ディヴァインサクリファイス:常用する気にはなれないけれど……悩ましいところかなぁ。
 ディヴァインフェイヴァー:決戦用にスクロール?
 ブレスウェポン:アラインウェポンより安く自前で準備できるものということで、スクロールで準備。
 プロテクションフロムイーヴル:悩ましい。スロットが余ってるなら是非持ちたいところですが、ワンドとか使うほどではないよなぁ? 精神作用を防ぐのが主目的。
 ライノズラッシュ:ド本命。スマイト可能な回数と同じだけは常備したいところ。
 レッサーレストレーション:呪文レベル 1、術者レベル 1 で存在していることがここに証明される(テンプラは術者レベル 1 から使用可能)なわけでして、2 レベル呪文としてスクロール買ってたのは大マヌケだったぜい! っつーかパラディンとして計算しても呪文レベル 1 の術者レベル 2 であり、2 レベル呪文よりは安いんだし!
 とりあえずメモライズの本命はライノズラッシュ。もっとも、当面はスマイトは一発なので、もうひとつは何か入れてもいいのかも。でもまぁ、スマイトなしの急降下突撃でライノ使っても損するわけじゃないか。

2nd:
 クラウンオヴスマイティング:強力だけどクラウン系は好きじゃないんだよなぁ……。
 フェルザグレイテストフォー:本命。信仰系殴りの本体ですなっ。
 リムーヴ・パラリシス:リストにあることを覚えておきましょう系。
 レジストエナジー:同上。

3rd:
 アースハンマー:ワンオヴド本命。ただ、スクロールでもいいっちゃいいです。まぁ、リストにあることを覚えておく系で。
 ダイアモンドスチール:こんなのもあったなぁぐらいで。安価なストーンスキン下位互換とかそんな気分でしょうか。ハートオヴアースが使えればなぁ……。
 ファインドザギャップ:この期に及んでレイスストライク下位互換……。
 ブレッシング・オヴ・バハムート:パンツァーガイスト!

4th:
 デスウォード:まぁ、自前でもあると嬉しい、ぐらいの。
 ドラコニックマイト:うーむ。さすがにこの頃(18th)には能力値ボーナスはいらなくなってるよなぁ……。
 ホーリーソード:さすがに大本命と云わざるを得ないところでありましょう。エクスプロズィオーン! んがしかしスクロールでもいいといえばいい……? 7 ラウンドのために 700 Gp かぁ……。決戦用ではありますが、決戦用の仕込みも多いしねぇ。フェルザグレイテストフォーとアースハンマーあたりは事前。歌いながら突撃高度を取り、ホーリーソード! レイジ! ライノラッシュ! ダイブダイブダイブ! 貫け! クーゲルシュライバー!!(←意味不)

 ……いかん、このキャラちょう使いたくなってきた……。
 何がいかんのかは謎ですが。
 しかしまぁ、砲撃魔道師よりはずっと素直に組んでるし、楽しいと思うんだよねー。
 ……出番があるのかどうかは知りませんが。
2009/07/10 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *