深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Power of Personality
▼DnD の【魅】と外見が無関係であることは先日考察しました。追加の傍証としては、歳を食うと【魅】上がるってのがあります。いやまぁ、「誰だって歳食ったほうが美貌になるんだよ」っつー御意見もあるかもしれませんが。
 が、んじゃー何と関係あるのかですな。
 性格が悪いと魅力が下がる? われわれ人類は最高【魅】に生まれついて歳食って 20 レベルまでひたすら【魅】を上げ続けても、24 までしか上がらんのです。つまり、人類は【魅】26 のピットフィーンド(真正の地獄の悪魔)よりも必ず性格が悪い? いや……それはなかなか無理のある考え方なんじゃなかろうか……。
 最近わたしが思うのは、「コミュニケーション能力」みたいなーそんな感じのアレなんじゃねぇのかなーみたいなコトであります。性格が「良い」とか「悪い」、「好ましい」とか「悪い」ではなく、「強い」か「弱い」かの「力」みたいな。交渉や威圧や情報収集やはったりや変装や動物に云うこと聞かせることが、得意か苦手か、だからねー。
 つまりだ。DnD が TRPG であることを強く念頭に置くとだ。【魅】が猛烈に低いキャラクターをプレイするというのはどういうことか。
 「地蔵」とかなんじゃないでしょうかね。
 ええ、もうおわかりだと思いますが、「地蔵」って云ってみたかっただけです。正直なところ「地蔵」の定義もよう知らんわ。わはは。
 って感じで唐突に終わる。
2009/06/26 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *