深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[Life as a Half Drow]Point of No Stop
▼おい、信じられるか。明日のシナリオがすでにできちまってるぜ……。
 うーん、正直、時間配分とかわかんねぇ。これまでもわかったためしがないんですが、ストーリーメインでやってると、「この回がここで終わっていい」キリのいいタイミングが、ウィッザードリィ的なダンジョンハックよりも、限られてくるんでなぁ。
 ヘタな場所で終わると、次回「前回の最後の処理。で、その次にどこに行くかを、「最後の処理が終わった後で」選択して貰わないと、続きが書けない」事態が発生するわけであり、そういうときに、「べつのキャンペーンの一部分とダブルヘッダー」とか「べつの単発とダブルヘッダー」とかそういう選択肢を……ってまぁ、うちのプレイグループじゃ現実的じゃねぇな。
 ホントは、「次回、決戦で終わりだから、その先の進路は先に考えて宣言しといてよ。BBS でもケータイメールでもいいからさ」って云っておいて、返答が貰えればいいんですが、ま、ムリですな。これ一度も成功したことないです。実際問題、誰かが勝手に進路を決めるわけではないわけで、メールや BBS での相談でストーリー的に何かが決まるということはありえない。戦術とかだと決まるんだけどね。せめて全員参加のチャットであれば違うのかもですが、まぁこれ実際不可能。
 つーか、二次会の飲みですら決まった、どころか絞れたためしすらないからなぁ。
 かくして、終わらなかった場合は、なんとかして区切りのいいポイントまで進ませるか、でなきゃ次回用に「最後の処理だけだったはずの部分」をひたすら水増しする事態に陥るわけでございました。
 集まれる回数は決して多くはないんだから、ちゃんと毎回大きなストーリー的進捗をこなしたいところなんだけどねぇ。難しい。
 ま、マスターから見てムダに見える議論の時間とかをバシバシ切っていけば表面上は解決しますが、それじゃ意味ねぇんだ。殴りゲー(殴りを主眼としたキャンペーン)ならストーリー面のそういう時間をバシバシ切っていけばいいですが、今回はそうじゃないからなぁ。逆に、ストーリーを重視するなら戦闘や戦闘以外のルール的に重めだったりする処理をバシバシ切ればいいのかというと、たぶんそれはそれで正解なんだとは思いますが、「旅は面倒なものであり、戦闘は危険で集中力を要するものである」というのも表現したい物語の一部なのでそうはいかないのです。
 ……とかなんとか、例によってまとまらないコトを口走って終了。
 まぁ、集まらなくても考えれるコト(相談しておけるコト)は、それ以外の時間にメールなり BBS なりで考えて(相談して)おきたいナーとは思うんですけどね。あんま共感は集まらない次第。
2009/04/10 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。