深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]090306 ~StgBuilder~
▼さて、StgBulider ですが。
 んまーなんじゃね。とりあえずサンプルゲー、二度目に遊んだら、死につつも一面は突破できた模様。
 何が違ったかっつーと、機体を二番目のにしたら余裕、ってスゲェ違いだな。まぁノーリスクの溜め撃ちだけでボムが出る仕様で押し切っただけっつー気もしますけど。
 あと、テンキーで遊んでるせいってのは大きいとは思います。テンキー使いを自負してる……したいところではありますが、な。といってもレバーも苦手でして、ファミコン以来のパッドが一番マシに動けるんですが、今回はつないでません。面倒なんで。
 つーことで、6 面は云いすぎだったかもしれん。3 面ぐらいの難度かな、あれなら。
 パッドでフルスクリーンだったら、一番目の機体でも普通に行けるかもなぁ?
 んでまぁサンプルゲーはサンプルゲーとして、本命はエディタだぜ。
 とりあえずチュートリアルを見ながら軽く作ってみました。
 すげぇ。
 これは本当にすげぇ。
 ものの三日かそこらで、とりあえず何かしら動くモンが作れてるってタダゴトじゃねぇ。
 ってまぁ、動くだけならたいていのツールは動くんでしょうが、えーと、まぁなんつーか「一面が完成した」感まで到達、みたいな? てか、そもそも動かない、ってことが判明するまで本命にしてたアクションツクールよりはたぶん圧倒的に作りやすい予感。まぁ、シュートだけに特化してるからではありますが。
 まぁ、パワーアップとか何も入ってないんですが、とりあえず遊べるぜ。で、遊べるものを動かしながらいろいろ実装してくのも容易そう。
 ユーザーインターフェースじたいは、えーとツールとして商品にするならちょっと意見を云いたいところがないではない(キャラクタごとのスプライトやスクリプトの登録領域に、ついデリートキーを押してしまう、とか、スクリプトを「CTRL+C/V」で編集できたら便利だろうナーとか、数値入力時、タブで飛べるところとそうでない場所がわかりにくい、とか、地形エディットで右クリスポイトできたら、とか)ですが、フリーで文句云ったら殴っていい使い勝手かと思います。
 ってことでスクリーンショット
 ……敵機も自機も三十分ぐらいでドット打って作ったモノです。弾はサンプルにあったものを、自分のパレット(って単なる Edge 標準だけどさ)にコピペしたもの。
 適当にでっち上げたわりに敵はイイ感じになったかニャーと思っております。これ、回転しつつまばたきするのよ? かわいいっしょ!?
 やべぇ、面白ぇ。
 対地攻撃とパワーアップをがんばって実装しよう。
 いやまぁ、どっちも効果の実装はたぶん容易ですが、各段階の弾ドットを打つのがな。いや、打つことがっつーか、「同じモノのパワーアップ」であることがわかるだけの差異と共通性を維持して複数ヴァリエーションはちょっと大変かなぁということで。
2009/03/06 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *