深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Like A Experimental Scientist
▼キャンペーン「大江戸 808 文悟郎萌戦記」遊んできました。今回は、わたしの記録が確かならば、第 16 回。前回はこちら
 参加者は以下の通り。キャラ名からは、BOSS によるイメージイラストに飛べます。
 蒔田文悟郎(BOSS):サムライ、ファイター、ケンサイ。本編の主人公。前回、武器を破壊されており、今回はそれをどうリカバーするかが前半の大命題となりました。
 パロマDISK):よくわからない構成の魔法戦士。つーか、説明聞けば、明確な意図を持ってキレイに組み上げられているわけですが、覚えとくのはムリでございます。今回、サドンマキシを取得。どうも不発気味だったようですが、これでパーティー 3 人がサドンマキシ持ちって恐ろしいねぇ。
 ラディン(artemis):ウィザード。ひたすらマキシマイズその他のメタマジックを重ねて強化した強烈な火力呪文で敵をまとめて弱体化(ヘンな云い方だけど)させる爆弾メン。前回、-10 で死亡。痛恨。まぁ、ラディンを復活させること自体は可能なことがわかってたんですが、結局そのぶんのレベル低下を今回ラストでも回収できなかったのは厳しいなぁ。
 タリウス(MUSHA):前回から参加のファイター。当初、周囲が 14 レベルだったところに、途中参加者ということで少し出遅れを表現すべく、10 レベルで参戦。今回はたしか 14 レベルになるところでスタートだったかな? 周囲は 15 なので、速攻追いついてしまいました。アーチャーは手数で火力を叩き出すので、抜けないダメージリダクションには苦労しがち(矢を現場で換装可能なので、抜くこと自体は比較的用意ではあるんだけどねー)な点と、やはり防御面での薄さに今回はちょっと苦しんだかも。
 アヴィアン(わたし):ドルイド 14/ウィザード 1。ココんトコのモノリス戦では、戦闘開始時にはスロットがほとんどカラになっている完全事前準備型でしたが、探索段階になると、ほとんど実験科学者のようなこれまた珍妙な立ち回りになります。今回はいろいろ悩んで結局サドンマキシを取得。こちらは SR なしの呪文でゴーレム削りに貢献できたかなぁ? 本命、ST もない呪文は次レベル! 腹心としてポルトリィ(クレリック 10/バード 2)を連れてます。ポルトはついに手練の術者を取ることにしました。
 さて、前回のラストは、モノリス 4 体を倒し終えたところまで。これにより、異空間の浮遊神殿に大規模な変化が発生しました。
 まぁ、オサライするにもいろいろとウロオボエではあるんですが、そろそろ文字で書くのがキツくなってきたっつーか、毎回書くのがアホらしくなってきたので図をデッチ上げてみました。なんか問題あったら指摘してくれると嬉しいデス>参加者各位
 そもそも何故この神殿を目指したかといいますと、何やら「リーンホース」……じゃねぇ、闇の書だかなんだかそんなような悪のアーティファクト本が封印されており、それを「なんとかする(って具体的にどうすんだっけ? 火口に投げるとかだっけか?)」ことにした文悟郎(LG)が、それまでの冒険で(少なくとも能力的には)信頼関係を築き上げていた仲間たち(全員 CN)を募って探索を開始したのがはじまりでした。その後、なんでタリウス(CG)が参加することになったのかはあんまちゃんと決めてなかったかも。ま、リアルでプレイヤーが増えたって事情なんですが。
 これは、単に本を探す、というミッションではなく、その本が文悟郎のホームタウン(ケンサイとして仕える主のお膝元)の地下に隠されている、という情報があり、それゆえ、それをなんとかしようということになったという意味合いが強いものです。入口は、町の中の某墓所。その特定の墓石の上で合言葉を発すると、墓石が一定時間(短時間)消滅し、地下への縦穴に落下。入口はふたたび閉ざされ、縦穴を降下した一行が、そこにある通路をえんえんと進んで行くと、扉に行き着く。扉には、当初は文悟郎しか読めないと思われた、最近タリウスが加わったことにより「グッドにしか読めない」という条件が判明した、何かの書置きが残されている。この扉を開けると、以下の地図の 2 に出ます。なお、地図の構造はウロオボエですが、縮尺については記憶以前にまったく考慮してません。おおざっぱな構造だけ示せればいいやっつーことで。ってか広すぎるねん。
当初の地形
 アストラルっぽい異空間に浮かぶ神殿のような場所です。ただし重力はアリ。長時間この空間にいると、どこからともなくドレッドレイスが 1d12 体(だっけ?)湧いてくるので、とくに何もせずに時間を進める、という行為は推奨されません。
 1 は、この空間側からは小さな(ってまぁ、中央神殿と比べてですが)建物に見えます。扉の中はまっすぐな通路が続いているんですが。
 4 が中央部の巨大な神殿。その周囲にテラス状に床があり、五方向(入口方面+四方向)に橋が伸びています。それ以外のところはすべて空間。この空間はどうやらループしているようで、橋からはずれて落下すると、やがて同じ平面上の位置に落下してくる、とのこと。
 3 は中央神殿に入る扉。この扉にはいろいろ仕掛けがあります。具体的にはプレイヤーは忘れましたが、キャラクターは覚えているはず。少なくとも、扉を開けたところに、プリズマティックウォールの効果をもつ不可視の魔法の壁が設置されており、破壊しても数ラウンド~ 10 ラウンドまでのランダムなインターバルタイムを置いて再度このウォールで封鎖されます。
 5 はそれぞれ地水火風に関連づけられた祭壇。配置は説明されていないと思いますが、もし並び方に意味があるなら今度教えてくれマスター。それぞれの祭壇に、対応する副種別の呪文(たとえば風の祭壇にガストオヴウィンド)をぶつけると、エレメンタルが出現し、これを倒すことで、3 の扉が開きます。エレメンタルはどうやら二段階で、当初はエルダー、その後、モノリスを倒してはじめて 5 の祭壇でこなすべきイベントが終了となる模様。たとえば水の祭壇に水呪文をぶつけると、島状の部分一帯が池となってエレメンタルが登場してたんですが、現在は池状になったまま、何も起こらない場所になっています。なお、この池を焦点具としてドルイドのスクライイングを試みましたが発動しませんでした(←阿呆)
 さて、最初にエルダー 4 体を倒した段階についてはちょっと正確なところを忘れましたが、モノリス 4 体まで倒し終えた段階の地図が以下。
現在の地形……サハクイエル?
 1 の建物は消滅。って帰れねぇ!
 3 は、エレメンタル撃破以前はどうやっても開かなかった扉。6 はエレメンタル 4 体撃破で出現した、それぞれ、正と負のエネルギーの神殿で、その周辺はそれぞれの次元界の特性を持っています。このあたりについては以前のレポの後半参照。
 7 はこれまたエレメンタル 4 体撃破で新たに出現した地形。一見、1 と同様に見えます。
 8 もエレメンタル 4 体撃破で新たに出現した扉。
 で、マスター、5 の並びはどうなってます? モノリス撃破前との比較が必要な気がしてきたような?
 とりあえず、こういう地形になった状態で今回スタート。
 まずは 6 の正エナジーを拠点に、4 人はアテューン・フォームで内部に安住し、ひとりが出たり入ったりして時間を進めることに。
アヴィアン「で、誰がその出入りをする?」
文悟郎「そりゃ新入りの役目でしょ」
タリウス「ちょwwwww」
 時間を見計らって、アヴィアンとポルトリィが呪文を取り直し、アテューンフォームを人数分カバーできるようにした上で、ラディンにレイズデッドをキャスト。さらに休息を挟んでラディンがシェルターを作って内部で休息し、「フゥ、落ち着いた」ってことでレベルアップ作業を行います。
 で、探索開始。
 ひどい手順でした。ほとんどアヴィアンがひとりででしゃばってしまいましたが、ま、適材適所?
アヴィアン「ダイアラットかなんか呼び出して扉に接触させます」
マスター「特には何も」
アヴィアン「では次はサテュロスを呼び出してノブに触れさせます」
マスター「ディスインテグレイトで死亡」
アヴィアン「おおー。では次はサテュロスにスペルレジスタンスをかけて触れさせます。これを何回か繰り返して統計取れば、ディスインテグレイトのキャスターレベルがだいたいわかるよな?」
マスター「ちょwwwww統計とかwwwww。まぁ最低レベルだけど!」
タリウス「何それ!wwwww まず動物実験してからヒトで実験みたいな!wwwww」
アヴィアン「……云われてみりゃそんなカンジだな。すまん、本職みたいなもんですwwwww」
文悟郎「いやー、ひどいねこれw きっとサテュロス界(←?)で話題になってるよ! あいつの呼び出しには気をつけろ! って」
タリウス「呼び出しかかると誰が行くかをくじ引きで決めてたりするんだよきっと!」
 「面倒なんで、時間制限ナシと考えていい? アテューンフォームもシェルターも毎日準備できるし、クリエイトフードも使えるし」にオッケーを貰ったからとはいえ、まぁ、やりすぎ感もあるっちゃありますな。でも金がないのでなぁ。金がないということは、消耗品の投入はほとんど不可能だし、死亡時の物質要素としてダイヤを購入する資金もないので、慎重の上に慎重を期さざるを得ないのです。
 いろいろ試みて 7 の扉を開くと、その奥はまっすぐに続く通路でした。で、何やら気圧差があるらしく、扉を開けたサテュロスはその奥に吸い込まれる事態に。しばらくそうして吸い込んだ後、扉は自動的に閉じました。
アヴィアン「あれ? そりゃ困った。チェインオヴアイズかけて再挑戦」
マスター「チェインオヴアイズって他次元界に移動しても持続するの?」
アヴィアン「わからん。明記されてないからダメかも? って他次元界なのか」
マスター「それじゃあまぁ、ダメってことにしといて」
アヴィアン「了解。次のサテュロスはフリーダムオヴムーヴメントをかけて試みますけど、今度は?」
マスター「では吸い込まれはしない」
アヴィアン「行って戻ってもらおう。戻れる?」
マスター「戻れる」
アヴィアン「扉が閉じた後で戻ってもらう。可能?」
マスター「可能」
アヴィアン「では次のサテュロス。ヘイストかけてラウンド 90 フィート。疾走で 13 ラウンドあるいは地形が変わるまで突っ走ってもらって、地形が変わった、あるいは時間が経過したら戻ってもらって報告してもらう。持続延長で呼べば 28 ラウンドもつので」
マスター「ふむ、13 ラウンド疾走だと……この距離か。では、それだとまっすぐな通路のまま」
アヴィアン「お……? ふむ、じゃ次はジンでも呼ぶか……? あんま距離変わらんか?」
パロマ「ファントムスティード(だっけ?)なら疾走で距離けっこう出せるぞ」
アヴィアン「おおう、じゃ、それで。サテュロス乗せて突っ込ませよう」
マスター「……その距離なら行き止まりまで到達できる。上への縦穴だ」
プレイヤー一同「……? なんか入口と同じ地形じゃね?」
 その後もさんざんいろいろ試した上で、ついに PC が中に入り、進んでみることに。
 結論はというと、ここが新たな出入り口になってた、ということでした。やれやれ。
 なお、ここまで判明させるのにプレイ時間は丸一時間ほどかかったことを記しておきます。いやー、冒険って時間かかるね! ゲーム内時間はヘタすっと数週間かかってるけど!
 戻ると、なにやら町でイベントが起こっておりました。町の統治体系に食い込んでいる文悟郎を中心にいろいろとあったようですが、えーと、あんまりわかってない、というかまぁ大筋はわかるんですが、今さら人間関係説明するのも面倒なのでここはレポでは省略しておきます。頼むぜ BOSS、書いといてくれ?
 で、ケンサイの愛用武器についてまたひと揉め。ケンサイは武器を破壊された場合、可能であれば、自分でそれを直して強化し直すことができるんですが、現在のスキル達成力を考えると、この作業に 140 日ほどかかる計算になります。これをかけてよいものかどうかを主君に相談。主君が「そんなヒマないので新しい武器を使え!」と命じた場合は、それに従えばよろしいらしいので。しかしながら、とくにそんな緊急の用もないらしく、140 日かけれ、という結論に到達することになりました。その間、他の PC はヒマなので、いろいろ出歩いたり、神殿の地形や特性の確認を進めたりしてましたが、とくに経験値になったりということはナシ。
 武器の修理も完了し、そこからいよいよ本格的に神殿探索を開始しました。
 まずはオサライ。以下の地図は、3 の扉から入った場合のもの。縮尺は適当。角度もたぶんいいかげんです。
中央神殿、表口から入った場合
 9 には 4 体の強化されたリトリーヴァーが配置されてましたが、これは以前すでに撃破済みです。10 は奈落のトリックアート。このあたりはだいたい以前のレポの後半あたりで。
 なお、この場所での召喚術の扱いは保留しといてと云われてたんですが、どうやら、神殿内は基本的にサモン不可、アストラル経由移動不可となっている模様。トリックアートの部屋の中ではサモンが可。で、アストラル経由移動は、「部屋の中から部屋の中へ」は可能だけど、それ以外の場所へ飛ぼうとすると、プリズマティックウォールを通過したかのように被害を受ける、ということになってた、んだっけかな。最近ネチャライに頼りっぱなしのアヴィアンにはちょっと不安な構造。
 11 と 12 はそれぞれ、広間に面した鏡を破壊した裏側にあった部屋。それぞれモンスターが待ち受けておりましたが、これも撃破済み。すべての部屋の奥にはさらに鏡があり、11 の部屋の鏡はいずれもマジカル、12 の部屋の鏡はノンマジカル(ディテクトマジックで確認)
 11 の鏡に触れると、プレイヤーが「裏世界」と通称している場所に転送されます。次元界じたいは同じで、チェインオヴアイズは維持。
 その裏世界の構造が以下の地図。
中央神殿裏世界、鏡から入った場合
 13 は池で、その底に何やらルーンが刻まれており、これは起動状態にあります。裏世界攻略はこちらのレポートの前半。
 ここまでが変化していないことを確認した上で、裏口の攻略に着手しました。
 こちらも透明プリズマティックウォールなどの仕掛けは同様で、以下の地形につながっていました。
中央神殿、裏口から入った場合
 14 にはリトリーヴァーが 4 体。
 今回最初の戦闘はこのリトリーヴァーとの対決。
 ……面倒なので、戦闘については割愛します。DISK のレポ参照とかそんな感じで。個人的な収穫は、飛行移動→標準アクション→アップドラフトで離脱、による、擬似的な、かすめ飛び攻撃のような機動を確立したこと、でしょうか。
 奥は、まるで「裏世界」そのままでした。倒した植物クリーチャーの残骸もそのまま。ただし、壁の鏡は存在せず。(「裏世界」からだと、14 に続く通路が存在せず)
 この構造については現時点では詳細不明。表口から鏡経由と裏口経由と、両方同時に、ってのも試した、んだっけ? 試したのは覚えてますが、たとえば、「ないはずの通路」に、そっち側から来た PC が手を引いて引っ張り込もうとする、などは試みてなかったなぁ。ちょっと失敗。次回やってみるか。もちろん、引く方も引かれる方も召喚クリーチャーで!
 で、裏口は結局見知った(と思われる)場所だったため、ここで軽く行き詰まり。
 いや、詰まってはないんですが、新たに出現した地形は試し尽くしてしまいました。
 ということで、未探索部分が残る表口側、奈落トリックアートの部屋へ移動。ここから、これまで先送りにしていた場所への探索を開始。
 まずは正面の大扉ですが、これは、「20 レベルキャスティングの」ディスインテグレイトで守られており、まだ苦しいので先送り。
 残るは 12 の部屋の鏡です。
 ノンマジカルとはいえ、破壊するのはなんとなく不安で先送りしていたもの。
 もうここぐらいしか思いつかないので、腹くくって破ることにしました。
 それぞれ破った後の地形が以下。
中央神殿、鏡破壊後
 ここのカタチはかなり間違ってると思います。まぁ、歩ける範囲などには間違いがないので、とりあえずはこんな按配でひとつ。
 鏡の奥は、神殿の外を回り込むような回廊につながっていました。問題は、この回廊、入口や、大扉の向こう側を想定した場合、干渉する配置になってるということ。表口の外はアストラル(神殿内部は物質界)なので、まぁ異世界ですから干渉するのは仕方ないとはいえ、大扉の向こうも? なお、「表口から入った場合」と「裏口から入った場合」の構造も干渉するようになっており、このあたり、地図を突き合わせて隙間を探し出すような手法が無意味なため、地図の縮尺を無視して書いてる次第です。
 で、この回廊の床には、薄く、しかし途切れることなく水が流れています。その流れの方向が矢印。ディテクトマジックで見ると、この水は魔力を帯びているとのこと。
 ……よくわからん。
 まぁ、わからんものはわからんので、まずは召喚クリーチャーを送り込んで地形を確認。その結果、それぞれの上流側(16 と 18 の位置)には上へ続くらせん階段があり、その階段の脇に作られた樋を通って水が降りてきていること、および、下流側(17 と 19 の位置)には下へ続くらせん階段があり、こちらも階段脇の樋から水がどこかへ流れ去っていることが判明。さらに、階段の先も調べよとの命を与えて送り込んだクリーチャーが持ち帰った情報から、上階と下階の構造は以下のようなものだということが判明しました。
中央神殿、螺旋階段の上
 まずは上階。16' と 17'(間違っちまった。書き直すの面倒なのでママで)は、それぞれ、16、18 のらせん階段からの到達点。北側、南側の広間は、白い大理石づくりで、壁には植物の彫刻が施されており、その表面を含め、部屋一面を流れる水が薄く覆っているとのこと。20 の位置にはそれぞれ花壇状の構造があり、土が敷き詰められているけれど植物はなし。(平時は畑を耕している文悟郎が、持ってた種を蒔き(まさに蒔田!?)アヴィアンがグロースオヴプラントを投げておきましたので、そのうち変化があるかも?)21 はアーチ。当然のごとくディテクトマジックに反応するので、召喚クリーチャーで確認したところ、手前から順にウォールオヴフォース、プリズマティックウォール、ウォールオヴディスペルマジックの多層防御がなされているとのこと。構成は前後とも同じ。で、22 の位置には一体の、23 の位置には 2 体の、人造クリーチャーと思しき構造物が鎮座しており(知識判定は失敗)入ったらいかにも襲ってきそう。ということで、ウォールオヴフォース突破準備、プリズマティックウォール突破準備二回分(人造が突っ込んできた場合、中央神殿入口を破って逃げる必要が生じるかもしれないので)、ウォールオヴディスペルマジック突破準備を整えて、召喚クリーチャーを投入。即座に反応はされなかったので、恐る恐る壁沿いに移動して奥を探索(with チェインオヴアイズ)し、奥には幅広で高低差もある急な階段があることを確認。この階段を登って進むと、階段の上には広間があり、さらにその部分は天井が高く、広間の中央 24 の位置には、「木と、それに抱きついている女性」の彫刻(石製)があることが判明。ただし、階段を上がり切ったところに透明プリズマティックウォールがあったため、気づかず進んだクリーチャーは消滅。
 次は、送り込んだクリーチャーを人造っぽいものに向かって歩かせてみたところ、人造クリーチャーの間合いに入ったところで攻撃されて倒される結果に。
 とりあえずここは保留して下階の確認へ。
中央神殿、螺旋階段の下
 こちらは 17' と 19' が到達点。同様に薄く水が覆っており、25 の位置には扉。いずれもディスインテグレイトのトラップ(キャスターレベルは 20 だったかな?) 26 の位置には人造クリーチャー(知識判定はまたしても失敗)が鎮座。
 さて、どうしよう。
 いずれにしても、強そうな人造クリーチャーとの戦闘は避けられそうにない感触。で、上は「突入時にプリズマティックウォールを突破しなければならず、脱出の必要が生じた場合も同様(ただし、22 との戦闘中に 23 がやってくる危険はたぶんなし。階段の上にプリズマティックウォールがあるため)」となるためハイリスク。逃げやすそうな下から先に行こう、ということで、まずは下階の人造クリーチャー攻略を優先することになりました。今回二度目の戦闘。
 詳細はこれまた面倒なので割愛。
 個人的には、「サドンマキシマイズド コメットフォール」で 84 点! を実戦で敢行したことが爽快ではありました。また、ヒールがメモライズから普通にキャストできるようになったおかげで、攻防一体フル同士で膠着状態になってた文悟郎に「1 ラウンドで死なない程度の被害ならヒールに行けるから、STR ブースト切れる前に防御捨てて殴っちゃって埒をあけていいよ」と云えたのは収穫。まぁ、ラディンのマキシマイズ火力連打とアヴィアンのサドンマキシコメット+アークオヴライトニングあたりをフル投入して 300 点ぐらいは削ってるのに立ってるゴーレムがどうかと思いますが!
 この戦闘は、さらにゴーレムが変身したりしつつ盛り上がりまして、終わってみれば会場は時間切れ間近。
 戦闘の数で云うなら「わずか二回」で、今回セッションは終了となりました。
 いやー、長ぇ戦いだったぜ。
 というか、戦ってないですが! 戦闘にかかった時間はそれほどでもなかったんだよなー。
 なんつーか、人生実験科学ですね! まぁリアルじゃ実験から離れてかなり経ちましたが、未知の事象に立ち向かうときのストラテジーは結局、実験科学屋のノリなんだな、としみじみ自覚。
 その意味ではついついひとりではしゃいでしまってます。周囲に不満与えてないといいなぁ……。まぁ、呆れられてるのは重々承知ですが、でも、やっとかんと死ぬからな……。
 なお、今回のレポでまったく触れませんでしたが、前回のモノリス全突破で、正体不明のアーティファクト級アイテム(アンチマジック下でも稼働してたことから推測)が 8 つ揃っております。このアイテム、マスター側からの情報も一度変更されてたり、入手後鑑定する金もないことから、まるで正体不明なためノータッチなんですが、ちょっと考えてみるか?
 シャツ、ブレイザー、イヤリング、ペンダント、チャイム、クリスタル、ボックス、ブーツ、だっけ?
 うちふたつは名前まで判明しています。デーモニックチャイム(Not 骨)とドリームグローヴ。
 ……うーん、最低限名前はわからんと考えようがないなぁ。
 でも、奈落に進軍するには恐らく本(ってこのダンジョンの予想される最終目的だよな?)が必要になる(チャイム→本→ろうそく→ブーツ→グローブ?)わけで、まだ使おうとか考えないほうがいいのかなぁ?
 ……とりあえず金が必要だ。とにかく金がないと、レジェンドロアどころかアイデンティファイすら使えんっ!
2009/03/01 (Sun)
■ Comment
 補足

 3番の扉が開く条件は、5にて各属性っぽい魔法をかけて全ての祭壇を壊す事だったかと。祭壇を壊すとエレメンタルが出現するけど、こちらから仕掛けなければ戦闘にならないのでエレメンタル放置して扉を開く事は可能。で、前回エルダー全部倒してアストラル界に変化させた時は3のプリズマティックウォールが消えた気がしたんだけど、今回は残ってたなぁ。まぁあの時とは条件が違うんだけどさ。

 11の鏡部屋に関して、12時と6時の部屋は鏡あったっけ? あそこは奥がちょっと広くなっててボダックが詰まってる部屋で、その奥には何もなかった気も。

 上の階について。プリズマティックウォールがあるから反対側のクリーチャーは来ない、と判断したけれど、確認したら虹壁って『呪文抵抗が可能。ただし7色それぞれに対して試みる事』だった。・・・って事はゴーレムは突っ切ってくるんじゃね?w
 んまぁ動く動かないはまた別なので大丈夫だと思いたい。


 しかし、うちらはこのダンジョンに一体何日かけるんだかw  武器直しで140日に、ドルイド式探索術で毎回実験してるのでこれも結構かかってるし。・・・1年あれば完了するかなぁ? ああ、そろそろPCの年齢上げておくかw
 とりあえず次回は下の扉の奥かねぇ? その次は・・・って地図に扉の番号がない!?w  10の広間の9時にディスインテグレイトLV20がかかる扉の奥もなんとか? HP240超えれば生き残れそうだし。自動命中トラップでクリティカルしたら知らん。
 あとはまぁ、水をなんとかしてみたいかな。とりあえず堰き止めてみたらなんか変化はあるかと。神殿全体を覆うプリズマティックウォールとディメンジョン系禁止が解かれることを希望。・・・しかしそうすると、ディメンジョン系を無視してきたパロマが覚えたくなりそうだけど! まぁ金ないから無理だけど! ・・・金だ、金が欲しい。
2009/03/04(Wed) 11:22 * URL * DISK #4yuftn/A[編集]
 補足サンクス。
>3番の扉が開く条件
 確かにそうだった! てか初回のことはかなり忘れてましたw ただ、ウォールは消えてなかったような?

>12時と6時の部屋は鏡
 これはあったと思うんだけどなぁ……? まぁ、たぶん大きな問題じゃなさそうですけど。

>ゴーレムは突っ切ってくるんじゃね
 やべぇ、確かにwww
 気づかなかったwww
 スペルレジスタンスつけて突っ切らせて統計とかやってたのにねぇw

>そろそろPCの年齢上げておくかw
 まぁエルフ的には適当ですw

>扉の番号がない!?
 いやまぁ、それは全部つけてるわけじゃないのでな。むしろ問題は三枚目の地図に、そもそも大扉が存在してないことだと思われますw
 図作るときに忘れてて、あとで気づいたけどまぁ面倒なので放置ましたw
 水は確かになんとかしたいですな。ウォールかアストラル遮断か、少なくともどっちかは関係ありそう。

>金だ、金が欲しい
 つーより必要だw

 まぁ……長いよねぇ……ゲーム内時間も、リアル時間も、記事もw
 いったいどこまで金なしで行かせる気でしょうかねぇ。そのうちアナーキストなワタクシとか、「もう我々の知恵ではムリだ! 衆知を結集しよう!」とか云い出して、このダンジョンの情報を世界中にばらまくとか云い出しかねな……いやいやいやいや!
2009/03/05(Thu) 01:03 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *