深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]090208 ~In My Dream~
▼朝からひどい頭痛に襲われ終日死亡。
 昼ごろ起き出して、がんばって軽く食事して薬を入れたんですが、まるで効かず、結局一日倒れておりました。
 過去形でもなくて、現在もけっこうヘヴィ。
 んで、こんだけ長いこと浅い眠りにたゆたっていると、夢を見るわけだ。
 しょうもない夢を見ました。
 主人公(俺)→現代社会に生きる魔術師。
 おう、なんだこれは。オレの脳の中二な区画が全力で活動しちゃった?
 つーか、最近ラノベ脳に関する話とか読む機会とか多かったから、そっちの影響かもなぁ。
 なお、主人公(俺)はラノベらしく高校生か大学生ぐらい。
 まぁ内容はアホなので省略しますが、しかし、こういうふうに夢を鮮明に覚えてると、自分の脳の視覚構造の病み具合がなんとなくしみじみ痛感されますな。
 登場する人物の外見は、現実に知り合いである人物か、洋画な外人か、でなきゃアニメキャラ。
 直接会ったことのない日本人のツラは決して出てこねぇ。
 外人は(当然、直接会ったことのない映画俳優とかが)たくさん出てくるのにねぇ。
 途中、何やら魔術的な組織がふたつほど登場したのですが、片方の長は、ツラはハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンスの)で、名前は「ハーリィ・ポッター」でした。何故か「ハーリィ」で。 フォックスなのか? ヒトデなのか? いやまぁそれはどうでもいいけど、つまり外人の実在人物(つーても映画登場時の絵ヅラですが)
 そしてもう一方の組織の長は何故か車椅子の若い女性で、ツラはカテジナ・ルースあるいはドロシー・カタロニアあるいは騎士カリム(場面によってツラは違ったけど、同一人物として認識)でありました。アニメキャラ。ぬー。
 ちなみに、主人公(俺)と似たような境遇の魔術師がひとり登場してまして、それは序盤はエマ・ワトソン(ハーマイオニー)のツラでしたが、途中でハーリィ・ポッターの存在が判明してからは、「おい、ポッター氏が結構な年齢なのにエマ・ワトソンがこの年齢はおかしいだろ」と脳が語り(主人公(俺)はそれを認識)途中からキャロ・ル・ルシエになってました。
 オレの脳内では、そのへんは同一のキャラクターとして認識されてるんじゃろうか……。
 てか、カテジナとドロシーと騎士カリムはまぁ同じカテゴリでいい気もしますが、ハーマイオニーとキャロはどうなのか。さらに云えば、ハンニバル・レクターとハリー・ポッターが同じカテゴリってのはどないなっとるんやー! (なお、ダニエル・ラドクリフは登場せず)
 その他登場したのは自分の親父(実際の親父)だけでありました。直接会ったコトある人物の顔で出てきたのはこのキャラだけだな。
 最後はカテジナの部下と魔法的なような物理的なような戦闘を繰り広げている場面で目覚めましたが、ここでは主人公(俺)の戦闘性能はサイキックフォースのキースだった模様。まぁ、なんか夢で超人バトルやる場合の自分の戦闘性能は大体、格ゲーでの自分の使用キャラなので、これはいつものことだな。
 ……まぁ、なんつーか病んでるな、オレ。
 実際、病気で寝込んでるときに見た夢だけど、そういう意味じゃなく、な。
2009/02/08 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。