深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]090112 ~痛車「水平線まで何マイル」ふたたび~
▼またしても! うちの近くの路上で痛車発見。
 ……というか、前回とほぼ同じ場所、同じ車両でございました。
 そういや前回も祝日の月曜だったよなー。そのへんに共通点が?
 いえ、いつも通る道ってわけじゃない(基本的に休みの日にたまにしか通らない)ので、たまたまそういうタイミングに目撃しただけかもですが。
 ちなみに、その一時間ほど前には、トゲのように張り出した装甲版が満載された珍妙なお車も普通の通りで目撃して思わずのけぞってしまってたり。
 こういうの、ふさわしい場所で見る分には「ほほう」という感じになりますが、そういう場所以外――おそらくは乗り手の生活拠点付近と思われる場所での路駐とか、そういう場所へ出撃してゆくまでの比較的乗り手の生活拠点寄りと思われる路上とか――で目撃すると、なんというか、その、なんともいえない気分になるもので。
 突拍子もない衣装とかなら、現地についてから着替えりゃいいですが、車はそうはいかないからな。
 たとえば自分ちのすぐ近くに、いつも竹槍搭載型の珍単車とかが、地味に、現地の駐車/駐輪ルールを遵守して鎮座してたりしたらどんな気分になるんだろうなぁ、とか思っちゃったりして。
2009/01/12 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *