深度 、急速潜行~
▼そしてー。
 買ってしまったぜノイズキャンセラー。
 形状分類はカナル型なるものだそうです。よく知らんかったけど。店頭で試着するのはなかなかアレな気分になるといえばなるモノではありましたが、試さずにわかるもんでもねぇよなぁ、ということで、腹くくって試用。
 まぁ、たしかに騒音は低減されるっちゃされるんですが、電車内での使用を想定しているのに、店頭では(いくら騒々しいとはいえ)騒音の質が違うだろ! とか思ったけどねー。もっと主流になってくれば「電車内騒音再現型試着室」みたいな設備も投入されたりし……いや、しないだろうな……。
 ってことで、いまいちどんだけ有効なのかは店頭ではなんとも云い切れない感じではあったんですが、ひとつわかったことが。
 オレの耳、フツーのインナーイヤー型はまるっきし合ってなかったんだなぁ。
 ノイズキャンセルをオフにしても、カナル型は装備してるだけで相当外部の騒音は低減されるし、すっぽ抜けそうな不安も感じない、ってのはかなり好感触。いや、同時に邪魔感もかなりあるといえばあるんですが、それならフツーのインナーイヤーなら邪魔感なかったのかというと、それはそれであったわけで、概ね劣ってる部分がない印象に。
 ならば買っちまえ。ノイズキャンセラーのついてないカナル型でもいいのかもだけど、キャンセル機能つきで、機能オフ可能機なら上位互換だろこのさい。ということで即決。
 正直、ノイズキャンセルコントロールユニットはいろいろと邪魔すぎて死ねるといえばいえる感じであり、ついてないヤツが欲しいっちゃ欲しいところではありましたが、ついてないのってのは「ノイズキャンセル効果オフ」ができないブツなわけであり、それはどうなんだ、と思わざるを得ず却下。キャンセル音波の違和感というものは(騒音下、演奏中においてさえ)けっこうあるというのが実感でして、使わずにすむ場面では使わずに済ませたいんだよねー。外の音が聞こえないと不安な場面でいちいち外したりもしたくないですし。
 ということで、ノイズキャンセル効果そのものは上述の通り店頭の騒音で評価するには限界あり、音質については……まぁ、度外視とは云わないまでも妥協する覚悟であるし、「同一曲の同一部分を比較」でもしなければ語れないと思うわけで、これも議論できず、結果、邪魔すぎるコントロールユニットが、比較的デザイン的に「アリかなぁ」と思えるものを抽出して二択。店員つかまえて相談して決定。
 ……なかなかでけぇ買い物になりました……。
 ATH-ANC3 BK
 使用感ですが、んまぁ、概ね満足です。
 効果が「コスト分」あるかどうかは正直よくわかりませんが、比較対象があるわけでもない最初のひとつなので、ま、気にしない方向性で。
 実際、乗り慣れた路線でないと乗り過ごすんじゃねぇかと思う程度には静かです。iPod なのからの出力音量も大幅に低減し、かつ、上げてたときよりもキレイに聴こえます。
 ああ、もっと早く決断しとくべきだったのかもな、としみじみ。
 コストの大小について気にしなければ、素晴らしい買い物でありました。
 気にしても、まぁ、概ね満足。
 電池買い忘れないようにしないとな。
 あ、専用キャリーケースについてはちょっとどうかと思うところではありました。でかすぎごつすぎだ。ま、使わなければいいことなんだけどさ。
 100 均あたりで使えそうなの探そうかな。
2008/12/21 (Sun)
081220 * Top * 081222
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *