深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼「涼宮ハルヒの溜息」読了。
 はーはーはーハレーションゴースト
 い、いやしかし……さすがにそれは……だがしかし……うーん……。
 ところで、シリーズに手を出した数多くの小さな動機のうちのひとつであるところの「秘密めかして囁かれるあの連句「めがっさにょろ」の正体を知っておかんとなー」については未だ謎なのがなんとも不思議な感覚です。件の連句と関連づけられて語られる固有名詞はすでに登場した気がするのじゃが……あんましそんな気配がなかったような……?
 しかしまぁなんですな。キャラ萌えとかそういう感情がほぼ一切湧いてこない自分はどうなのか。老いたのか(べつにそこまで感性が磨耗したとも思わんけど、より下の世代をタゲってるのにはひっかかれないらしい、って意味ね)
 ってかそれ以前にあんまし強い感情移入に至らないので、遠くから「雨の気配を感じ取ったプレーリードッグのように」みたいな表現の楽しさを眺めて楽しんでるという不思議な気分です。
 んまぁ、一気に突っ走ってしまうのはもったいないので、今後ともゆっくりシリーズ追跡してみる方向性で。
 なんてな。一冊目読んでから十日ぐらいしかたってませんが。いかんな、ちとペース早すぎだ。
2008/09/07 (Sun)
080905 * Top * 崩壊前夜
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。