深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Bardic Problem
▼さて、DnD の新作はなさそうということで、しかしソードワールドは新キャラオッケーとのことで、脳を切り替えることに。
 別キャンペーンのキャラ持ち込んでもいいよーとの話でしたが、このデッドリーなシステムでそんな恐ろしいことはできませんってのがひとつ。あとはまぁ、やっぱバードはやりたいところですし。
 ただ、バードは歌を聴ける対象すべてに有効であり、かつ、魔法のように特技で対象を絞ることなどもできないため、使い方はなかなか難しそうです。
 どうしたもんか。
 いろいろ考えてみたんですが、どうも謎な部分が多い模様。
1) バード技能レベルが上がると歌の効果範囲は拡大するが、狭い範囲に絞ることはできないのか?
 おそらく、できないと思われます。「常に」って書かれちゃってるし。これ使いづらいなぁ。しかし、レベルが上がれば 100 メートル向こうとかまで響きわたる恐るべきミンメイアタックになるわけで、これはこれで熱いものがあるかも。洞窟の入り口でキュアリオスティを歌って敵全部おびきだして出てきた順に撃破ー。何日か繰り返せば洞窟の入り口から 100m はカラッポになるんじゃね? ところで、効果範囲は障害物を回り込むの? 否?
2) バードからペットに歌を引き継ぐことは可能。では、ペットからバードに再び引き継ぐことは?
 おそらく、できないと思われます。前奏は 10 メートル範囲にしておいて、主旋律はフル範囲で、とかやれれば便利そうなんだけど。ところで、複数のペットが歌を引き継いだ場合、片方のペットのみ中断させることはもちろん可能だよね?
3) 複数の歌が重なっている場合、達成値が低いほうの歌は効果を現さない。では、双方が歌い続けている状態から、達成値が高いほうのみが歌を中止した場合は?
 DnD 用語ならば「抑止」、すなわちその瞬間から低いほうの歌が効果を発揮しはじめると考えるのが妥当なように思います。が、そうであった場合、後述の疑問がわいてきます。また、達成値の高い歌のほうが効果範囲が狭い場合はどう扱う? 達成値の低い歌い手が高いほうの範囲内にいる場合と、範囲外にいる場合では異なるのか?
4) 歌が効果を現すのはいつなのか。
 実用を考えなければ疑問もないところな気がしますが、実用、とくに敵味方を切り分けての使用などを考えるとおおいに疑問です。つーか最大の疑問。歌いはじめた瞬間のみ成否の判定をして、歌い続けている間持続? ならば、毎ラウンド歌い直して敵味方の抵抗の成否が好都合になるまでやり直すでオッケーという理解でよい? 前奏がある場合、前奏開始→ペットが引き継ぐ→バードが次の前奏開始、で、最初の歌の抵抗成果を見てから次のバード側の演奏を続けるかどうかを判断する、という手順が可能になりそう? 歌の途中から効果範囲に入った(抑止されていた歌が発動するという裁定の場合、そうなった場合も同様でしょう)場合は? 「歌を聴きはじめてから効果が出るまで何ラウンド」ではなく「前奏」という定義なので、もし抑止解除などで効果が発現するならば、前奏を済ませておいて、主旋律を開始してから範囲に入れる(自分の移動、相手に移動、あるいは抑止解除)などでいろいろ便利に? ……ってまぁ、考えつく状況があまりに多すぎて語るのが面倒になってきますが。
 ……こういうコトを考えてると、ホントに DnD って難度が低いゲーム、初心者でも安心なゲームだよな、って思うわけですよ。上に書いたような疑問はみんな、DnD の書式だったらきっと疑問にならないんです。明記されてっから。ま、本があんだけ出るとやっぱりそれでも疑問は生じてきてしまうあたりが DnD のツラいところだって面もありますけど。
 まさか、現場で「言いくるめ」の対抗判定をするのが低難度ゲームだなんて云わないよね?
 あ、もしかしたら、ルールブックの「呪歌」の項目じゃない場所に書かれてるのか? それはそれで読みづらいルールブックだと思うけど……。
 ひっそりと追記。というか覚書?

 バードセージ軸を考えてましたが、ファーストセッションで 3 レベルバードを入れるためには、残りは B表 1 レベル分。となると、そこにセージを入れると生存能力に疑問が生じるわけです。戦闘系クラス、というか、B なので一択でフェンサー入れることになるのかなぁ、ということになるわけで。
 バード 3 / フェンサー 1。
 ではどうやってこれを実現するか。
 余計なクラスの入る生まれは却下。人間の 7 揃いとか 4d6 とかもこのさい回避。
 書き出してみた。

■エルフフェンサー:DEX 12+2d6 (14-24), AGI 12+2d6 (14-24), STR 5+1d6 (6-11), VIT 5+2d6 (7-17), INT 9+2d6 (11-21), POW 9+2d6 (11-21)
 高確率で AGI +3 が得られるので、回避 +4 はほぼ安定。前衛として戦うことは困難にせよ、殴られても一応なんとかならないことはないかもしれないかもナーぐらいには思えるようなアレで。バックラーつけて +5。……これなら初期の防御面に限れば前衛を名乗れそうな気がしてきた……。反面、バード能力は期待値で POW が +3 行かないため、ちょっと苦しいかも。

■ヒューマンフェンサー(「心」が弱すぎなため除外)

■ヒューマンバード:DEX 7+2d6 (9-19), AGI 7+2d6 (9-19), STR 5+2d6 (7-17), VIT 5+2d6 (7-17), INT 9+2d6 (11-21), POW 9+2d6 (11-21)
 微妙な筋力に意味はあるのでしょうか……。ってか、微妙な筋力以外にエルフフェンサーに勝る部分がないってのはなぁ。

■ドワーフバード
 フェンサーには明確に向かない種族だよねぇ……。ドワーフバード自体は熱そうな気がするのですが。親父シンガーとかそういうカンジで。

■タビットバード
 これまたフェンサーには向かないよねぇ。まぁ、歌うウサギもイメージがわかないですが。

■ルーンフォーク趣味人
 これまたフェンサーには厳しい。「心」も低い。シャロンアップルでミンメイアタックはアリな気もしますが。

■番外。ナイトメアバードセージ:DEX 10+2d6 (12-22), AGI 10+2d6 (12-22), STR 10+1d6 (11-16), VIT 10+1d6 (11-16), INT 10+2d6 (12-22), POW 10+2d6 (12-22)
 フェンサーを入れようと思わなければ能力値的には面白そう? というか、長期的な視点を持つなら、これでバード 2、セージ 1、フェンサー 1 が安定な気がする! またしてもナイトメアかよというのはありますが、ううううううむ! 悩ましいぜ! 歌うぜーオレは地獄のテロリストー! (穢れすぎ)

■グラス
 宗教上の理由で除外。

 ……周囲眺めて、セージがいそうならエルフフェンサー、いなそうならナイトメアでしょうかねぇ……。
2008/08/20 (Wed)
080819 * Top * 080821
■ Comment
 バード研究がんばってますね~ィ。
 メインマスターあめじんがそういうのに回答するのがスジってもんだと思うけど、ここはさしせまって目の前のマスターであるワチシがしゃしゃり出て答えておくことに。
 とりあえずウチではそうしとくよ、な感じで。

1) バード技能レベルが上がると歌の効果範囲は拡大するが、狭い範囲に絞ることはできないのか?

 できない。
 だろうね。
 「常に」ってのは「常に」だもんな。
 障害物はまわりこむじゃろ。音さえ聞こえてりゃいいんだろうし。

2) バードからペットに歌を引き継ぐことは可能。では、ペットからバードに再び引き継ぐことは?

 不可じゃろ。
 理由は「書いてないから」ってのもあるけど、「範囲の変更」に着目してみた。
 効果が小さくなったものを大きなものにすることは出来ないんじゃないかな?ってことで。

>複数のペットが歌を引き継いだ場合、片方のペットのみ中断させることはもちろん可能だよね?

 もちろん可能。
 不可能とするもっともらしい理由を考えても、それを回避する手段が簡単に思いつきそうだし。

3) 複数の歌が重なっている場合、達成値が低いほうの歌は効果を現さない。では、双方が歌い続けている状態から、達成値が高いほうのみが歌を中止した場合は?

 「抑止」解釈でオッケー。

 達成値の高いAが、達成値の低いBより範囲が狭い場合は、Bの術者がAの範囲に入っているかどうかで考えるとしましょう。
 入っている場合、Bは完全抑止。
 入っていない場合は、Aの範囲に入らない部分では効果発揮と解釈します。

4) 歌が効果を現すのはいつなのか。

 「前奏」が必要なものをのぞけば、そのとおり。歌ったとたんに効果をあらわします。毎ラウンド歌いなおして有利な状況を作りだすのは有効な戦法でしょう。また、範囲に入った瞬間に効果を現します。
 また「前奏」が必要なものも、効果を発揮しだしてから後でも、途中から効果範囲に入れば効果を発揮します。
 これは「前奏」が、対象がそれを聴くことが条件ではなく、あくまで呪歌が発動するために必要な条件であると解釈したものです。

ということで、
>前奏開始→ペットが引き継ぐ→バードが次の前奏開始、で、最初の歌の抵抗成果を見てから次のバード側の演奏を続けるかどうかを判断する、という手順が可能になりそう?

 は、余裕で可能。

>前奏を済ませておいて、主旋律を開始してから範囲に入れる

 も余裕でオッケーです。

 まぁ以上の解釈は今のオレ的解釈なので、とりあえずしばらくはこれでいくってくらいの一時しのぎ的なものだと思っといてください。
 オフィシャルにどっかで回答があるのかもしれんしね。

>難度が低いゲーム、初心者でも安心なゲーム

 そのとおりだと思う。
 でも、たぶん初心者はそこまで細かいことは気にしない人が大半なんじゃないかとw
 また、DDは分かってしまえば非常にロジカルで簡単なんだけど、「見た目の難易度」と「見た目の安心さ」ではソドワにはるかに及ばないと思うね~。
 DDは、コア三冊だけでもあの文量の多さとボリュームだもの。大概の初心者が引くってw
 ソドワは見た目は楽そうでも、実際やってみるとどっかで曖昧な部分にぶつかるんだけどさ。
 でもそれもまたオレはTRPGらしいと思って好きだねw

 しかし、初心者がどうのと言いつつ、あれ? いまどき初心者なんてどんだけいるんだ? とか思ってしまう俺はきっと負け組みなんだな orz
2008/08/21(Thu) 17:20 * URL * BOSS #gGcINRmw[編集]
 おおお右側からの回答サンクス!
 まぁ、あめじんマスターで使うキャラじゃないのでそのへんは問題なしということでひとつ!

3) は面白そう。アーリーバード歌ってるペットを味方に搭載しておいて、自分はそれより 10m 後方に立ってララバイ歌いながら進軍! 周辺の敵はみんな眠らせつつ味方は無問題! が完成!

4) これは、歌いながら艦隊の前後運動を行うことで、一度の歌唱で何度もセーブ、じゃなかった抵抗を振り直させることが可能……? ってまぁ、固定値モンスターの場合、振るのはこっちだからあんま関係ないか。

 んでまぁ、SW が簡単そうに見えるってのは、当初はそんなモンかなぁと思ってましたが、 3 冊目読んで本気でげっそりしましたがどうか。あの乱戦ムリだろ……。

 あと、DnD がやさしい初心者ってのは、たとえばわたし(ら)がそうであったように、「もともとゲーマーではあったけど TRPG は未経験」みたいな初心者であれば、まさにそうなんじゃないかなぁと思ったり。で、逆にというか、「ゲーマーであったことはないけど、なんか話を作ったりするほうに興味が強かった初心者」の人だと、ゲーマーあがりの初心者とはまた視点が違うだろうなぁと。
 そんなコトを感じたりするわけです。
2008/08/21(Thu) 21:39 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *