深度 、急速潜行~
▼「若獅子の戦賦―雷鳴山編」読了。
 いやぁ。
 熱すぎて死ねます。リプレイってこんなに熱くなるモンだったっけか?
 以下、ネタバレのため水面下に。
 ここから水面下。
 「外方次元界の旅から戻ってきたらホームタウンが戦争」って、自分でもやったネタでもあり、そんな方角からも熱くなってみたりして忙しいことですよ。リプレイでは行く前からわかってたことなわけですが、これも鉄板で盛り上がるテだと思うので、みなさんバリバリ使うとよろしいんじゃないでしょうか。出かける前は、その町では駆け出しにすぎなかった自分たちが、帰ってきたときには戦争の趨勢を左右するようないっぱしの英雄になってる、とか熱いぜ。あれ、そういや 808 でもちょっと近いコトやってたっけ?
 モルデン先生とエルミン先生がまとめて登場はもう、やりたい放題っぷりに感服。
 オルターフォーチュンはエラッタで「たった今成功したダイス・ロールを→たった今おこなったダイス・ロールを」になってますが、タイミング(収録時点でこのエラッタ出てたっけか? という意味)的にどうだったんだっけ? うちのプレイグループではバリバリ失敗ロールをリロールさせてますが。
 ボスドラゴンは AoO でリューマを噛んで自分のアクションでブレスを吐いて自分のターンのフリーアクションで放り出してるので、その後は AoO が復活してると思うんですが、なんか端折ってるかなぁ? 書かれてないけど投げ捨てで受動移動になったリューマに一発 AoO で追い討ち入れてたとかか? なんか読み間違いってこともあるかもですが。
 セレリティのリバウンドをリニューアルパクトでキャンセルってのはちょっと盲点でした。かの伝説的なミストラのクレリックがわざわざスペルフィラクタリーからパナシーアしてた(リンク先は A Paladin in Hell のネタバレです)印象が強すぎてその選択肢に気づいてませんでした。我ながら何を云っているのかわかりませんが。で、その同じトコからなんですが、セレリティ系からタイムストップした場合の幻惑が来るのって、タイムストップが終わって通常の時間流に戻ってからだと思ってたんですが、違ったっけ? まぁこのへんはよくわからんです。
 デスパクトは多くのキャラクターにかかってましたが、CON 2 のコストを誰も恐れてないってのにちょっと感動。あるいは、なんか別の手段で防いでたのかなぁ? 防げるとしても、防いでいいモンかどうかというと疑問な気がしますが。
 デスレスフレンジーを潰すのは、うちのプレイグループではアンチマジックで安定だろうって見解になってます(何故か超常能力なので)が、なるほど、ディスインテグレイトってテがあったか。
 あとまぁ、ヒールがアデプトのリストで 5 レベル呪文になってるってのはけっこう基本だよねー。ヒールとかだと 6 レベル呪文、6 レベル術者のスクロールが存在し得るとか、そういうのはちょっとアレな視点な気がしますが。
 以下はキャラ軸の感想で。
 リューマ:前衛として想像を絶する装甲の薄さ。後衛でも AC 30 は最低限欲しいレベルだろ! と思うのはうちのプレイグループが偏りすぎなだけですが。つーか、この低 AC だとアニイメイテッドシールドはコストパフォーマンス悪くねぇ? と思ったりもしなくもなかったりも。反面、火力前衛としては見事のひとこと。最終回の「新作サプリの校正紙から投入」は笑いました。
 ガンボルト:クレリックが壁前衛をやるというのは正直想像を絶してたんですが、できるもんなんだなぁと感心。つーても立ち回り次第では AC 50 は出せるようにしときたいなぁ、とうちのプレイグループでは思いそうなところではありますが。うちのプレイグループ、べつにそんなにガチガチにパワフルに組むスタイルでもなんでもないのに、AC だけはおかしいな。しかしまぁ、このキャラのキモはなんといってもあの神様通信の素晴らしさでありましょう。カーナビ式ファインドザパスは笑い死にそうだったよ! あと、フュージョン後の説明文から全力でアビゲイル(アンガス・ヤーンの中の人)を連想したのはまぁ普通の感性だと思います。……あれ、あってるよな? あとまぁある種のシーンでは普通に豹頭王を連想。
 ノトス:リミテッドウィッシュに到達したソーサラーはヤベェというのを実感。あと、ディスペルマジック Take 10 って考えてみりゃそうだよな、と納得。ちょい目ウロコでありました。娘竜討伐の一連の流れはべらぼうに熱くてしびれました。オレサマオマエマルカジリ。そして魔法陣グリグリに爆笑。やっぱ最強呪文だなぁ。
 スリンガー:アルヴァンドールの加護の招来に仰天。なんだありゃ。っつーか、その惜しげもないコストのかけっぷりに仰天というべきか。エルフのローグ/ウィザードという可能性は 3 版の最初のルールブックを見た瞬間に考えついて、しかし実践せずにきた構成ですが、見事な仕上がりに感動でした。なるほど、ミラーイメージと身かわしの相性ってそうなんだなぁ、とか、レンジドタッチスペルとスニークの組み合わせ方とか、実戦での数字を見るとやはりしみじみとしびれるものが。ミラーイメージと薙ぎ払い強化の相性にも無常感とかそういう感じでしびれましたが。
 んまぁそんな按配で。
 全編、この上なく DnD らしく、かつ、DnD らしからぬ盛り上がりも満載の素晴らしいシリーズでした。つーかファーガンドがデミプレーンとかいうのも凄すぎる。そしてその問題の解決策も凄すぎる。満喫。

 ……そろそろクレリックもいいかなぁ。まぁ、やるなら是非ともスペルドメイン使いたいわけで、そんなふざけたモノをいったい誰のマスターでなら遠慮なく使えるのかというと……あれですけど……。
 円盤の人はそろそろソーサラーやりたいと云っており、えーとつまり、わたしがクレリックで円盤の人がソーサラー? そーれーはー猛悪な事態が約束されそうなアレなわけであり……誰にもマスターやれとか云えませんヨ……。
 まぁそもそも、現行のキャンペーンすら満足に進められないのに何を云ってるんだってカンジですけどねー。
2008/08/04 (Mon)
080803 * Top * 束縛解除
■ Comment
 いやほんとよかったねぇ、あれは。読み物としてもいいし、システム面もわかるとなお面白い。なんだあのスリンガーの滅茶苦茶さはw

>ドラゴンのAoO
 んー、あれはあの時点では地上戦だったので、放り投げるor自由落下じゃなくて隣接マスに落としたからAoOはでなかった、と思ったのだけども。どうだろう?

>パクト
 あら、リニューアルでのセレリティ認識してなかったのか。ただリニューアルは発動条件が軽い(状態異常いずれかで発動)のにコストが500GPだったので、あんまり好きじゃなかったんだよなぁ。
 デスパクトはリューマだけ、って書いてあった気が? 他の人はストールワートかと。そっちならコスト250GPだし。
 ・・・うちのキャラはデスとストールワートが常時だったんだよなぁw

>AC
 キャラ紹介のACはbuffなし通常時の数値だと思うので、LV15時なら外皮+5で反発+4は足して考えていいかなぁと思いますが。・・・それでも低いけどねw
 なんでうちらはACが高いんだろう?

>うちらキャスター時のマスター
 うはは、そういう評価になってるなぁ。おかしい。
 んまぁきっと周りが思う事は『それぞれがマスターの時に全力運営のキャスターやれ』なのではないだろうかw
2008/08/05(Tue) 22:12 * URL * DISK #4yuftn/A[編集]
>隣接マスに落としたからAoOはでなかった
 ふむ、なるほど、落下はしてないのか。でも、それならそれはそれで「リューマに使ったから AoO ありません」の時点では残ってるような気はするなぁ、ということで。

>リニューアルでのセレリティ認識してなかったのか。
 リニューアルは、単に使う機会がなくて認識してなかっただけですな。つーか、わしの持ってる PC のレベルだとどれもレベル的にもらえる計算にならんw フランチェスカの一番高かった時期でも足らんし、あの頃セレリティなかったしなぁw
 デスパクトがもうひとりかかってたのはフレンジーでございますw うちらのフレンジーは決して CON 低下なんぞ受け入れなかっただろうナーと思うと感慨深いものでw

>なんでうちらはACが高いんだろう?
 なんとかしてクレリックなしのパーティーが成立しうるようにするためです!w

>それぞれがマスターの時に全力運営のキャスターやれ
 ……うん、まぁ、そうなんだろうね、きっと!wwwww
2008/08/06(Wed) 00:21 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *