深度 、急速潜行~
▼ドラクエ BGM のオーケストラ版 7 枚組っつーものがありまして。正式名称は「交響組曲「ドラゴンクエスト」コンプリートCD-BOX」かな?
 ドラクエのサントラはバラバラといくつか買ってはいたわけですが、なんかいろいろとバージョンも多く、また実家にいた頃に買ったものもあったり、ゲーム音源版とセットのものとそうでないものがあったり、いろいろと混乱もあったっつーことで、たまたま発売時期にアマゾンで発見したのを契機にエイヤッと買ってしまったもの。
 これはこれで気に入って聴いてたわけですが、どうしても、町とかフィールドとかダンジョンとか戦闘とか、そのへんの曲に偏って聴いてしまいがちでした。そりゃ、OP 曲ばっか続けて七曲とか、買って最初に聴き比べたときはともかく、その後も何度も聴くようなモンじゃねぇべ。飛行船と海の曲群とか、エンディング集とかも同様(ってか、エンディングは 1~3 までは素晴らしいけど以降は微妙な気が……。5 のあれはまた別の意味で名曲(ゲーム本編中でも流れたよねこれ?)ですが)
 ってことで、思い立って、これ、全曲吸い出して作品別に並べなおしてプレイリスト作ってみました。
 うむ。納得。
 しかし、納得しつつも、コレ、本当にいいんだろうか、と妙な気分も湧いてきたり。
 そりゃちゃんと定価で買って、個人として楽しむ範囲で吸い出して複製して並べなおしてベスト版を焼いたりプレイリストを作ったりするのは購入者の当然の権利であり、オレはひとつにはその権利のためにこそ CD を買っている(その権利がついてこない DVD は相当に気に入った作品でもなかなか買わない。値段の差じゃないんだよー。CCCD も一枚も買ったことないし)わけですが、こうして並べなおしたモノと(ほぼ)同じものが別商品として売られてるコト考えると、ウウウウム、とかそういう気分になることもまた正直なところであったりも。
 いや、そういう商売があかんとか、そういう購入者の行動があかんとか、そういうんじゃなく、な。なんだか妙な気分。
 そして、今さら 7 が遊びたくなってしまったり。
 パーカッションの使い方とかもあって、他作品に比べてかなり独特な感じの曲が揃っており、気になる気になる。話もかなり面白いらしい*とのことでもあるし、今さら中古屋で探してみるってのもアリか? いや、間違って DS でリメイクとかしてくれればそれがベストな気もするんだけどなぁ。

* 「糞糞言われてるけど、シナリオだけで言えば、今までのシリーズの中で一番かもしれん」「FFの場合って「これって悲惨でしょ?」って演出してる意図が見えるんだけど/ドラクエの場合はただただ悲惨なんだよね」「このスレ見てるとDQ7やりたくなるから困る」うひー、気になる気になる。なお、アッテムトについてはさんざん云われてますが、あの怖さはじっさい相当なモノでありました。4 のラスボスは(久美沙織を待つまでもなく)「人間的な」部分のあるキャラクターで、いわば「理解可能」といえるような部分がキャラクターとしての魅力であり、また作品の魅力でもあると思うわけですが、そのぶんというべきか、アッテムトのほうは異質さというか理解不能感が際立って怖かった印象が。
2008/05/17 (Sat)
銃手成長 * Top * 080518
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *