深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Life and Death, and Point of No Return
井上仮さま経由で「HP は何故減るのか」を見てふと思ったこと。いえ、本文部分の感想ではなくて、「自分が銃で撃たれれば1発で死ぬ」ってホントかなぁ? という違和感があったので。
 ま、「自分なら」一発で戦闘不能はカタい気がしますが、リアルワールドで冒険者をやっちゃうような人がそうそう一発で戦闘不能になるとは限らんし、自分だって、平和ボケのメンタルで戦意を維持できるかどうかはともかく、死ぬか、っつーと、死なないことは充分に考えられます。世の中にどんだけ「銃弾喰らった傷跡もってる」人間がいるか考えりゃ、ねぇ。当たり所しだいではもちろん一発ですが、そんなの首ナイフだって同じだし。
 いえ、シャドウランと N◎VA については知らないので、ホントに「このヒトコト」に対する印象なのですが。*
 むしろリアルで問題になるのは、「回復不能だけど当面行動可能なダメージ」つーものは厳然としてあるっつーことだと思います。致命傷喰らったってその戦闘ぐらいは役に立てる、たとえば、最後の力を振り絞って体を起こし、重要な一発を発射して死亡、なんてのは、フィクションじゃあよくあるわけです。ノンフィクションで実際に戦闘ダメージを食らった人間について深く学ぶ機会は、ありがたいことに、ありませんでしたが、事故や病気で、もちっと長いスパン(になるのは、我々が学ぶような事例はだいたい病院までは生きてたどりついてて、そこからの観察になるからでしょうが)で、「次のターン(1 ターンの長さは可変)まで生存する可能性はまず皆無だけど、このターンは問題なく動ける」って事例はいくらでもあります。あるいは、「このターンは五体満足ちょい弱体化ぐらいで動けるけど、治った後は不可逆的にもっと不自由に」なんてのも……えーと、ありそうな。こっちはちょっとあげられる実例なし。
 つい最近、「ひとつの症状(TRPG なら戦闘にいっさい支障が出ない症状)を除いて昨日まで元気(戦闘にペナルティもつかない)だったし、今日も元気だけど、病院に行ったら「ほっといたらもう数日中に確実に死ぬよ」と云われた」って実例を知ってしまってなぁ……。いえ、戦闘ダメージじゃないから直接はつながらないですが、「次のターンに確実に死ぬダメージ食らってるけどこのターンはピンピン」て状態はリアルで充分ありうることですぜ。もちろん、実例を御存知の方、多いと思いますが。
 となっと、ファンタジックさの要はむしろ、「生きてさえいれば回復が可能であること」のほうにあるよなぁ? と思う、医学系のはじっこに生息してるボク。死者の蘇生についてはファンタジックさがわかりやすいですが、「『HP がある間は死なない』という前提よりも、『HP は回復する』という前提のほうが実は現実からは乖離しているんじゃまいか」とか主張すると SAN の残りが疑われそうです。
 銃夢の「心臓が止まっているッ!」まで行くと、ちと度が過ぎて、はぁ!? って気もしてきますけど。
 つーことで、サードの「HP が -10 までは、生きてはいるけど、ほっとくと毎ラウンド HP 減少して死ぬぜ」な処理はなかなかリアル(リアルならいいのかってのはまた別っつーか、「そこだけ」リアルでもなぁってのは別ですが)だとわたしは思うわけですが。まぁ、その間ずっと、HP ゼロと同様に、「半アクション可能だけど、行動したら即座に昏倒して死亡への坂道を転がり落ちはじめる」のほうがドラマティックになりそうか? 10% の確率で自前で安定化するのはまぁヌルいっちゃヌルいかもですが。

* 育つと HP が増えることに対する違和感、という文脈に見えますので、やはりわたしは本筋でないところにひっかかってるのだと思います。しかし、「平和ボケのオレなら戦意を喪失してしまうようなダメージでも、現実に冒険してしまうようなヤツならまだまだイケちゃうかも」という表現として、「経験を積むと HP が増える」ってのはアリなのかも、というような……いやまぁ、HP が具体的に何を示していると考えるべきかという話はあれはあれで泥沼なので、このへんで引き返しときますけど。
 とか書いてて、なんか最近の作品でもそんな話があったな、と思って思い出した。「ぼくらの」とか、ダメージの種別こそ別ですが、それ系かなぁ?
 明日は確実に死ぬ。それまでにどれだけやり切るか、的なセッション、単発ならやれるかなぁ? というか、わたしのやるキャンペーン最終回ノリってのはある種それなのかも。
 てか、「限られた時間をよく生きる」ってひとつの定番なのに、このテのネタってあんましなさそうな? いや、わたしが情報集めてる範囲が狭いからないだけって可能性は高いですが。次のセッションがやれるかどうかわからん、とかそういうリアル側の事情がメタにこれ系のテイストをすでに与えてしまってる(上述の最終回ノリとかもそう)から、ゲーム内でまでやる必要がないとかありそうかなぁ? とか知りもせずに適当にほざいてみる。
 やり方しだいで明日を突破できる可能性も残ってる、となると、むしろやっぱりいくらでもありそうな気がしますが、これも適当。
2008/04/16 (Wed)
無名試行 * Top * 080417
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *