FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼しばらく仕舞いこんであったおもちゃを取り出してダラダラと遊んでます。
 ブツの名前は「RPG ツクール XP」
 ……ってなぁ。我ながらどうかと思わんでもない。何かしら作ってることじたいがそのまんま「娯楽」だっつーのは感性がおかしいと自分でも思いますが。つくづく病んでるな。
 ま、素材とかはいろいろ表に出せない調達の仕方してます。べつにヒトサマに披露するつもりもないし、まかり間違って披露するようなデキになってくるようだったら、内輪に回して、できる人に作製依頼して差し替えるつーことで。もちろん曲は自分で書きたいところ。
 いや、作ることじたいを消費的に楽しんでるだけなんで、どこにも出す気ないけどねー。
 それはどうでもいいんですが。
 なんで今さら XP かつーとだ。VX の体験版触って、まるでしっくりこなかったというか、微妙感がアリアリとアリだったのでなぁ……。なんせ「消費的な娯楽」なわけですから、XP でも一本も完成させてないのはおいといて、よさげなら買っちゃえ、とか思ってたんだけど、やめやめ。
 VX、テキスト戦闘に戻った(2000 も体験版だけどねー)のはいいとして、何故、戦闘進行中にこちらの HP と MP の表示がされてないのか。そりゃ表示されるようにスクリプト書き直しゃ可能でしょうけど、なんつーか、デフォでの選択に入れてよさそうな機能を取っ外してわざわざ不便にしたモノを売るってのはなぁ。なんつーか釈然としねぇのですよ。実際、そういうスクリプト書いてる人がどんだけおるか知らんし、探すの面倒だしな。あと、地形ごとの遭遇確率変動もないよねぇ? たしか 2000 にはあった気がするんだが。なんでわざわざ外すんだろ。デフォで搭載されてれば、「すべての地形の遭遇確率を均一化する」作業をデータベース上で行うだけで「ないのと同様の状態」にできるのに、搭載されてないとツール上の GUI ベース作業ですませられず、スクリプト書かなきゃならないわけじゃん。あるほうが便利なのに。(といいつつも、自分は XP では自前で「スクリプトではなくイベントで」地形による遭遇確率変動を作ったりしてました。地形タグ駆使で。VX はどうやら地形タグもなさそうなんで、これもできない、あるいは手間かかるっぽい)
 んまぁ、実際、戦闘進行中にこちらの HP と MP とステータスが表示されてる必要を感じるのが少数派ってことなのかもですが。でも、ドラクエの工夫淡々さまにて発見)を見るまでもなく、ウィザードリィの時代から普通にあったわけじゃん、コマンド入力後、戦闘が進行してる間に自キャラの残 HP が表示されてる機能って。ファミコンですら表示できたことが、最新作で表示できなくて、かわりにどんだけ強力な演出が入るかと思えば、臨場感どころか「単に状況把握しとくだけでも集中力が必要」ってなぁ。どうかとオレは思うんだけどなぁ。ドラクエじゃ、「自キャラの HP がちゃくちゃくと減っていって、死にかけると赤くなる!」というのが、ユーザーが操作できない戦闘進行中であってもリアルタイムに表示されてることに演出上の大きな意味があると考えて「工夫」したぐらい、重要なことだべ?
 XP は、自キャラのほうのバトラーグラフィック(と、ものによってはアニメーションもかも)を用意しなきゃならんというデカいハードルはあるにせよ、そこによいものが用意(発見)できれば、デフォのままでなかなかイイ描写ができるつくりになってたのになぁ。2000 の時点ではいろいろスペック的な制限があったんだろうと思っておくにせよ、XP より後の作品で「後退」というのは残念なことです。
 ファミコンでできたことだぜ。ファミコンでやるのは苦労だったのかもしれんけど、今のマシンでやるなら簡単なことだっただろうに。
 簡単なことならユーザー側で用意しても簡単ちゃ簡単なんでしょうが、どうせならツール製作者のほうで準備しとくほうが簡単じゃん。
 なんでわざわざ削るんだろ。
 ……まぁ、「作るコト」を楽しんで満足してしまうようなオレみたいな狂ったユーザーではなく「完成品を作る道具」として本気で使う人を対象にしてるんだから違うんだ、デフォで用意されてるモンなんか最低限でいいんだ、と仰るかもしれませんがね。それだったら自分で一、あるいはそれに近いところから組んだほうが簡単そうな気もする(アクティブベーシックで偽ウィザードリィ作って遊んでた程度のレベルで云いますけど!)し、おもちゃとして遊びやすくしてくれたほうがよかったんじゃないかなぁ。
 と、とりあえず VX をけなすだけけなしておく。体験版の RTP を引っ張り出して XP に使ったらマズいですかね。いや、それはマズいだろ、狭い範囲であれ、世に出す気(ないけどね)なら。じゃあ、VX 製品版買ってそれやったとしたらどうなのかなぁ?
 しかし、XP の素敵スクリプト素材満載だった Xiderowg's Multi Space さまがツクール活動縮小してしまってらっしゃるのは痛恨であります。
 同じコトできるのを探そうと思ってもどこにもないしな。たぶん、「あそこにあるから作らんでええじゃろ」てな空気があって誰も作らなかったんだろうなぁと憶測。あくまで憶測。
 で、なんか使いやすそうなのないかニャーと思ってて流れ着いこちら
 まぁ、「そんなん呼吸するようにやってるだろ」てな技も多いですが、そのくらい単純なので、「なるほどそういうテがあったか」ってな小技とかは流用がしやすくて便利です。つーか、「こんなん誰でも呼吸するようにやってるよなぁ」ってな小技であっても、まとめて置いておけば、とんだ盲点で気づかなかった手法なんかに気づくチャンスになったりするという意味で実はかなり有意義なのかなぁと思った次第。バトルイベントの 0 ターンで武装判定して、武器装備がないアクターに強制的にダミー武器「素手攻撃」をつけ、戦闘終了後に即座にひっぺがしておく、なんていう「素手戦闘対応」手段、云われてみりゃ誰でも呼吸するように考えつきそうなコトですが、気づけなかったオレでした。てか、たいていの人はスクリプト書いてるトコだよなコレ。どっちが気楽に投入できるかは考え方によって意見が分かれるところでしょうが、複数の方が書かれたスクリプトを拾い集めて投入みたいな使い方する以上、スクリプトいじるのは最小限にしておいたほうが、競合的な問題の可能性を低められるので、イベントで対応できることはイベントにしてしまったほうがいいかなぁと。
 現在は、武器限定スキル(剣系統装備時のみ使用可とか)をイベントでカリカリ作成中。ひたすら作業で、あと配列変数がイベントから触れない(よね?)ので手間かかりますが、なに、コモンイベント一発作ってしまえば終わりだし。
 その他、今狙ってるスクリプトのある場所メモなど。Code Crushさま。地形別戦闘背景が惹かれるところ。地域別エンカウントは……イベントで書いたほうが気楽っぽいかも? 鳶の隠れ家さま。デバグ強化が便利そう。
2008/03/26 (Wed)
080325 * Top * Tight Story
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *