深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼グインサーガ 119 巻読了。
 唖然。
 ……それはないと思うな……。
 いや、思うんだけど、うーん……。それはそれでアリっちゃアリだとは思うんだけど、うーん……。
 まぁ、この件読んで、最初に誰のコトを思い出したかに読者の好みがはっきり反映されそうな気がしますが、オレはやっぱりエピック HFO でありましたとも。スーティとかすっかり忘れてたぜ実際。
 まぁ最後のアレがあまりに強烈でしたが、えーと、がんばって印象を発掘すると……。
 マリウスは気負いすぎだ。もっとテキトーでいいっしょ。あんた、あのタイスからすらその恐るべきディプロで脱出してのけたんだから、あの時期程度にはパロでもしばらくおとなしくしてりゃいいだろ、と普通に思うアナーキストなボク。
 ケイロニア軍団はまともすぎてつまんないぐらい。というか正直つまんない連中だ、と今回の段階では感じた次第。まぁ、その中にあの猛悪ツンデレヤンデレ皇女*がいることでバランス取れてるっちゅー話もあるのやらないのやら。どっちも、もう少しだけニュートラルなほうに軸をずらしてくれると、総体としてはとても居心地よさそうな国になりそうなんですがねぇ。
 今回はヨナは全般にウザい。何でかわからんけど、これはまぁ印象で。
 リンダの「でも、そうよ! 私、どうして忘れていたのかしら! こんな、こんな重大なことを!」は衝撃だった。なぜなら! オレもすっきりきっぱり忘れてました! ゲラハハハ。
 ……しかしまぁ、なんですな。本編最後にあれだけの衝撃があった上で、さらなる衝撃が後書きに。こればっかりはもう、ネタバレがどうのという次元じゃないのでストレートに行くぜ。
 快癒を祈ります。
 頼むぜマジで。

*云うまでもないでしょうが、この御仁が登場し猛威を振るった当初、ツンデレだのヤンデレだのという言葉は存在しませんでしたとも。今にしてみればまさにツンデレヤンデレだと思うのだが。さらに NTR 系? しかしなぁ……こいつも、当初から「(グインやディモスやマリウスとではなく、もっとマシな男と)幸せになってほしいなぁ」と思ってたキャラなんですが、どうにもこうにも。ユリウス君あたりがほだされちゃって幸せにしてあげるといいんじゃないかなと思ったりっつーかユリウス君も好きなキャラですが、ユリウス君のほうはべつに幸せになる必要はないと思うよ! つーか幸せとか不幸とか、たとえそういう感情があるんだとしても、その不定形の体と心の奥にぐっとしまって表面はヘラヘラヌラヌラクネクネと元気に悪事を繰り返していただきたいものであります。で、最後のほうで、マリウスとかに「おい、何を我慢してる! お前は今、泣いていい。……泣いて、いいんだ……」とか云われて号泣。なんか連想が妙な方向に突っ走ったな。

▼新作キャンペーンの準備をちゃくちゃくと。
 いや、やっぱつれぇな、コンピュータゲーム一本作るような作業は。というか、そのうちのせいぜい全体の構成ぐらいしか(現時点では)作らないですむんですけどねぇ。
 まぁ実際プレイヤーがどんな順番で動くかが想像つかないってのは、「いきなりロンダルキアに突入して全滅してしまう」という不安よりも、「あとあとになって行きそびれていた序盤の余裕なダンジョンとかを処理することになって手ごたえなくてつまんなく」という不安のほうが大きいですな。てか、そもそも、どの程度が本当に手応えあってよろしくなるのかが、今のように毎月新作サプリが出て、全部許可とかそういうレギュにしてると想像もつかねぇ。
 新鮮で結構なことだぜ。
 とりあえずはワイルダネスのランダムエンカウンター表作るのでかなりいっぱいいっぱいになってきてます。
 楽しいぜ、まったく。
 いや、本心から。
 時間は足りねぇけどな!
2008/02/17 (Sun)
080215 * Top * 剣士再動
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。