深度 、急速潜行~
▼つーことで。
ぺかーん
 ご列席くださいました皆様、ありがとうございました。
 会話入力してて SS 撮り損ねたマヌケなわたくしに SS を御提供くださいました杜甫歩先生にも厚く感謝でございます。さらに SS の細工にご協力いただきましたティの人にも大感謝。SS がどことなく不自然な場合、それは細工のせいでございます。
 時間合わず、ご一緒できませんでした MATT 選手とパーシ先生には正直スマンカッタ。ちと最後の 50% ほどの追い込みが急激すぎて告知がギリギリになっちまいますた……。
 発光自体は、かなりのとこまで詰めて調整してたおかげであっさりでした。その後は枝祭りとなりましたが、大物かつなんとか処理可能なガイル登場というなかなか絶妙な結果に。いちばんビビったのは慰める者でしたが、なんか GX で自爆してくれた?
 その後、ちょうど 5 人いたので、棚の行けるトコまで行ってみまして、ハンタのぺっちーの矢が尽きるまで狩ってみたり。ティの人がハイプリ出してくれたのでさすがに安定でした。
 で、当面は杜甫歩の人と UFO 君のアサシン(と、どうも現在の流れだと杜甫歩の人の WIZ かな)が発光てか転生するまでは発光のまま放置される予定です。支援がひとりで転生してもしょうがないしねー。
 まぁ、転生後の JOB 稼ぎのためにじわじわとレースぐらいはやってるかもですが、狩りは非公平支援とかについてく方向性で。
 そしてさっくりとサブ垢のほう支払ってみたりも。支援対象のレベルなど考えて、こっちの ME で支援に出たり、あるいは剣士で狩ったりしてるんじゃないかと思われます。
 ていうか、しばらくは仕事と DnD のシナリオ書きでかなり手一杯になりそうなので、誘われたら動く系でほったらかし気味かも?
おまけ。光っても凍るぜ!
2008/02/11 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *