深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Take My Reservation
「この本をつくった奴は自分でためしてみたんですかね」
                         ―平民出の参謀殿

 おかしいなぁ……どうしちゃったのかな。
 がんばってるのわかるけど、魔道師大全は DnD なんだよ?
 最初のほうのサプリだけ無難で、後半出る本で無茶するなら、これまでの本の意味、ないじゃない。ちゃんと、DnD らしくやろうよ。
 ねぇ、わたしの云ってること、わたしのプレイスタイル、そんなに間違ってる?
 少し、頭冷やそうか……。
 ってまぁ、思わず勢いでアホなコト書いてしまいましたが、まぁ、壊れてるよなぁリザーブ、いろいろと……。
 よく読むとそこまでべらぼうにバランスブレイカーってわけでもないとは思います。防御系は結局、これまでにある手段でもなんとかなるモノだったりして、フィートひとつ埋めるほどのものかっつーと、けっこういいバランスなのかもなぁ、とも思えますし、攻撃系は、効果距離がさほど長くなく、またさほど長くならず、防御の薄いキャスターが接近するというリスクと比較すると、トレードオフ的な部分もあるっちゃあるのか、とも、まぁ、思わなくも、ないですが……。
 呪文抵抗自動貫通はすげぇ。ドルイドで欲しい。つーか、どこにも「秘術」って書いてねぇよなこれ。ドルイドならそこそこ近づく覚悟もできるので、5th にコールライトニングストーム仕込んであとはリザーブの電撃で SR 抜けば高 SR 持ち相手にも「何もできないってことはない」ぐらいまではいけそうですし。つーか、手には電気に変換したフレイムブレードを持ち、電撃でビシビシ攻撃って、それ何てサイキックフォースだよってなモンですが。
 ただまぁ、最悪なのは、ほぼすべての攻撃系に、相手に ST を振らせる効果が搭載されていることです。
 うん、敵クリーチャーに対する嫌がらせならいいさ。
 マスターに対する嫌がらせはどうかと思うなぁ……。
 リソース消耗しない手段でセーブを振らされまくるのって、けっこうマスターにとってはストレスだと思うんだけどなぁ。
 いっそ、「リザーブに対する ST はすべて自動成功」とかそういうハウス解決手段を選択したほうがいいのかも、とか思っちまいますよ。
 てか、呪文は面白そうなのが散見される(ドルイドなのでハート系はとても惹かれる)ので、この要素によってこの本が禁止される、みたいな事態はもったいないよなぁとも思うわけで。
 リザーブ禁止で導入とかでどうでしょうかね、808 のマスターどの。
 そして、代替クレリック取らせてもらえるなら、ELG新約でクレリックシングルやりますよ? とかそんな暴言も口走ってみる方向性で。

 上のアホテキストはこちらを参照しました。
2008/01/31 (Thu)
Lyre Lyre ! * Top * 080201
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *