深度 、急速潜行~
▼二十四階突入。
 というか、この連休は TRPG 日以外は寝てるか家事してるかメシ食ってるか世界樹やってるかだった(ってまぁ、寝てる時間が一番長くて、次いで家事時間だったんだけどさ)わけで、さすがに廃人ちっくなプレイ時間であり、そんだけやってりゃ進むわってなモンですが。
 とにかく終わらせんとサントラに手が出せないのでがんばって進め中。ひどい動機だ。
 というか、二十一階突入でフイタ。ネタバレ回避のため黙っておきますが、あれはびびるわ。
 二十階のボス戦はこれまででいちばんの苦戦でした。ってまぁ、倒せた範囲での苦戦、であり、倒せなかったことも過去に二度ほどありますが。一度目は戦闘中にカマキリに予定外の乱入を喰らったとき、二度目はカマキリ戦闘中にもう一匹に乱入喰らったとき。
 これはネタバレになるのかならんのかわかりませんが、なんかボスと二度戦うハメになったんだよなぁ。最後まで黒 FOE とは戦わないほうが安全なのか? しかし、二度戦ったおかげで二度分のドロップを手に入れられたのはまぁリターンも悪くなかったといえるのかも。
 で、なんで二度戦ったことを強調するかっつーと、二度とも、死者がいる状態での勝利になったからであり……。
 ひでぇアリサマだ。
 まぁなんつうーか、二十階は非常に後味の悪い展開でございました……。
 戦闘は、ようやく多彩な攻撃をしてくる敵が増えてきて、楽しくも苦しくもなってきた印象。とくに催眠攻撃が怖すぎ。つーかなんであんなに高確率で全員眠る勢いになるのか。毒とかテラーとか混乱とかはあんなにビシバシ入ることはないというのに……。
 構成によっては、持てる火力を最大限で投入しても確実に全員に近い勢いで眠らされるため、ひっじょーに苦しいです。まぁ、殴り火力をまったく強化してないのが原因なんだけどねー。そろそろ武装も高くなってきてるので、ハンパな武装をちまちま買い換えるのが不安なので……。アーチドロワーを買ってしまっていいものかどうかおおいに悩むわけですよ……。せめてソードにフランベルジェ、パラにバッソぐらいは持たせるべきなのか……。
 これにくらべれば、位置取りを誤って突入してしまった FOE 続々参戦で 4 連戦とか誤差だぜ誤差。
 構成は以下のような按配になっております。
 パラディン:大量のスキルポイント余らせ中。FOE が近いときの探索(ザコ戦闘開始して FOE 乱入は怖い)でトヘロス、FOE 戦や特殊攻撃のわかってる敵相手の場合に属性防御や前後ガードを駆使し、なくてはならない存在となってるものの、じゃあどれかをさらに強化するかというと悩ましいところ。多用するからこそ消費 TP が増えるのはきついんだよなぁ。
 ソード:ダブルアタック上げ切りは大スカだった……。全然出ねぇよ!! TP や ATK のブーストなどパシブを中心に上げ、ここぞという場面ではレイジングエッジや術追撃剣技を、ザコ戦で強敵確殺をする場面ではトーネードやハヤブサをいずれも低レベルで駆使して主火力として活躍中。これも多用するからこそ消費 TP を上げたくないジレンマが苦しいところ。
 レンジャー:先制強化と敵先制阻止はフルに投入。パワーショットは……まぁ、あっても悪くないかなぁ程度。ダブルストレイフィングは完全なスカ。せめて、バラ撃ちになるか単体集中になるかぐらいは確定しろ……。サジタリウスは現在最も活用されてるスキル。ただ、呪いかかったところに降ってきて即死したのは笑うしかなかった。地面をざくざくと掘る系はすべて 2 ランクにしてあるけど、とくに理由はなし。まぁ、あんまたくさん取っても荷物が埋まるしなぁ。
 メディ:戦闘後自動回復を全開。これに振りすぎるのもどうかと思ったけど、現場は滞在時間の向上に大きく寄与してる印象。キュアとキュア 2 は最低限止め、キュア 3 は全開。全開するとキュア 2 より安くなるというメンヘル。ただ、発動は結局話にならないほど遅い印象。リフレッシュ全開、リザとリカバリは低ランク。現在はベホマラー上げ中。
 ケミ:純氷雷を目指してみたけど、さすがに火属性がないのもどうか、というのと、スキルポイントが余ったことで火も取得。火と氷は弱いほうと全体攻撃を最低ランクで取るだけ取って、あとは追撃剣技のトリガーにする方向性で運用中。雷は強い方の単体をフルに上げて、属性相性をある程度無視してもここぞという場面では火力として運用中。他は帰還を 1 ランク、千里眼を 1 ランク。千里眼はいらなかったな……。TP リカバーは全開で取得したけど、そこまで TP が息切れするキャラでもないのでまぁ、これは気分の問題かなぁ?
 そのうち再構築も必要かなぁ……と思いつつ、最高レベルはいくつなのだろうという疑問も抱いたまま探索中。
 二十階まではやたらと迷宮内の特殊な移動効果が多かったけど、二十一階以降は素直に地図書きが楽しい構造になってることも喜ばしいです。が、広さにめげそうになるぜ……。ハンパねぇ広さだ……。
2008/01/14 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *