深度 、急速潜行~
▼で、実はこれ遊び始めて少ししたときに、コレ系のキャンペーンを一発考えたことがありました。
 単に街の地下に大ダンジョンがあって、そこをひたすら深く深く! ってのは、最初のキャンペーンの半分ぐらいをそれでやってたわけで、べつに新しいネタでもないんですが、より深く進むごとに町が拡充して GP Limit が上がっていろいろ買ったり作ったりできるようになる、とかそういう系を考えたり。
 ま、今さらひたすら深く深くダンジョンハックするとかそういうブツがそもそもあまりに新味なさすぎだろう、と思って放棄しましたが、新システムやるとしたらこれもアリかなぁ?
 なお、当初云ってた「ローパワー」ってのは、何らかの理由で孤立してしまった狭いワールドからスタートで、各地でイベントこなすと、世界が広がると同時に「使える本が増えていく」というひどいネタを考えてたりしました。ネトゲの世界がパッチで広がってやれるコトも増えたりするのと同じノリ。てゆかマビノギのテイストを考えてたという説が。こっちはまぁ、とりあえずオクラだな。

▼十四階探索中。
 レベルが上がる→TP リソースが増える→TP 払底で帰還の必要性が減る→一度の出撃で描けるマップの範囲が広がる、という正のフィードバックが作用して、地図はバリバリ広がっております。最近は収集品があふれたら撤収という方向性になりつつあったり。
 ……というか、各地の宝箱で消耗品が出すぎなのがどうにかならんものか。あれで所持品があふれるんだよにゃー。といって、捨てたり売ったりするのもなんか惜しい気がする貧乏性なボク。
 しかし、さすがに少々戦闘が単調になってきた印象があったりもします。結局、ワンアクションで動く数字が大きくなってるだけで、やってるコトが大差なくなってきてるような……。さすがに FOE はそうそう単調ともいってられないですが、最初にカマキリと対峙したときのような緊迫感はめったになく、FOE といえども事実上「狩る」対象だしなぁ。
 阻止可能な特殊行動が飛んでくる敵が少ないせいなんでしょう。が、スキル抑止系のスキルを持ってるクラスが入ってないので、阻止(パラディンスキル)と状態異常除去(メディスキル)で対応できない種類の特殊行動は単に対応不可能だったり、使われる前に殺しておくしかなかったりになりがちなわけで。
 現状一番怖いのは、戦闘中に FOE が追加でやってくることで、それ系で何度か死者が出たりもしてるんですが、一度死んでもその戦闘が終わるまでにまず安定して起こせるようになってきたというのもヌル感に寄与してるのかも。
 さて、今後どうなるか。
 ただのダンジョンハックかと思ってたら、少しずつなんだか裏側にありそうなアレやコレの片鱗も見えはじめており、そっちには興味津々でございます。
 ……しかしなんだな、休止中のウィザードリィシナリオエディタをまたいじりたくなってくるよなぁ、こういうの遊んでると……。

▼「九十九眠る しずめ」新章 II 巻読了
 あいかわらずフェノール砲が冴え渡ってるのはいいとして、我らが北里柴三郎先生が出てこないのが寂しいところでございます。期待してるのはたぶんオレくらいのモンだけど。
 白虎隊の話はなかなか響く話でした。後半は……個人的には、ちと、本来は好みじゃないネタですが、ダラダラ追跡の方向性で。
2008/01/10 (Thu)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *