FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]190227 ~故郷、メンゾベランザン~
▼R. A. サルバトーレ「ダークエルフ物語」第 1 巻「故郷、メンゾベランザン」読了。電書で。というか電書の合本版で。
 今さら云うまでもアレという感じですが、オレはそれなりにドロウ大好きっ子ではありまして、TRPG 関連の Blog カテゴリ名に「Life as A Half Drow」とかつける程度には思い入れております。が、おそらくドロウ社会の描写という意味で基本オヴ基本と思われるこれは実のところ初読でした。
 文庫で読みたかったんじゃよー。本の安い高いじゃなくて、置き場をどんだけ取るかという意味で、あるいは、持ち運びの負担がどうか(基本読書は出先、とくに仕事帰りという習慣なので)という意味で、でかい本は敬遠しちゃうんじゃよー。
 てことで、紙で再版されたとしても文庫サイズでなければ手は出さなかったでしょうが、電書ってことでようやく現実的になって、値段はそりゃあまとめ買いだから支払い金額は高いですが、そんなことはもともと主要な問題ではないわけであり、速攻確保、読み始めたらあとは速かった、ぜ。
 正直なところ、初読ではアイスウィンド・サーガは当時そこまで感銘受けなかったんですが、大満足でございました。ま、予想とはけっこう違う味わいではありましたけど。
 以下一応ネタバレは水面下に。古典と云ってすらよさそうな程度には初出から時間たってるものではあるけどねー。
 で、それはそれとして!
 この 1 巻で最も邪悪な登場人物は! 「安田均」だーっ! 断じて!
 いやあとがきにひどいネタバレがありまして……。そんな云わんでもいいことわざわざ云わんでよ……まさに云わんでもいいことわざわざ云って相手を抉ろうとするドロウのごとき発言でございました……。
水面下
スポンサーサイト
2019/02/27 (Wed)
[Life as a Half Drow]TOMB of ANNIHILATION #4 The Jug of Eternal Mayonnaise
▼「魂を喰らう墓」は第 4 回に突入!。
 今回は、ある意味ようやくという感じの、「秘境モノらしいダンジョンアタック」回となりました。
 以下、プレイメモは水面下。
 なお、とくにネタバレをする予定はないですが、うちのプレイグループが実際に遭遇したことについては、箇条書きレベルでは書いていくので、未プレイでプレイ予定の方にはネタバレとして機能しうる記述が少なからずあるであろうことはご了承ください。
 というか今回はふだんよりも、細かく見たらわかっちゃう度は高いかも! でもまぁ、騒ぐほどでもないか……。
2019/02/17 (Sun)
[日々のいとまに]190206 夕立完全体への道
▼ちまちま育てていた予備海防艦が改レベルになりまして。
 夕立の仕上げへの 2 度目のトライを敢行! ええと、以前に 1 度はすでに敗退(たしか対潜が上がった)しておりまして!
 結果は水面下!
2019/02/06 (Wed)
[須賀鎮航海日誌]190205 銀河 1 個獲得。
▼節分イベント、まぁ安定な部分をとりあえず踏破、うちんとこじゃ最初の 1 部隊となる銀河を獲得! うむ、銀河が報酬だったとき、難易度落としてたんだよなー。
 なお、5-4 については問題なく処理れたものの、5-5 はちょっと……時間的に……あとイベント明けという厳しい時期にこれ頑張るの……? というのがあって放棄することに。っつーか、初週を諦めた以上、残り 2 セットやっても陸攻もう 1 部隊には届かないことが判明してしまったので……。
 まぁ、戦果は充分でござる。
2019/02/05 (Tue)
[日々のいとまに]190204 ~ワルキューレの栄光~
▼そして、冨士宏「ワルキューレの栄光」1 ~ 2 巻読了。電書で。
 うむ、満喫。こっちは 1 冊も入手できてなかったし。
 やっぱさー、あんだけ大量に神族がいる中での若神となると、それこそ神話級 PC ぐらいな感じかなぁとなるじゃないですか。となると、やっぱりああいうロールプレイしたくなるじゃないですか。
「その勇気だけを連れて行こう」
 か、かっこよすぎる……。インスピレーションだって降ってくるわ。
 ……まぁ、実際のゲームを思い出すとな……「そんな強くねぇー俺が操ると!」ってなるのがアレですが!
2019/02/04 (Mon)
[日々のいとまに]190203 ~ワルキューレの降誕~
▼冨士宏「ワルキューレの降誕」1 ~ 2 巻読了。電書で。
 2 巻はねー、紙のが出たときに、巡り合わせがよくて入手してたのですが、それから残りを手に入れるまでが、まぁ……長かった……!
 そして改めてしみじみと、ワルキューレのキャラクターの完璧さに感じ入ったりなど。絵的にももちろんなんですが、神話級で秩序(寄り)で善の戦士やるならこうありたい的な、とか、そんな感じの立ち回りのデザインというか、そういうところが。
 当然栄光も即決で買うぜ買うぜー。
2019/02/03 (Sun)
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。