FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]180628 ~The South End of The World~
▼「宇宙よりも遠い場所」視聴。amazon prime で。もすぬごい滑り込みでございました……。
 いやまーねー、オレ絶対好きだよなーこれとは思ってましたとも。南半球高緯度とか好きだから! まぁ、南極大陸よりは北ぐらいのほうがより本命ではありますが。
 なので、prime に入ったとわかってすぐぐらいに速攻観始めはしたんです。
 そして放置ってました……。
 いやさぁ、話が南極に向かって動き出したら絶対好きだってのはわかってたわけですよ。問題は、そこまでが遠くてな……。
 prime から(まぁいつか戻る気もしますが)消える、とわかって、ンゴー、間に合わせねばー、と気合入れて観始めてからも、最初の 3 話のだるいことだるいこと……。そして 4 話からの止まらないこと止まらないこと! いやわかってるんだよ、ちゃんとシリーズ構成やる時代の、そこを貶されてない作品の、序盤のだるい話数にはそれはそれでちゃんと重要な意味があるんだってことは! 最初っからわかってたし、やっぱり意味があったって証明されたけど、わかってても! だるいんじゃー! と! 君は!
 実際動き出してしまえばそのあとでなら、たとえば 5 話とかみたいに、改めて停滞してみても、ちゃんと熱い(つうか 5 話はかなり最強エピソードなのでは)わけで、はぁ……。といって、ほかの構成のしようがあったとも思えんしなぁ……。
 って感じで強敵でした。
 一気に流れていくためには、溜まった水が淀む時間が必要だったのはわかる、わかるけど……疲れた……。
 まぁ後半についても、期待したほどには南極が主役ではなかったですが、トータルで不満はねぇのでよしです。つうかキャラ軸の物語の筋立てもちゃんと満足だったので許す。とりあえず 8 話以降は円盤欲しい程度に気に入ったー。
 ってことで!
 いやまぁ、もっといろいろ思うところを書きたいところではありますが! prime 対象が終わってしまうので……見直せないのじゃよー……。
 いずれまた戻ってきたらところどころ気になってたところとか見る方向性で。
水面下
スポンサーサイト
2018/06/28 (Thu)
[Life as a Half Drow]Upto The Space!
▼BOSS 選手の「スペオペヒーローズ」第 2 回セッションに出撃!
 前回の続きということで、今回もルールブック同梱シナリオなので詳細は深入りしませんが、まぁ、ひとことだけ。
「ようやく宇宙か!」
 いや、予想よりずいぶん惑星表面上が長くてなー。さらに、対人情報収集系の場面や生身戦闘が多くて……いやもっと宇宙戦重視かと思ってたよ! ということはつまりもっと宇宙戦重視でキャラメイクもしてるわけで、えんえんと得意ではないことをやらされた感はなくもなかったわけなのですが、じゃあいざ宇宙戦じゃー、となってみると、それはそれでアクションが足りなくてストレスだったりもしなくもなかったり。というか、このルールだと、大きめの艦は「足を止めて砲台になる」以外の戦術が存在しない、ような……? どっか計算間違いか読み間違いがあるんかねぇ?
 自分のプレイについては、セーフガードあがり(または崩れ)な裏設定をまんま表に出す場面がまさか 2 回目にして到来するとは思わなかったぜ! 的なアレで。
2018/06/17 (Sun)
[日々のいとまに]180613 ~Dimension W 14巻~
▼岩原裕二「Dimension W」14 巻読了。
 紙で買い続けてる数少ないシリーズのひとつでして、えー、リアル本屋に行く機会が激減してる現状、「あれこれ何巻まで持ってたっけ?」となって買い遅れる、という事態がたびたび発生しましてな……。今さらって感じのタイミングで読了なわけですが。
 いやまぁしかし参ったぜ。オレ的には、このシリーズは当初っからエリーちゃん萌えがひとつの軸だったわけですが、何年越しだよ、って感じでここへ来て答えが出てしまいましてな……。
 そうか、こいつ、「空に焦がれる」型キャラだったわけだ。
 そりゃガー不なわけだよ、オレ的に!
 今次エピソードではどうやらかなり中心的役割ってことになりそうなので、引き続き続きを楽しみにしてくぜ!
2018/06/13 (Wed)
[Life as a Half Drow]New Space World!
▼BOSS 選手が突如としてスペオペ熱に罹患、じゃねぇ、目覚め、なんかスペオペな TRPG やるぞ! とぶち上げられまして。
 ほほう、最近は新作に手を出すとかあんましなかったし、面白いんじゃね? と乗ってみたセッションが発動、参加してきました。
 モノは「スペオペヒーローズ」……って前千年紀のルールかよ! まぁ、普通にクトゥルフだのクラシック DnD だのが現役なフィールドなんだしべつに問題はないけどさ! 新作に手を出しました、って云い方はちょっと云いづらい? ような?
 シナリオはルールブック記載のものをまんま使用ということで内容についてはとりあえず除外で。
 システム的には、ミクロからドマクロまでひとつのモノサシで処理しちまうぜー、という気合が素晴らしいぜ、と感服した次第です。あとネガティブヒーローポイントなー。あれ、ありだな、とわたしは思ったわけですが、二次会の飲み会ではけっこうネガティブな意見が多く、ほほう、とちょっと意外というか新鮮に思ったり。まぁ、自分がマスターのときに欲しい道具かと云われると要りませんが、プレイヤーとしては、「それをやられると筋が壊れるのでやめてくれ」を云われる云われ方としては納得しやすい道具なんじゃないかなー、と感じた次第です。
 どうやら、この道具を最初に搭載したのがこのルールらしい(wikipedia によると)んですが、えーと、時期で云ったら四半世紀前? そんな道具に今更喧々諤々ってのもどうか! という感じでもあるので、ここでは深入りはしないでおくぜー。
 マイ PC は「乾沙南(イヌイ・サナ)」、女性型の全身義体、もともとの性別不明、とかそんなアレでやっときました。まぁ前身はセーフガードかなんかなので適当の方向性で。
2018/06/03 (Sun)
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。