FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]180403 ~スカラムーシュ・ムーン~
▼海堂尊「スカラムーシュ・ムーン」読了。
 うむ、面白かったです。満足。
 というのはまぁ総評としては、ではあるのですがー。
 さすがにそろそろ、追い切れなくなってきてるなぁ、というのも否めないところではあったりも。
 病院等が舞台の、単発ミステリーとしてしっかり始まって終わるタイプの話の背景としては、日本全体の医療を云々、医療という切り口から日本全体を云々、という風呂敷はなかなか燃える要素でもあり、奥行を感じさせる興味深い伏流であると感じるんですが、その部分をいざ画面の中央に持ってきてがっつり語るぜーという話になると、その……えーと、こいつどっち側だっけ? この事件ってトータルの結末はもちろん読んだから覚えてるにしても、どの陣営がどのように勝利し、あるいは勝利しなかった側が何を失い、あるいは勝利しなかったにしても得るものはあったり、してたんだっけ? というのがだんだん、こう、把握しきれなくなってくるというか……。
 シリーズの冊数じたいも多いし、ナンバリングがされてるわけじゃないので、たとえば読み返そうと思ったとしてもどれをどう読めばいいんだっけ、とかがもうわからんし……いやまぁ、ナンバリング等されてるわけじゃないこともあって、自室のどこにどの巻がどう仕舞ってあるか、投げだしてあるか、どのへんの地層にあるか、等も全然把握できてないので無理っちゃ無理なんだけどさー。
 そういう感じで、けっこう辛かった、というのも正直なところではあったのでした。
 というような辛さはあっても、加賀の養鶏チームのエピソードじたいがちゃんと起承転結して始まって進んで終わって、となったので、その部分はしっかりよかったぜぇー、ということで、面白かったし満足、という総評ということで。
 うーん……ちゃんと追えれば面白い話なはずではあるので、ちゃんと洗い直してみたいという気持ちがないわけじゃないんだけどねぇ。うーん……。
2018/04/03 (Tue)
* Top *