深度 、急速潜行~
▼仕事が戦場で 1 回休み。
 というか、戦後処理というか……。普通に月末処理というか……。
 あるいは年度末処理というか……。
 これが「繁忙期」ってことか……労働時間を考えるうえでの……。
2017/03/31 (Fri)
▼休日出勤でゲッソリングなど。
 いやまぁ、平日ではありますが。
 平日休の予定だったんだよ! ぐぬぬ……。
2017/03/30 (Thu)
▼仕事が戦場で 1 回休み。
 想定していたとはいえなぁ……。まぁ、昨日がマシだった分、多少の追加コストで踏破できてはいますが、相変わらずギリギリじゃぜい。
2017/03/29 (Wed)
▼ずっと待っていた仕事上の報がようやく到来。
 いや、来ることはわかってたので、問題はそれがいつか、だったわけですが、なんとか、間に合うタイミングで。
 まったく、ヒヤヒヤさせやがるぜ……。
 まぁ、それで何が楽になるわけでもなく! 過酷な月末月初に突入していくわけですが!
 ヤレヤレダゼー。
2017/03/28 (Tue)
▼てことで、六号機が起動したので記録など。主に自分用に。
 DOS/V 自作初号機以来、つい最近まで自作自作で続けてきましたが、ついに念願の既製 PC だぜ!
 ……な、何を云っているのかわからねーと思うが……! ずいぶん前から、「もう今どきは既製品でも性能的にも値段的にも自作にそんな遜色ない」って云われてきて。そのたびに、「よし、今度こそ既製品を買うぞ!」と心に刻んで店行って、既製品のあまりの論外感に打ちのめされて、心折れて自作で組んできたのです。
 今回はまぁ、これまでの比じゃなく最近のマシンの性能や値段の相場感がない状態だったのではありますが、店でなー、メーカー品を片っ端から見比べていけば、まぁ、それなりのところは見えてくるわけで。
 やっぱないわー。
 と、なりかけましたよ、そりゃあ。
 いやまぁ、たしかに、既製品の値段と性能見比べて、自作屋で部品の値段を見て、その組み合わせでその値段、手間賃安心料等々考えれば不当とは云えんだろう、というかむしろ良心的? と思うこともある程度には、確かにそんなに遜色ないんだけどさ。その組み合わせはないじゃんよ、というのと、そのカスタマイズ余地のなさでその納期ってアホなの? というのがな……重なってくるとな……。
 んが、それなら自作屋での既組み機という選択肢だってあるわけじゃん! と! 気を取り直してはしごを繰り返し!
 ついに! このベースにこのカスタマイズ性、このスリムケースでこの価格、そしてこの納期! これ、なら!
 ドスパラ、ドスパラ……そしてめぐり逢い……♪
 ……いや、すいません、店内 BGM、聴いてるあいだはスゲェ残るんですが、店出てしばらくして、思いだそうとすると違うメロディで再生されてしまう……。(つうかスゲェ古い歌ですなこれ。べつにとくに好きだったってわけでもねぇのに今に至ってこうまで思い出してしまうというのが名曲の名曲たる所以、か……)
 つうわけで、自作初号機から 5 代続いた自作の日々は、ここで(いったん?)途切れ、六号機は DOS/V ライフ初の既製機となりました。いやまぁ、メインドライブのボリュームネームにこれまで続けてきた通し番号は今回も続きにして 6 の文字を入れたんだけどー。てゆか、実際何台目かなんてのは自作でパーツ継代しながら組んで来ている以上、わかりゃしないわけで、たとえばケースだけ見れば、弐号機以来のをつい先日まで続けて使ってたわけで、このメインドライブが「何代目か」で何号機と呼んでたに過ぎないわけではありますが。
 さすがにこいつ(のケース内)に「手を入れる」のはちょっと無謀なんじゃないかという感じではありますが、外装はまぁいろいろ工夫しつつでも、今度のも長く使えるといいなぁ……。OS も 4 代ぐらい(まぁ数え方にはよるでしょうが)すっ飛ばして最新のにしたので、サポ切れとかも心配しないで行ければいいなぁ……。
 部品のブツの良し悪し等はまぁ、既製である以上あんまし盲信するのもアレでしょうが、自作屋の仕事なんだから、それなりには信じさせてくれよ……。
 ……ってことで、既製とはいいつつも、カスタマイズはしまくったので、「こんなスペックの、載ってねぇじゃねぇか!」と云われりゃ、そりゃあ、まぁ、ね、という感じですが、記録するのだぜだぜ。
 i5-6500、16GB(8x2)、MainDrive 2TB HDD、GTX1050 Ti 4GB。
 ……こんくらい書いておけば情報充分かにゃあ?
 ま、スリムケースにした分、お値段は割高ではありますが、実生活でいちばん出費がキツいのは「家賃」という点を考えれば、そこに貢献する重要要素で、その程度の割高さは、な……。
 なお、最後まで迷って、結局つけて、でもまだ全然これでよかったのか結論できてねぇオプションもありまして。
 MS Office というのですが……。
 いやね、永久ライセンスならば全然お安い買い物なんですが。
 この PC が、期待した程度に長持ちしてくれれば当代限りでも高くはない買い物になると思うんですが。
 ……結論としてどう思うかは、それを見極めてから、だよな……。
 なお、2003 あたり(だっけ? UI 等々大幅変更になる直前のやつ)が今のでちゃんと動いて永久ライセンスで買えるならこの倍ぐらいは余裕で払いたいところではあります。「やべぇ買わなきゃ二度と手に入らなくなる!」と気づいたときには……すでに手遅れだったんだ……ぜ……。
2017/03/27 (Mon)
[日々のいとまに]170326 ~浮上報告~
▼とり急ぎ、TRPG のプレイ記録だけ更新。
 えー、えんえんと更新放置しておりましたが、PC がへち死んでおりました次第です。
 新調機はなんとかある程度動くようになってきましたが、まだ環境復旧の道のりは長い、ぜ……。
 まぁ、もとの PC はずっと調子は悪くて、騙し騙し使ってたわけなんで、いつかは来ると覚悟してたし、いよいよ沈黙するとして、最悪の時期では明らかになかったわけで、文句は云えねぇけどねー。
 そう簡単に新調して環境移行できるんなら、とっくにやってた、という状況だったわけでもあってねぇ……。
 やれやれだぜ。
2017/03/26 (Sun)
[Life as a Half Drow]Darkness, your name is. Extra Session #1
▼クトゥルフキャンペーン「汝が名は暗黒 ~Darkness, your name is」外伝セッション、プレイヤーで参加してきました!
 いや、自分のキャンペーンにゲストマスターで名乗りあげてもらえて、それにプレイヤー参加できるとは。ちょっと久しぶりの嬉しさですよこれは。OTTO 先生に感謝!
 外伝セッションということで、ふだんからプレイヤー参加していただいている皆様には同じ PC で続投してもらったわけですが、何しろ本編は現在渡米編の最中で、当面は帰国予定もない状態で、時系列どうすんよ、ということで、今回は渡米前の話としてもらいました。これで死人でも出たら面倒なことではありますが、そのときはまぁなんかそれらしいツジツマ合わせの言い訳考える方向性で。
 で、もうひとつの問題は、わたしの PC でして。
 まさか楓ってわけにもいかんというか、あれはルールに合わせて組んでない NPC なので(といって逸脱してるわけでもないと思いますが)アレだしねぇ。
 ってことで、最初に思いついたのをそのまんま投入してみました。「もとバカチン奇跡調査官の破戒神父」
 ……セッション寸前に気づいたんですが、OTTO 先生のナイトメアセッションでもわたし、同じく怪しげな神父やってたな……。まぁ、今回はモチーフは全然違って、バチカン奇跡調査官の平賀でした。つまり、神父といいつつ心理学とかのわたしがいつも中心に据える対人技能がない医学生物学化学系の学者肌、という。名前は平澤・マタイ・進(しん) ヒラサワススム師のほうは単に名前のモチーフにしただけなので、あんま気にされない方向性でひとつ。
 で、バチカンじゃないよーバカチンだよー、と云ってたら、「マジでバカチン?」とマジで訊かれてしまいましたが、まぁ……バチカンの名をそのまんま使うのはちょっと不敬かなということで……。スペルは「Status Civitatis Vacatinae」なので、ヴァカティンと読むほうが順当?
 久々のクトゥルフプレイヤー、満喫させていただきました。
 いつもの調子で対人情報収集に突っ込んで、「あ、そういえば心理学ないんだった!」みたいな事態に陥りまくったりしたけどー! それも含めてちょう楽しかったぜ!
 ぜひまたよろしくお願いします、と思うと同時に、自分も本編がんばらねばな、と改めて噛みしめてみた次第です。
2017/03/12 (Sun)
* Top *