深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]160331 ~譜面よりも?~
▼ふと思い立って。
 「あの曲のココんトコの熱量が!」というのを云いたいときにですね。こういうテってアリなんかなぁ? という。
 ある種の落書き、みたいな。
 MML を表示するより、譜面書くより、こっちのが通じやすかったりする?
 ……やっぱちょっとまわりくどいというか、手間かなぁ?
 こんくらいの適当な打ち込みで、鼻歌がわりぐらいにはなると、ちょっと楽しいかもという気がちょっとしたりしなかったりする次第です。
2016/03/31 (Thu)
▼想定外の角度からのトラブルで 1 回休み。
 ……つうかそんなヒマねェのに……!
2016/03/30 (Wed)
[日々のいとまに]160329 ~ガンダム UC 11 巻~
▼福井晴敏「機動戦士ガンダム UC 11~不死鳥狩り~」読了。電書で。
 中身については、まぁ、といったところで。もともと単体で売るために組まれたものじゃないっぽいですし、おまけとして読むための短編、として満足感のある一品だったと思う次第です。
 つうか、相変わらずアルベルトの立ち位置というか扱いが面白いなぁ、という感じで。相変わらず、ってのは、本編終盤あたりから、で。ある時点からかなりこのキャラの扱いが変わってきたなーっつう感じがしてたんだよねー。扱いが変わったというか、このキャラクター「が」(なんなら「成長」と云ってもいいかもしれないですが)変わっていった、というか。結局、本編ラストについては感想書いてないんですが、「書けなかった」んです。アルベルトについて、どう書いたもんか、呻吟して、結局、書けなかった、っつう。バナージとの関係と対比、リディとの関係と対比、が鮮やかになってきて、終盤ほとんど、このふたりに次ぐ重要さになってきたじゃんこいつ。あ、原作の話です。その点についてはアニメはダメだった、というか、アニメでは比重を軽くした部分のひとつなんだなということで、そうなったことに不満があるわけではないですが。
 今回の外伝での扱いもその延長線上、という感じがしたわけですが、時系列的にはまぁ、違いますな。
 歯車先生は相変わらずというか、これまた時系列的にはともかく、やっぱり本編での扱いから(逆算した)きれいな延長線上に描かれてて、順当にしびれた次第。
 ……で、中身については、そんな感じなんですけども。
 中身以外の部分で、「あんだこれ」となった部分がありまして。
 なんかねー、これの Kindle 版、いくつかの部分が黒塗りになってるのよ。
 いくつか例を挙げますと。
 「薔■(「ばら」とルビ)色の将来」「光の■宴(「きょうえん」とルビ)を背に」「人類を■(「あわ」とルビ)れんでのことか」「燐光を■(「ほとばし」とルビ)らせ」――そしてなんと最後に「表紙イラスト カトキハジメ」「本文イラスト 虎哉孝征」の次の行で「装丁 住■昭人(フェイク・グラフィックス)」って、こんなところで黒塗りかよ! という。
 ……何なんすかねこれ。
 つうかまぁ、本文中のはルビもあるし、ルビがないところでもまぁ、文脈から想像はつくんですが、最後の固有名詞だけはどうしようもなかった次第です。
 いや、そこまで知りたくてしょうがないわけでもないっちゃないですけど……。
 うーん……?
2016/03/29 (Tue)
[日々のいとまに]160328 ~隠蔽捜査 5~
▼今野敏「隠蔽捜査 5 ~宰領~」読了。
 安心の安定感でありました。
 ……いやまぁ、中身を語るとネタバレになるからねー、ならないように云えることがこんな感じになるのはどうなのっつー気はしますが! 安定の盛り上がりであり、安定の熱量ってことですし!
 てゆかやっぱ野間崎管理官がおいしいよねー、といういつもの結論で。今巻は出番は多くないのが惜しいところではありました。
2016/03/28 (Mon)
▼ナイトメアハンター(系の新作オリジナルルールbyBOSS)キャンペーン新シーズン(Season2?)第2回? セッション――欠席してきましたー。
 ……うん、これがここんとこのハデな凹みの原因でな……。
 ちょー楽しみにしてた、久々の「プレイヤーとしての」現代ものセッションの予定を仕事で潰されるってのはねー。ダメージでかいっすよ実際……。
 てことで、二次会だけ参戦してみたところ、どうも若干飲みすぎたかも感が……。
 ま、二次会にも出遅れたんでね……。取り戻そうとしてペースは速かったかもで。総量的にはそれほどじゃなかったと思うんだけどねー。
 過ぎたことはしょうがねぇので、次へ向けてがんばる方向性で。
2016/03/27 (Sun)
▼そして今週も「ろ号」セット踏破。
 まぁ実際、負荷もかなりだし、あんまし毎週やりたいものではないんですが、さすがにネジがな……あまりにも大量に必要なんでな……仕方なく、な……。
 んまー、明石がクレーン 3 基搭載になったことで、損傷軽微の駆逐艦が大量に生じがちなバシー周回の手間がかなり軽減できるようになったことは影響したかなー、という気分ではあります。
 はやくクレーン 4 基にしたいんだけどねー。それはそれで育成の手間がけっこう……なのが悩ましいところでした。
2016/03/26 (Sat)
▼ふたたび無双です!
 ……つうか、実際ほんのちょっとツモの来る順番が違うだけで全然違っただろうに、ひどい順番で引いてまたしても無双を要する事態に。
 いやまぁ、必要とあらばやりますが、倒したつもりが討ち漏らしってのが怖いんだよな、これ……。
 きちんと処理れてると信じたいところ。
2016/03/25 (Fri)
▼連休中に、ちょっと時間つぶす必要が生じまして。つぶすっつーか、ヘイトフルエイトの上映時間までの微妙な時間の隙間だったわけですが。
 ふだん行く店ではないですが、近場にゲーセンがあるので、まぁ時間つぶしでふらーっと立ち寄ってみたわけです。したら、シブーストの新作が稼動してまして。
 まぁ予想してたことではありますが、オンライン対戦一択のライン設定で。
 8 台並んでる中で、プレイヤーが座ってるのは 3 台でした。
 ま、いつも行ってる店じゃないので、設定がこうなるのは一般的だと思われるのか、とか、この程度の座り率なのか、とかはわからないのではありますが。
 どうなんだろうこれ、と思うよねぇ?
 自分の実感としては、これできれいさっぱり過去になったかな、という感はあります。つうか、内輪で過去になってる以上、やるとしたらソロで、ですが、ソロでオンライン対戦の野試合なんかやんねーよというかやりたきゃ家庭用でやるよというか。
 ソロで CPU ルートな店があればあるいは、というのもちょっとは思いますが、なんかさすがにもうどうでもいい気もしてきたところでもありまして。
 や、あったとしても、CPU ルートちゃんと遊べる設定の店とか、オンライン対戦専用の店とは違ってさすがにまだ盛況だと思われるんで、どちらにしてもまだ先になるだろうけどねー。
2016/03/24 (Thu)
[日々のいとまに]160323 ~無双です!~
▼仕事中に脳内で「無双です!」が流れはじめるってのはまぁ、なかなかにしびれる経験でありました。
 嫌な方向でな……!
 まぁ、なんとか生き延びた、ってことで、よしとしておこう……。
2016/03/23 (Wed)
[日々のいとまに]160322 ~ヘイトフルエイト~
▼思い立って映画鑑賞に出撃。「ヘイトフルエイト」レイトで。
 いやまぁ、観たいと思ってたものではありまして、とはいえ行動圏ではレイトでしかやってなくて、レイトの時間がまた半端で仕事上がりだと微妙(ちょっと押すと間に合わない)なため、まぁ、休日でいいか、ということで、このタイミングで。
 尺が 3 時間も、というのは、毎度映画見るたびに尿意との戦いになるオレ的にはかなり厳しい数字なわけですが、ちょっと気合入れて水分控えて出撃したおかげでなんとか踏破。時間そのものについては、最初の 1 時間はさすがに長ぇーと思わずにはいられなかったわけですが、残りの 2 時間が 1 時間ぐらいに感じる勢いで、終わってみれば、長丁場~! という感じはなかった感じでした。つーかタランティーノなので、誰かが喋ってれば長さなんて感じないんだけどねー。序盤はあんま喋ってるってほどでもなく、アクションってほどでもない絵がけっこうな尺であるので……。といって、それはそれでイカすのではありますが、全長 3 時間もあると思うと、「もちっとここ詰められなかったんかい」とついつい思ってしまった次第。
 観終わってから思えば、「長さそのもの」にはまったく冗長感ないんだけどねー。序盤の「ここ長ぇー」を観てる時点では、最後まで体調(?)がもつか不安が脳裏にちらつきまくるので、集中しきれないし、ツラさは否定できなかったな、ということで……。
 中身については、「タランティーノ映画を観に行って期待通りのタランティーノ映画を満喫してきました」ってところで、ひとつ。
 まぁ、ヘイトフル云うだけのことはあって、というべきか、恐るべき差別描写満載の逸品でした。で、こんだけのものを観ちゃうと、やっぱ差別だなんだの悪行蛮行を「表現しちゃいけない」とかそっち系の規制は、やっちゃいけないことだよな、とかそういうようなこともちょっと思ったり。タランティーノ映画観てるときに考えることじゃないけどね。観終わってみると思う、というか。
 観てる最中でいちばん、その瞬間のインパクトが強かったのは「これが例のギターか!」でした。それもどうなのか。
 全編通して唸り続けたのは、「手袋」で、こんだけみんなしっかり手袋してて、あるいは外すときの描写が丁寧で、「それ手袋のままやるの?」てなことを、片っ端から防寒用のブ厚い手袋のままでやるのがしびれるます。つうか、その手袋のままできちんとトリガーコントロールできんのかあんたらスゲェ、的な。
 てことで、トータルでかなりの満足感だったわけですが、さすがにこれは……クトゥルフのインスピレーションやモチベーションには……ちょっと、ならんかなぁ……という感じではありました……。いやまぁ、クトゥルフで嵐の山荘はいくつも名品があることは知ってはいますがー。そういう意味での嵐の山荘じゃないしなこれ!
 以下、水面下にネタバレありでちょっとだけ。
2016/03/22 (Tue)
▼そして酒を持ち越した感じで連休が半日つぶれるなど。
 まぁ、量を思えば半日ならむしろ軽かった、のか……?
 今回の事態のリベンジのためにもクトゥルフの準備でもするべきなのはわかってるんですが……インスピレーションが……足りねぇ……んだよ……。
 ……てゆか、今やってるクトゥルフが現代モノなのにアンタッチャブルとか観てる場合ではなかった説もありますが! ……いや現代日本モノねぇ…… Amazon Prime にある中で、何を観ればいいのやら。
2016/03/21 (Mon)
▼そして魚屋で 1 杯。
 この連日っぷりがまた……って感じではありますが、まぁ、今回はちゃんとした店で飲んだので、自宅突発とかとは満足度が違いまして、とりあえずメンタルダメージが多少は回復したかな……とかそんな按配で。
 だが、来月は妥協しねぇぞ、畜生!
2016/03/20 (Sun)
▼珍しくご自宅で 1 杯。
 ま、そんだけ現状コテンパンってことで……。
 全体的にも、部分的にも、前任地のほうがタフだったのは明らかなわけで、何で今この有様かといえばねー、ピンポイントに痛恨の一撃食らったんでねー……。
 そりゃ、これが飲まずにいられるか、ということですよ。
 まったく……。
2016/03/19 (Sat)
▼ああ、しんどい。マスター、ラーメンを。
 辛子高菜多めで。
2016/03/18 (Fri)
▼またしても砂金採集に出撃など。
 つうか、ここんとこ毎週のように行ってるわけですが、今回でとりあえず所期の目的は達したかな、という感じに。
 ま、砂金だけじゃ何の意味もないんだけどねー。クトゥルフやるための砂金なので、クトゥルフのほうがんばろうっつー話ではあるんですが、そっちのインスピレーションがまったく沸いてこねぇ! という問題があるのでした。ギャフン……。
2016/03/17 (Thu)
[日々のいとまに]160316 ~アンタッチャブル~
▼「アンタッチャブル」視聴。
 オレの歳で観てなかったのかよ! という感じではありますが!
 まぁいつか観ようと思って観てなかった映画のひとつではありまして、とりあえず Amazon Prime で次何観ようかと思ってダーラダーラとリスト眺めてて、あ、と思って観た、とかそんな感じでした。
 てことで、「ヒトラー~最期の 12 日間~」の次に観る映画としては、まぁ……いい塩梅で対照的だった? というような……。時代的には WWII より前だしねぇこれ。
 WWII あたりを通り越して、最近の「現代を舞台にした殺し合い」の感覚で観ると、起こっていることは充分に血腥いのに、全般になんともいえない「おおらかな感じ」が漂うのもなんだかしんみりするところだったり。たとえば、あんだけ撃ち込んで、なお、重要な手がかりを「云い残す」余力を残す殺手とかな……。今を舞台にした今の作品なら狙撃一発だろ、という。
 ヒトラーのほうと、ああ、なるほど同じぐらいの時代なんだな、と思った部分もありました。みんなすげぇ勢いで煙草吸ってるよね、ってところが。
 喫煙場面があっちゃならんとかそういうことをはまったく思わない(派閥としては嫌煙だけどねー)オレですが、いやこれは吸いすぎだろ、と、両方で思った次第です。でもべつに戦前まで遡らなくても、この映画が撮られた頃とかでもまだ、全然普通にみんな吸ってたんだよねぇ……。っつーか、実社会がどんどん分煙の方向に進んだことは望ましいことだが創作の中でも喫煙場面があるべきではないなどというのはおかしな話だ、とは思うものの創作(てかまぁ、どちらも史実をもとにしてるのではありますが)の中とはいえこれは吸いすぎだろ、とかなんかそんなようなひどくねじれた感想になってみたりも。なんだかね……。
 てな感じで、今回も週頭のキラキラ作業の傍らで視聴となったので、今後もこの感じでいろいろ観て、教養を広げるとともに Amazon Prime のモトを取っていこうかなぁとか思う次第です。まぁでも、とりあえずしばらくは戦記系とギャングマフィア系はいいかな……。
2016/03/16 (Wed)
▼日経メディカルにて。
 「かの薬害事件で製薬企業が犯したもう1つの大罪」てのが出てまして。読んでていろいろ連想してしまった次第です。
 有用で便利だっつって濫用してたら大事故が起こって、以後使用を完全停止して派手に「「得べかりし利益」を損なってい」る、って、今まさに……進行形で……起こってること……じゃねぇか……べつのフィールドでだけどさ……。
 とかそんな感じで。
2016/03/15 (Tue)
▼今月の 1-5、2-5、3-5、ろ号踏破。
 ……うーむ、苦労した感はなくても、日数はこの程度はかかるもんなのね……。6-4 実装云々と云われても、月次業務とイベントで削れた資源の回復で、まったく 6-3 攻略に着手もしていない状況であり、実際どうしたもんか、という……。
 資源回復後は大型を軸にしてかないわけにはゆかず、あとは 401 と、できれば武蔵も引ければ、ようやくイベント以外の戦線を前に進めることができるかもとは思うんですが、実際いつになるやら、です。
 いや 6-3 じたいは(水雷バカの感覚なら)大変じゃなさそうという噂も聞こえるのではありますが、6-4 から聞こえてくる噂ほほうがまぁ、ろくでもなさすぎなので……。なかなか惹かれんよね……。
 まぁ大型重視はともかく、資源回復まではやっとかんと論外なので、今月は地味に地道に進める方向性で。
2016/03/14 (Mon)
▼「サイレントメビウスQD」読み始め。
 そして挫折気味に……。
 いや、つまんないとか気に入らないとかじゃないのです。そゆのだったらわざわざ書かん。
 例によって電書で読み始めてなー。そして、「な、なんだこれ、さっぱりわからん……!」と。
 わからんのは、旧シリーズをちゃんと完読しておらず、かつ、新作でたぶんホントに新規で出てきたキャラがいきなり満載でスタートしてるから、ってのはまぁあると思うんですが、明らかにそういう次元じゃない感が強くあってな。これ、いきなり電書で読むのは無理だわ、ってのがスゲェ大きい感じで。
 もとの版型がでかくて、でかさをきちんと活用して細かく描かれてて、そこにこんだけ、動き出してる話の途中から突っ込む形で、初見の登場人物も多いものと来ると、実際、Kindle Fire のサイズと解像度じゃムリじゃあ、と、そういう感じに。
 ためしに、版元サイトにあった「試し読み」を PC のディスプレイで眺めてみたら、まるでわかる度が違ったので、やっぱそういうことなのね、と。
 そして、なるほど、これが Kindle(の読書用タブレットのハードウェア)の限界ということかぁ、と嘆息したのでありました。
 うーん、紙で買うか、それとも PC 版で読むか……。いや PC 版は別途買う必要があるわけじゃない(PC の Reader で読めばいい)ので、こっちにもダウンロードすりゃすむ話ではあるのではありますが……。
 紙の置き場も、PC のほうの記憶容量も、余裕はまったくないんでな……。
 うううーむ……。
 とはいえまぁ、ちゃんと読みたいぜー、と明らかに感じたところではあったので、なんとかする方向性で。
 一読すれば、PC 上のデータは消しても Kindle タブレットで読んでも概ね満足できるぐらいにはなるかなぁ、とか、わかってくれば 2 巻以降はタブレットでもいけそうかなぁ、とか、そのへんを期待しつつ。
2016/03/13 (Sun)
[日々のいとまに]160312 ~ヒトラー~最期の 12 日間~~
▼「ヒトラー~最期の 12 日間~」視聴。Amazon Prime にて。
 云うまでもなく、「ある場面」についてはさんざっぱら観て見慣れてる映画ですが、やっぱちゃんと観ておかんとな、ともずっと思ってたわけで、これが無料観放題に入ってると確認したことが、Amazon Prime に乗ると決めた決め手のひとつでした。Girls und Panzer だけじゃなくてなー。
 とはいえ一気観する気力はなくて、何日にも分けて、という感じにはなったわけですが、最後のところはやっぱ止まらなかったです。実際たまらんな……。
 てゆか、かの有名な「ちきしょーめ!」とか「バーカ!」とか、案外早い時点で出てきてびっくりしたのではありました。
 ……まぁ実際、感じるところも思うところも、考えるところもものすごいあったわけですが、実際、単純に語り尽くせるものではない感じでな……。といって、いまさら大論文書いてみてどうなるもんでもねぇよな……ということで、「すげぇもの観た、ぜ……」とかそんな感じで終わりにしてみる次第です。
 っつーか、この映画に描かれてる部分だけでも感じること、思うこと、考えることがものすごくあるのに、我に返って歴史を思い出そうとしてみると、この映画の画面に入ってこないところでやっぱりものすごく大変なことになってたよねぇってのもあるわけで、っつーかこれまでのところはそっちのほうをこそよく見聞きしてきてたわけで、そのへんとこのへんの地続き感と乖離感の両方が、ちょっと考えるだけで何度も襲ってきて、それもまた大変な気分になってなぁ。
 このへんの関連とか、Amazon Prime で漁れそうなら漁ってみたいかなー、と思ってる次第。
 ……でもとりあえずはもうちょっと、気軽にいけるのを観るべきかも、な……。
2016/03/12 (Sat)
▼「グラム染色で赤く染まるのがグラム陰性菌である」とか云われりゃ、そりゃもにょっとなるでしょう! 実用上はそれで困らんにしてもさあ!
 つうか、実践の中で問われてとりあえず答えた言葉、とかならまぁ、全然アリだと思いますが。ある程度まとまって喋ってる中で云われるとなぁ……。そのレベルの端折り方で喋ってることなのね、これら、という印象になってしまって、それを含む喋り群全体に対する信頼が一気に霧散した感じでした。
 いや、いくら、ある程度まとまって喋ってるとはいっても、尺に限度があるってのはわかるんだけどね……。もうちょっと云い方っつうかさぁ……。
 って感じで。
2016/03/11 (Fri)
▼そしてスパムラッシュははじまったときと同様に唐突に終わった模様。
 まぁ、通報し続ければ(あるいはしなくても?)こんくらいで毎回止まるわけではありますが、むしろそれだけに、ホントに、やってる方がいったい何がやりたいのかわからない次第です……。
 今回もとりあえず終息したことだし、よしとしとくか。
2016/03/10 (Thu)
[日々のいとまに]160309 ~ソロモンの末裔~
▼藤木稟「バチカン奇跡調査官 ソロモンの末裔」読了。
 今巻もなかなかの満足感でした。いやまさかそんな方角に進むとは……。シドニアの騎士がゴールデンカムイで、仕上げにケルビムの剣の正体それかよ! という。つうか、そこまでで見事に話がまとまってたので、最後の剣の正体が未解決だったこと自体、答えが出るまで忘れてたぜ!
 以下軽くネタバレにつき水面下に。
2016/03/09 (Wed)
▼なんか突如ケータイスパムがすごいことに。
 まぁ熟睡中は目覚めないんですが、起床予定までまだ時間がある時間帯の、眠りが浅くなってるあたり(たぶん)に鳴られるとな……残りの時間をきちんと眠れずに過ごす感じになって疲れます……。
 っつうか、ホント、何がしたいんだ、あのスパムラッシュは。ひとつやふたつなら騙されるヤツだって、あんだけアホみたいな勢いで来たら却ってひっかからないでしょうに。
 嫌がらせとしてはまぁ、それなりには有効ですが、それだって度を越したら「いったん電源切って寝る」になるだけで対策できるわけだし……。
 ホント謎じゃぜ。
2016/03/08 (Tue)
[日々のいとまに]160307 ~機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー 1 巻~
▼「機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー」1 巻読了。
 うむ、上々でした。
 この外伝はねー、ゲーム化で知ったものでして、原作はちゃんと知らなかったんだよなー。
 というのは何を云ってるのかわからねーと思いますが、「原作のゲームはノータッチ」「後に G ジェネに数ミッション分使われてるのをプレイして、そっちで知った」という流れです。なんでまぁ、対戦ゲーで知ったとかよりはまだ話の流れとかも押さえてはいると思うんですが、G ジェネダイジェストレベルに過ぎなかった、というところなわけで、この G ジェネのブルー編がなかなかイイ按配で印象に残ってたので、いつかちゃんともとの話を知りたいなー、と思ってたところだったのでした。
 てな背景で読み始めた今作なわけで、1 冊目読み終わった感想としては、首記の通り、上々、という感じ。本題がまだあんま始まっとらんのがアレではありますが、続きにも期待の方向性で。
2016/03/07 (Mon)
▼突発で肉の会を開催。ついでに、ド久しぶりにシブースト共闘でちょっと遊んできたり。
 お互い久々感満載でいろいろアレな戦いぶりではありましたが、たまーに共闘で CPU ルート遊ぶのはやっぱそれなりに楽しいよねー、とかそんな感じで。
 ただまぁ、結局オレは GP-02 乗りなんだな、というのは、苦笑するしかないところでした。ハイネグフがなぁ……もうちょっと早くから練習してればもうちょっと化けたんだろうか、とかそんなアレが。
 や、足を止めるコンボが楽しすぎってのが問題ではありましょうが。B3 グフなら鞭でつかんだ後で「こちらが」突っ込むところ、ハイネグフは「引き寄せ」なのでカットに弱いんだよねー。もちろん、ほかにやりようはありますが、この「足止めて引っ張る」のが楽しくてこの機体使ってるんでな。
2016/03/06 (Sun)
▼艦これサントラ 3 枚目の予約で例によって疲労困憊など。
 まぁ、これまでのよりはスムーズといえばスムーズだったかもです。ちゃんとこれで買えんのかどうかちょっと不安になるぐらいにな!
 ……つうか実際不安なんですが、まぁ、最悪遅れることはありえても、買えないってことまではあるまい、とは思っておく、ぜ……。なんか今の時代、べつに艦これに限らず、CD というものを、ふらっと店に行って買う、ということがどんどん非現実的になってきてるんでなぁ……。amazon の隆盛とどっちが鶏でどっちが卵か、という話のような気もついついしてしまいますが、本屋はどんどんつぶれているとはいってもまだちゃんと「ふらっと店に行って買える」感があるのに、CD はもう CD 屋で買えるとはほとんど期待できなくなってる感があるあたり、うーん……と思ってしまったりもするのでした。
2016/03/05 (Sat)
[日々のいとまに]160304 ~アンゴルモア 5 巻~
▼たかぎ七彦「アンゴルモア~元寇合戦記」5 巻読了
 その展開、寄り道かと思ったら本筋かよ! とか、今剣のあれこれとか、「その方マジでご存命!?」とか、今巻もいい感じで引きずり回された感じに。
 とはいえ、殺し合いの本筋はちょっとひと息という感じで、次巻以降の血みどろに期待というか戦慄が高まりまくってみたりも。
 フラグ立ちまくってる感じのもおるしな……。どっちに向くフラグなのかがまだちょっとわからんけど、けっこうビクビクではあるのでした……。
2016/03/04 (Fri)
[日々のいとまに]160303 ~銃と寿命~
▼例によってほけーっと日経メディカルで情報収集してて、ちょっと本来の興味とは違う角度で気になるテキストを発見。
 「米国が他の先進国より平均余命が短い理由~銃器関連外傷・薬物中毒・交通事故が寿命の差に影響
 いや当然、例の NRA が反対声明を発表してるハズなんで、それもセットで見たいところです。
2016/03/03 (Thu)
[Life as a Half Drow]Special Armor Candidates
▼さて、先日のセッションのラストに、とくにそれらしい話の流れとかがあったわけではないのではありますが、「柊用に」と自由な +6 アーマーを進呈、という宣言をいただいたので、ちょっと調査等。つうかまぁ、調査じたいはとっくに終えてあったのですが、リストアップしたものを(半ば自分用メモとして)書いておこうかなぁなど。
 なお、スペシャルなブツについてはある程度本来の制限を外れてもいいよー、と云われていますので、本来プレートには乗せられない強化等も候補に入れてあります。
 以下水面下。
2016/03/02 (Wed)
* Top * Next