FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Darkness, your name is. Session #5 There is no royal road to learning.
▼クトゥルフキャンペーン「汝が名は暗黒 ~Darkness, your name is」第 5 回セッション「There is no royal road to learning (学問に王道なし)」マスターやってきました。
 今回の舞台は 2013 年 2 月上旬ぐらい。リアル時間連動は切ってますが、季節は一応、ある程度、反映? みたいな?
 前回は 2013.10.13。2 年以上のブランク、ってなぁ……。ヘヴィだぜ……。
 その間、別のクトゥルフや現代モノのマスターやったとかでもないので、感覚忘れてる度合いがもう大変なアレなわけですが、そこは度胸で!
 今回は予定プレイヤー人数が 4 名、うち 1 名急病欠席により 3 名、という事態であり、自由度全開を身上とするマイ現代モノにおいてはまぁ人数少ないのは、マスタリング難易度は下がる流れではあったんですが、人数もともと少なめということで全員に導入を個別に準備してた、かつ、その中でも最初に最優先で準備した、今回の着想のスタート地点にあたる PC がいない、ということにもなっており、どうなることやら……と思いつつも接続の書き出しをきちんとしてなかったこともあって事前に埋め方を充分に検討することもできずに見切り発車したところ、まぁプレイヤー側の動きが妙にまたそれを助長したところもあったにせよ、ある PC と他の PC との話が見事に接続不良を起こしてしまい、仕方なく NPC 扱いの当該欠席 PC を一時的に活性化するといった応急処置をすることになってしまったりもしたのでした。まぁしょうがねぇ。なお、その出番を終えたところで、けっこう強引に「欠席 PC がログアウトしました」とか云って退場させたのは、戦力云々とかの話ではもちろん全然なくて、戦闘を伴う最終局面に向けて、NPC もう 1 体コントロールする余力と、もう 1 体分の行動処理時間(リアルの)を取るだけのプレイ時間の余裕がなかったことが理由ですので、そこはひとつ、よろしく、ということで。
 つうか、今回は時間余るかなーと思って(ま、思わなくてもですが)序盤ゆるゆるに運用してたら、またしても時間ギリギリという結果に……。うむ、まぁ、しばらくクトゥルフもちょっと気合入れてプレイしたいなーと思ってるところなので、感覚取り戻していきたいところです。感覚あってもいつもギリギリって云うなー。
 しかし、二次会で、OTTO 先生も実は直前「発熱と下痢」で寝込んでたらしいという事態が判明してマジ仰天でした。まったく直近では会ってもいねぇのに、このプレイグループのメンバーで、わたしと、artemis と、OTTO と、3 人もがこの同じ週で胃腸炎で寝込んでたってどういうことよ! 神話的陰謀を感じるよ!
 以下、簡単に水面下に。
2016/02/07 (Sun)
* Top *