深度 、急速潜行~
▼てことで、また眼球表面のゴミに悩まされたので、頭に来て薬店でソフトサンティア購入し、大量に流して目を洗ってみたところ、ちょっとはマシに。
 うーむ、正解だったか。
 まぁ、滂沱どころじゃない有様になるので、仕事中にやるのはちょっと体裁悪い気もしますが、放置するよりはずっといい、かなぁ。
2016/02/29 (Mon)
[Life as a Half Drow]At The City of Doors
▼4 版新キャンペーン、第二期第 2 回、出撃してきましたー。
 今回はシギル漂着からのスタート。おおお! 他次元界に飛ばされた、ってから、どんな恐ろしいところに連れてかれてのスタートかと思ったら、むしろこっちからお願いして出向きたいぐらいの素敵な場所に!
 とはいうものの、お金がとてもとても余っていると云うにはほど遠い状態なわけで、ショッピングを満喫、ってワケにもいかないのが惜しいところではありました。
 ってことで以下簡単に水面下に。
2016/02/28 (Sun)
▼1 日中、眼球表面に貼りついたゴミに悩まされるなど。
 こゆのホントどうしようもないんだよな……。考えつく対策としては、人工涙液系をだばだば大量に流し込んで押し流す、ぐらいなんですが、最近常備してなくてな……。持っておくべきなのかなぁ……どうせ長くはもたないものだし、1 日で 1 瓶使い切ってオッケーぐらいの覚悟で。
2016/02/27 (Sat)
▼ちょっと前にワケあってティーギフトを大量に買い込んだことがあって、そのときに「一定額以上お買い上げの方に」と、一定期間ごとにご自宅にお茶のサンプルと冊子が(それじたいは無料で)届く、というのを提案され、受けてみたわけですが、その第一弾が到着。
 なかなか悪くない感じではありました。1 回規定額以上購入で半年送られてくる、とのことで、まぁ、半年分の購入額を合計すればふだんから自分用に買ってる額だけで余裕で超えるわけですが、規定額が、自分用で「一度に」買うにはちょっとつらい額なのが悩ましいところかなぁ……。茶葉なんて、あんまし多めに買って置いておくものじゃないし、季節ものをタイミングよく買うにはまとめ買いは不利だし。
 まぁ、半年後まで覚えてたら考えるかなぁ、とかそんな感じで。
2016/02/26 (Fri)
[日々のいとまに]160225 ~闇の太守 御贄衆の巻~
▼山田正紀「闇の太守 御贄衆の巻」読了。電書で。
 やー、第一作が実際大好きで、その続きってことで当然期待はしてたわけですが、しっかり面白くて、よしよしよし……とどきどきわくわくしながら読み進めまして……えええ!? そこで「つづく」なの!? と。仰天し、嘆息し、落胆など。
 続きなんて、もちろんまだ出てません。刊行、1993年だそうです、これ。まだ、っつうかなんつうかね。
 いや、続きが出てないことはもちろん重々承知です。完結してないことも、もちろん。でも、ここまでこの巻の閉幕がキリ悪いとは知らなかったんだよ……。
 まぁ、しょうがねぇ。好きなシリーズでありました、と過去形にして自分の心にひと区切りつけるのだよ……。
2016/02/25 (Thu)
▼常備品目のティーバッグを切らすなど。
 自室ではリーフだけどねー、朝淹れて水筒に入れて持ってくのはティーバッグなのであり、ちょっとばかし QOL(昼食の質)が微妙に。まぁ、セブンでのホットのペットミルクティー安売り時期が続いてたので、なんとか、という感じで。
2016/02/24 (Wed)
[須賀鎮航海日誌]160223 ~鉄と血の夜に~
▼甲 3 突破。
 ……いや、今回はとにかく乱数が強敵すぎました。というか、「乱数じゃなくて定数ってか固定値がクソ仕様なんじゃねぇの今回?」とかなり本気で思ってました。
 あまりにもどうしようもないので、これは今日駄目ならもう甲は諦めよう、と心に決めて、ふと思いついて、ダメモトの一手を打ってみまして。
 その直後から、見違えるように乱数が普通な感じになりまして。
 これなら行けんじゃね? と思ってからボス戦 5 戦目で突破。
 うむ、こんくらいなら、というか、「ダメモトの一手」から後の感触ぐらいだとちょうどいい感じかな。
 というか、こんだけクリアーに違うと、あの「ダメモトの一手」、もしかしてホントに効いたんじゃね? という気すらしてくるぐらいのアレで。
 迷信だと思いますが!
 偶然だと確信してますが!
 ――そのダメモトの一手とは。
 ブラウザキャッシュのクリア、でした。
 ……ありうると思うか?
 ま、終わったことについては考えない方向性で。
 以下水面下にちょっとだけ。
2016/02/23 (Tue)
▼目覚めて、前夜の記憶というか実感が、ほとんど酔っ払って帰ったとき同然に感じられて唸ってみたり。
 まぁ 3 日分ぐらい働いた感があったからな……。
 こんなの、週末の生活じゃないですよ! と思いつつも、周りもひどい有様だからねぇ……。
 周囲はもっとひどいから自分のこんくらいは耐えましょう、ってのは実際、不健全極まる思考ではありますが、「今は」それで乗り切るしかない、という「時期」もあるものよな、ということで、ひとつ。
2016/02/22 (Mon)
▼そして渦中に増援に出撃など。
 当然のごとく疲れ果てて 1 回休み。まぁ、情報収集は非常に重要だったというあたりで、ひとつ。
2016/02/21 (Sun)
▼そして、日程的問題の直接の原因にちょっと接近する機会を得たのでちょっと探ってみましたが、まぁ、実際ひどいありさまのようで……。
 オレとか明らかに一番セイフティーな場所にいる、ような……。
 ま、あくまで「今は」ってだけで、ちょっと何かがひとつ狂ったらまたたくまにハートオヴメイルシュトロームもいいとこなわけではありますが。
 何だかね……。
2016/02/20 (Sat)
▼てことで大仕事がひとつ片付いたと思った翌日にまた余分のひと山が降ってきて休日がひとつ持って行かれる事案が発生。
 いや、うん、仕方がないってのはわかるし、現状がとてもタフだってんならフッジャケンナフッジャケンナ冗談じゃねぇーっとキレるテもありますが、それは全然大変でもなんでもない、ってのも実際んところでもあるんでなぁ……。
 とは云っても、実際愉快ではないところではあるのでした。やれやれ。
2016/02/19 (Fri)
▼職場の一大イベント(って大仕事ってことだよー)を踏破。ま、どうにか。
 まぁ毎年のことではありまして、今年は中身的には軽かったんですが、戦力も少なく、初めて中心に立って行うことになったってことで、なかなかにずっしり疲れた次第です。
 つうか当日になってから戦力引き抜かれるのはさすがにカンベン感が……。実際にはそれほどの影響ではなかったけどね……。
2016/02/18 (Thu)
▼E3 輸送任務踏破。
 まぁ、概ね楽勝でした。これなら突破後掘りはここでもいいかも? と思える程度には。E2 のほうが資源等面では有利かもだけどねー。
 ただまぁ、問題はここから先で、ここから先が大変そうとかどうとかいう以前に、日程が、ですね……。
 ふだんより、このイベント期間だけで休日がほぼ 2 日少ない、というのは実際きついわな、と。ステージ数少なくてよかった、とはいうものの、最終ステージがダブルゲージってことも考えると、難易度変更した場合は(難易度は下がるとはいえ)2 面戻されるようなものなわけであり、うううーむ、と思うところでもある次第。輸送段階と戦闘段階がマップ上でまったく重ならない、って、普通に考えたら別ステージにしたほうが素直だよねぇ? てゆか、今回のイベントはダブルゲージ(に、もしかしたらとどまらないマルチゲージ)をタンデムなりパラレルなりにひとステージに置く形での今後の(あるていど以上の規模の)イベントの難易度コントロールのテスト回だなんてこともあるんじゃね? とかそんなことも思うというか。
 どうなんじゃろうねぇ。
 ま、考える前にまず踏破しろって話ですけどー。
2016/02/17 (Wed)
▼イベント中でも遠征艦隊のキラキラははずせない! つうかさすがに最終面は支援艦隊も必要そうだし……。
 ということで、週頭恒例のキラキラ作業に出撃など。
 ……いや実際これげんなり作業なんだけどね……。よほど押し詰まった戦況でもなければ間宮伊良湖フル投入とかもありえん話なわけで、やるしかないのではありました。
 やれやれ。
2016/02/16 (Tue)
▼なんだか家電連損期が訪れた感があって戦々恐々など。
 まぁ……今回の事態はリカバーは容易だったし、むしろ便利になったっちゃなったんじゃね? という気もしないではないのですが……。
 今回は、な……。
 これで、連続性が途切れてくれることを期待する、ぜ……。
2016/02/15 (Mon)
▼E2突破。まぁ順当に。
 初月のビジュアルはちょっと驚きがありました。これは自分で獲得するまでネタバレ見るな、という意見があったので、見ずに進めてみたんですが、なるほどその意見、納得感あるぜ、という感じ。
 ま、運用はまだしばらく先になるかとは思いますがー。
 次は若干考える必要がありそうなので、焦らずダラダラ進める方向性で。
 以下水面下に画撮等(初月は自粛~)
2016/02/14 (Sun)
[日々のいとまに]160213 ~これが本当のアンツィオ戦です!~
▼ガールズ&パンツァー「これが本当のアンツィオ戦です!」視聴。Amazon Prime にて。
 いやぁ、何が衝撃って、ED のクレジットの「カトキハジメ」の文字でしたことよ! MJK!? 恐れ入ったぜ……。
 あとは、Amazon Prime の「今すぐ観る」をクリックしてからホントに今スグ観れる反応の切れ味に感動。円盤とかだとこうは行かないぜ? 読み込み時間じたいとかはしょうがないにしても、最初にいろいろ飛ばせない注意書きだのロゴだのがえんえんと続いていつまで経っても本編に突入しねぇ! というアレが! ない! 素晴らしい! いやまぁ、「これの」円盤を観たわけではないので、べつに Amazon Prime の仕様ではなくて、この作品じたいの仕様なのかもだけどねー。いやまぁ、ああいうのを見せなきゃならんってのも事情はわかるっちゃわかるんだけど……わかるけど! ああいうのがないってのは心底快適です!
 本編については、「III突! III突!」ってことで、ひとつ。思えば TV シリーズはほぼ通して III突贔屓だったんだよなぁオレ、と再確認した次第です。
 以下ネタバレでちょっとだけ水面下に。
2016/02/13 (Sat)
▼てことで冬イベントスタート。
 E1 はまぁさすがに問題なく甲突破。削りで 3 回 A(うち 1 回は最初の威力偵察でいろいろ余計な砲とかも積んでたせいですが)を引き、これは最終形態はちょっと手間か? とか思ったものの、最終形態は初回反航引いて駄目だったものの、2 回目は問題なし。つうかまぁ、道中小破してた巻雲が 1 周目でクリティカル叩いてくれた運のおかげもありますが、ふつうに損害なく決戦に突入すればふつうに行けてる程度の硬さかなー、ぐらいのアレで。
 終盤はいろいろと阿鼻叫喚が片鱗聞こえはじめてますが、それだけに序盤は安定で突破していきたいものです。
2016/02/12 (Fri)
▼12 時間ぐらい寝倒す事案が発生。
 いくら休日だからってなぁ……。
 まぁ、そこまで疲れているつもりはなかったものの、病み上がりのダメージが残ってたのかなぁ、ということで、ひとつ。
2016/02/11 (Thu)
[日々のいとまに]160210 ~ガルパンfebri~
▼「ガルパンfebri」読了。電書で。
 感服。
 すげぇ 1 冊でありました。
 これだけのモン、やっぱり紙で読むのが筋だろう、ともまぁ、そりゃあ、思いはしましたがて……同時に、紙の本で買って、持っておくのはやっぱりでも、厳しいだろうなぁ、とも思うところではあり、実際電書偉大すぎる……。まぁ、最初に電書に手を出しはじめた当初はここまで一辺倒になるつもりもなかったのではありますが、部屋の面積の限界という現実の前には、どうしようもないんじゃよ……。
 内容的には全部が全部すばらしく熱かったわけですが、やはり音楽、効果音等、音についてのあれこれは実際とくに興味深かった次第。
 つーか実際「学園十色です!」はなぁ!
 もう!
 とかそんな感じで。
2016/02/10 (Wed)
▼ギリギリで節分台詞の回収を(たぶん、ほぼ)完了。
 ……まぁ、フルサイズのイベントや、ミニイベント等に比べればずっと軽いとはいえ、疲れる……何もない時期も必要なのでは……。
 つうか実装艦が多すぎるだけのような気はしますが……。頻度は上げて、それぞれの追加実装艦は少な目、ぐらいのほうが気分的には嬉しいかもなぁ……。
2016/02/09 (Tue)
[Life as a Half Drow]#5 Inventories
▼今回はあんましないですが。
 一応水面下に。
2016/02/08 (Mon)
[Life as a Half Drow]Darkness, your name is. Session #5 There is no royal road to learning.
▼クトゥルフキャンペーン「汝が名は暗黒 ~Darkness, your name is」第 5 回セッション「There is no royal road to learning (学問に王道なし)」マスターやってきました。
 今回の舞台は 2013 年 2 月上旬ぐらい。リアル時間連動は切ってますが、季節は一応、ある程度、反映? みたいな?
 前回は 2013.10.13。2 年以上のブランク、ってなぁ……。ヘヴィだぜ……。
 その間、別のクトゥルフや現代モノのマスターやったとかでもないので、感覚忘れてる度合いがもう大変なアレなわけですが、そこは度胸で!
 今回は予定プレイヤー人数が 4 名、うち 1 名急病欠席により 3 名、という事態であり、自由度全開を身上とするマイ現代モノにおいてはまぁ人数少ないのは、マスタリング難易度は下がる流れではあったんですが、人数もともと少なめということで全員に導入を個別に準備してた、かつ、その中でも最初に最優先で準備した、今回の着想のスタート地点にあたる PC がいない、ということにもなっており、どうなることやら……と思いつつも接続の書き出しをきちんとしてなかったこともあって事前に埋め方を充分に検討することもできずに見切り発車したところ、まぁプレイヤー側の動きが妙にまたそれを助長したところもあったにせよ、ある PC と他の PC との話が見事に接続不良を起こしてしまい、仕方なく NPC 扱いの当該欠席 PC を一時的に活性化するといった応急処置をすることになってしまったりもしたのでした。まぁしょうがねぇ。なお、その出番を終えたところで、けっこう強引に「欠席 PC がログアウトしました」とか云って退場させたのは、戦力云々とかの話ではもちろん全然なくて、戦闘を伴う最終局面に向けて、NPC もう 1 体コントロールする余力と、もう 1 体分の行動処理時間(リアルの)を取るだけのプレイ時間の余裕がなかったことが理由ですので、そこはひとつ、よろしく、ということで。
 つうか、今回は時間余るかなーと思って(ま、思わなくてもですが)序盤ゆるゆるに運用してたら、またしても時間ギリギリという結果に……。うむ、まぁ、しばらくクトゥルフもちょっと気合入れてプレイしたいなーと思ってるところなので、感覚取り戻していきたいところです。感覚あってもいつもギリギリって云うなー。
 しかし、二次会で、OTTO 先生も実は直前「発熱と下痢」で寝込んでたらしいという事態が判明してマジ仰天でした。まったく直近では会ってもいねぇのに、このプレイグループのメンバーで、わたしと、artemis と、OTTO と、3 人もがこの同じ週で胃腸炎で寝込んでたってどういうことよ! 神話的陰謀を感じるよ!
 以下、簡単に水面下に。
2016/02/07 (Sun)
▼シナリオ準備のためもう 1 回休み。
 なんか先日の砂金(等)を活用するための準備に時間取られたのと、急に 1 名欠席の連絡が入ったのとで、いろいろとシナリオのパーツを接続する作業のほうは十全とは云えない感じになってしまいましたが、そこはもう、勢いで!
 つうか、実際そっちは緩めにしといたほうが運用じたいはしやすいわけではあるので、それはそれでオッケーの方向性で。
 しかし、その急な 1 名の体調不良が「ウイルス性胃腸炎」って……。お前もか!
2016/02/06 (Sat)
▼シナリオ準備のため 1 回休み。
 体調崩したりで難産ではありましたが、なんとかシナリオ構成する各パーツは形になった感じ。
 あとはパーツの接続ですが、そちらについてはまぁ、脳内ではできてるので……。
2016/02/05 (Fri)
[日々のいとまに]160204 ~かに雑炊~
▼体調は着実に回復基調ながら、腹の調子はやはり万全には遠く、なんかこう、腹にインパクトの穏やかなモノを……と思ってセブンをふらふら歩いてたら、何やらフリーズドライのカニ雑炊のようなものが発見されて、ふむ、と手にとってみたり。
 予想をちょっと超えてくるおいしさでした。いや、もちろん、わざわざ嗜好するようなものかといえばアレですが、この手軽さでこれはなかなかだ。こういう体調、食欲、気分のときにはかなり強力な選択肢という感じ。
 ま、問題はカロリーですが……。72 kcal って……。食欲ないけど何か食わねば、というときにこのカロリーはちょっと不足すぎる気も……。
 まぁでも食わないとか、あんまヘヴィなモン無理して食うとかよりはいいよねぇ、ってことで。
2016/02/04 (Thu)
[日々のいとまに]160203 ~チーム制とかかりつけ制~
▼例によって日経メディカルをほけらーっと眺めていて。
 こちらの記事でねー、医師の労働環境というような話で、「具体的には「主治医制」から「チーム制」へのシフトです」なる言葉を目にして。
 で、こちらの記事(等)でねー、「かかりつけ薬剤師」だのという話を目にするとですね……。
 あんだかね。
 ということで。
 深入りしては語らずにおきます。
 ……制度じたいのアホらしさについてはこちらも参考になるかな的な。
2016/02/03 (Wed)
▼急な発熱と腹部症状で 1 回休み。
 この大変な時期に!
 しかし、さまで長引くようなことも重症化もすまいという医師の言葉を信じて!
 今は進む次第!
2016/02/02 (Tue)
[日々のいとまに]160201 ~Orgel~
▼ずっと昔、というほど昔という印象がないんですが。
 当時よく通っていたどこぞの(どこだったかはもう覚えてない)PC ゲーム屋で、あるゲームのデモが流れてまして。
 そのゲームが FM Towns ゲーでな。98 ユーザーだったオレには手の出しようがないブツで。ただ、そのデモがすげぇインパクトで。
 ずっと気になってたので、その後 windows に(たぶん廉価版で?)移植されたときに、同シリーズのより以前の作品をいくつかまとめて購入し、リベンジじゃぜー、と起動してみたものの、まぁ、UI 等にがっつり手を入れたってわけでもないっぽい、もとのを遊んだことがあるわけでもない、昔のゲームを遊び切る根性はなくてな……挫折して、結局、本命の作品まで辿り着けなかった、という苦い思い出のある作品。
 Psychic Detective の第 4 作、「Orgel」ってのがそれでして。
 ちょいと検索したら、リプレイ動画がひっかかり、さっそく視聴してみたわけですが。
 いやー、すげかった。
 デモに惚れ込んでえんえんと見てたご幼少(ってほど子供だったかっつーとアレだけどねーもちろん)のオレのセンスも悪くなかったんじゃねぇの? という。
 そして、そのデモでえんえんと流れてた、その後も鮮明に覚えてた曲(リプレイではラストの墓地のあたりで(も)流れてた曲)も、まったくもって記憶していた通りで、それも堪能。いや名曲だよなこれ。
 実際、このテのゲームをリプレイ動画で見るってのはあんまし褒められた行為じゃないってのはそりゃそうだよね、ということでリンクはせずにおきますが、検索したらたぶん一発かな。
 ……で、挫折したシリーズの以前作品や、以降作品の動画もあるんですが……観るかどうかは迷い中という感じで、ひとつ。
2016/02/01 (Mon)
* Top *