深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]150731 ~カレー洋の彼方~
▼そして、今月中にあわよくば、という感じで出撃してた 4-5 をようやく踏破など。
 ……まぁ、ありえん消耗でありました。鉄が 1 万ぐらい減った……。ほかはまぁ、たいした問題じゃないのではありますが。
 最初はねー、楽しかったんですが。削り編成は雪風、榛名、摩耶、瑞鶴、翔鶴、五十鈴。ええ、まぁ、うちの最強編成ではありますが、なかなか最近この構成での出番はなくてねー。とりあえず削りは楽勝でした。問題は最終段階でして。
 何をどうやっても火力が足りないことは目に見えてたので、鳥海、摩耶、足柄、榛名、翔鶴、瑞鶴で試行。論外。対潜で必ず敗北がつくのが問題かなぁってことで鳥海を最上に差し替えてしばらくがんばってみたみたものの、結局まったく火力が足りず。仕方がないので長門、陸奥、山城、榛名、翔鶴、瑞鶴に変更。で、初手で順当にボス戦もあっさり A は取り、微妙に火力が足りないので夜戦ルートに切り替えて数試行で突破。まぁ、重たい戦力揃えて力押しで突破ってのも面白味のない話ではありますが、時間も資源もねぇのでしょうがねぇ、ってとこで。
 つーことで、1 回は突破してみたものの、資源の消費も厳しいので、ちょっと今後はどうしたもんか悩ましくなってくる次第です。いや、資源の大半は重巡編成で破壊狙ったときの消耗で、雪風編成のときは基本減らないし、戦艦編成に切り替えてからは(試行回数少なく突破できたので)大した消耗じゃなかったことを思えば、最初っから破壊は作業と割り切ってやればいいのかねぇ。
 ま、イベント月は余裕ありえないでしょうし、その後の回復期間もやってられないでしょうが。つうか、今必要なのは設計図よりも大和型なんだよ! 鉄は大建に回すべきなのであって、修理に使ってる場合じゃねぇー!
 まずはイベントに向けて鉄を最低 10 万まで回復させるべく、再び緊縮の時代が到来の模様です……。
2015/07/31 (Fri)
[日々のいとまに]150730 ~そして、赤の扉が開く~
▼何やら、DQX の 3DS 版の無料体験版が出るらしいというニュースを目撃しまして。
 フムン、と思い出して New3DS LL のサイト見に行ったら! ついに 8 月下旬に赤本体登場の報が!
 おおお、そういうことならばぁー! やるしかない! ドラクエ!
 ……まず 7 だけどな、もちろん!
 ってことで、赤本体登場を楽しみに待つ次第です。
2015/07/30 (Thu)
▼野球関連で、オレくらいのトシで多少野球を知ってたら、まぁ、だいたい誰でも知ってる名言がありまして。いやまぁ最近でも有名なのかもしれんけど。
 なんとなーく、思い出して(何で思い出したのかは秘密だぜ……)検索してみたら、こんなエピソードが。
 おおう、詳細に見てくとこんなだったのか。
 勉強になったぜ。
 いや、今、この事件の勉強してどうなるもんでもないですけど。
2015/07/29 (Wed)
▼仕事で実績解除が発生して 1 回休み。
 まぁ……べつに賞与出るわけでもないし、嬉しくもないけどね……。
 つうかなんでこの時期にここまで大変になるのかさっぱりわかりません。先週は連休明けだったからまぁわかったけどさ。それでも実績解除になるほどの事態にはならなかったわけで……。
 なんだかな。
2015/07/28 (Tue)
[須賀鎮航海日誌]150727 ~奇跡の速さで~
▼ついったー経由で。
 夏が過ぎたら速攻で探しに行くのぜ! なブツを見出しましたのでメモです。
 「奇跡の速さで
 だーく師の雪島だぜ。ちくしょう、こいつを待ってたんだ。
 オレ的に駆逐艦の運命と並んで雪島の双璧なわけでして、大いに期待しておく方向性です。ま、海に行くのは根性も時間もない(てゆか普通に仕事じゃ)のでやめときますがにゃー。
2015/07/27 (Mon)
[日々のいとまに]150726 ~Dimension W 8 巻~
▼岩原裕二「Dimension W」8 巻読了。
 本編についてはまぁ、いろいろと重要なことが明らかになりつつある、っぽいものの、なんせタマネギの皮が 1 枚ずつなのでなかなかウヒョーてなところまではいかないのが難しいところではありますが。
 ちょっと重要なところすぎる気もしないでもないけどなー。これもしかしてシリーズ最終エピソードだったりしねぇ? ぐらいに思う踏み込み具合で、もうちとこう、各地の足元のアレコレとも絡む話も見たいよー、と思ってる身からすると悩ましいところではありますが。
 まぁでも、今回についてはそれより何よりびびったのは帯だぜ。
 読み終わって、ふー、よしよし、次も楽しみじゃのう、と書泉のカバーを剥がして、帯見て、固まったぜ。
 「TV アニメ化決定!!
 ってマジかよ! こ、こ、これはちょっと! 本格的に楽しみかもしれん!
 一瞬だけどエリーさんも目視で確認。よしよし。キャスト誰ー!?
 ま、劇伴とか重要なとこがまだ公開されとらんので、まだ強くは云い切れんけどねー。
 さらなる情報の開示をほけーっと待つ次第です。
2015/07/26 (Sun)
[日々のいとまに]150725 ~Route E~
▼そういや今期コンクエの報酬って決まったんじゃろか、と眺めに行ったら、なんか E ルートが実装された、とか情報が載っておりまして。
 久々にソロで出撃してみましたシブースト。
 1 コインだけの出撃で、当然裏は出ていない状態で、00 面まで行ってワンミスで死亡。まぁ、結果はこんなもんじゃろうという感じでしょうか。こゆとこ最初に突っ込むのは当然ストフリなので、基本被弾はしないものの、ミスって食らうとそれで終わったりする感じで。
 いやまぁ、つまんなくはないと思いますし、難易度も概ね順当かなぁとは思いますが、「ここまで出し惜しみして」投入する新ネタとしては微妙すぎ、とも正直ちょっと思ったところではありました。てゆか、何考えてこういう構成を(たぶん)最後の新規 CPU ルートに入れようと思ったんじゃろうか……。
 ま、裏行ってみたらまた違う感想になるかもなので、結論はそっちも試してから、ということで、ひとつ。
2015/07/25 (Sat)
[日々のいとまに]150724 ~刀剣磨上~
▼なんか突如、一部の太刀が打刀にと分類変更された、といううわさが流れてきて、確認してみたらマジでした。
 やー、まぁ、所持してる中では、「このへんのって打刀だと思ってたけど太刀だったんかい」ぐらいに思ってたものどもではあったので、結果にはむしろ文句はないんですが、ゲーム性とかには影響するだろうなぁ……。
 とか思って、どう影響するのかさっぱりわからない自分に苦笑。
 いやー、ふた月ほどもそれなりに遊んでおきながら、まったくゲームシステムわかってないっぽいなオレ! 艦これと近いということでちゃんと勉強していないって面はあるにせよ、サブゲーに費やせるパワーはこんなもん、ってとこでしょうか……。
 つうか、もう 1 本の槍が手に入ったらいろいろちゃんと練ろうとか思いはじめて幾星霜ですよ。なんで蜻蛉切ばっか大量に溜まっていくんじゃ……レシピ同じでいいんだよね……?
2015/07/24 (Fri)
[日々のいとまに]150723 ~オールラウンダー廻 17 巻~
▼遠藤浩輝「オールラウンダー廻」17 巻読了。
 まぁ、冒頭のメグルの試合についてはとりあえずコメントの余地があんまねぇとして。
 その後がなんとも、でありました。
 以下一応ネタバレのため水面下に。
2015/07/23 (Thu)
▼連休明けが修羅場になって 1 回休み……。
 いやまぁ、大変だろうとは覚悟してたけど、想定以上じゃった、ぜ……。
 このクソ暑いのに、ねぇ……。
2015/07/22 (Wed)
[日々のいとまに]150721 ~3x3 EYES 幻獣の森の遭難者 1 巻~
▼高田裕三「3x3 EYES 幻獣の森の遭難者」1 巻読了。電書で。
 いや、実を云うと、そこまで全力での期待をしていたわけでありませんでした。好きな作品ではあったし、時期によっては大好きな作品であった、と申し上げてまったく過言ではないと思うのではありますが、最後のほうはさすがにがっつり張り付いてついてはいけなくてな……。いったん脱落→漫喫で一気読み、という形で一応最後までは読んだものの、印象が充分には鮮明でなくてな……。
 直系の続編ということらしいので、ちょっとそれはちゃんとついていけるのか不安じゃのう……というのが。
 ま、実際、タイトル変えての続編であれば、それでもちゃんと面白く読めるものに仕上がってるであろう、という信頼はもちろんあるわけで、「全力で」期待できるかっつーと、というレベルの話ではありますが。
 杞憂でした。
 いやまぁ、いろいろ思い出せないことだらけではあるんだけどねー。さっ引いても充分大満足、というか。
 つーか、あんだけの事態を経由した世界で、あんだけの事態のド真ん中突っ走ってきた八雲なんかは実際それだけのことはある、昔のベナレスばりの別格者でちゃんとあり続けつつも、それにとっての脅威をシンプルなインフレ方面には拠らずに設定しつつあるっぽいのが熱いぜ、とでもいうような。
 ま、そこまでは今巻の範囲では云い切れないかもではありますが。
 でもやっぱ、画面の魅力がスゲェよな、と、思う次第です。ま、前作が好きだったからってのはあります、もちろん。ただ、長い時間を置いて始まった「好きだった作品の続編」に、「ああ、帰ってきた」という方向性の画面の魅力をちゃんと感じられるってこと、実はそんなに毎回じゃないからねぇ。
 また続きを心待ちにする作品が増えてしまったぜ……。
2015/07/21 (Tue)
▼突発で 1 杯出撃など。まぁ、いつものメンツではありますが、今回は行った店が当たりだった(てゆか、基本当たりな店だけど、最近あんまし行ってなかった&入荷状況がとくに当たりだったってことねー)感じで上々でした。
 そして! がんばってマッドマックス布教してきたぜ! 観てくれるといいなの方向性で。そしてパラディンふたりで強敵に突撃しながら叫ぶのぜ! 「Witness Me!!」と!
2015/07/20 (Mon)
[須賀鎮航海日誌]150719 ~MS 舗装回廊~
▼てことで勢いで 6-2 に突撃。
 ほとんど抵抗を受けることもなく通過に成功。
 な、なんだこのゆるさは! 何がゆるいって、航空巡洋艦に砲積み忘れて(瑞雲瑞雲アキアキ)一発突破昼戦 S ですよ! わ、わけがわからねぇ……。
 経験値は 5-4 同等とのことで、これならこっちがいいよなぁ……。あ、戦果とかどうでもいいので。どうせランキングとか無理すぎだしねー。
 何が重要って、こっちなら「戦艦や空母が育ち過ぎる心配なしに軽量級の水上艦艇を育成できる」って点です。対潜でさえ(2 順するための)戦艦が必要になって勝手に育ってしまうという問題を考えると、これは素晴らしい。
 てゆことで、70 レベルちょうどぐらいにして置いてある大量の軽量艦艇をまとめて底上げする好機到来と見た! イベントまでにどんくらい仕上がるか!
 ……ま、その前にやっとかにゃならんコトが多くて、そこまで手が回るかは微妙ですが……。
2015/07/19 (Sun)
▼新国立、って云うとまず劇場が先に浮かぶ文化圏のアレですが。
 なんか最近また例の連載が注目されてるっぽいので、懐かしいにゃー、うちでメモったのいつだっけにゃー、と思って掘ってみたところ、昨年の 1 月だった模様。
 そうか、イカ建築だっけ。
 カキとか云われちゃってるけど!
 で、結局ゼロから見直しだそうですが、実際ゼロからどういう方向でデザインする気なんじゃろう……。
 件の連載の最新が「帰ってきた国立競技場計画」とのことで、何やら「壊してしまった国立競技場でしたが、この建物の DNA をつかって新築しようという計画を立てています」とのことで、それはそれで熱いっぽい! かも!
 ……てゆか、実際オリンピックとか来んなよとずっと思ってましたが、この騒ぎでさらにその機運が高まっている次第です。オレ内部で。勝手に。
 やれやれ。
2015/07/18 (Sat)
[須賀鎮航海日誌]150717 ~中部潜水艦作戦~
▼6-1 突破。初めて。
 ええ、初めてです。なかなかそこまで到達しなくてさ、というか、潜水艦がまるきし育ってなかったので。ある時期からオリョール出撃を行うようになり、それで潜水艦は育ってはきたものの、今度はイベントだのイベントでの消耗からの回復だので余力がなくなっていて、今に至るまで手を出せていなかった、という……。
 てことで、ツラいと噂の 6-1、初挑戦! 初突破!
 ……まぁ、A だったけどなー。ま、ツラいのは S 周回を狙うようになってから、ということではありましょう。あとは実際、攻略情報がっつり読んでやったってのも大きいとは思いますが。ただし、例によって、「攻略情報のオススメまんまの編成は使わない」で行きましたが。というか、ハイパーズが(突破戦の戦力になるレベルでは)いないうちの艦隊では、そもそもオススメ通りの編成ができないことが多いわけでして。あと、「空母 1 隻のみを用いる編成で加賀を使う」のも全力で避けるので。空母を 1 隻だけで使うなら大鳳だぜ断じて。
 てことで、今回は大鳳編成でございました。
 内訳は、U-511、伊8、伊58、神通、大淀、大鳳。
 で、やってて思ったわけですが、こういう難易度構成だと先制の魚雷が重要になるってのはなるほどねぇという感じで。「爆雷が降り始める前に」数を減らすのがキモってことか。
 周回やるなら順列等についても再考の余地アリアリと思われますが、ま、そこはおいおいで。
 ……あぶくの育成もやっておいてからなら、また選択肢も広がるかなー。
2015/07/17 (Fri)
[日々のいとまに]150716 ~法案通過~
▼先日ちょろっと「内田樹の呪い」について口走ったわけですが。
 まさにそんな感じになってるついーとを多々目撃してどんよりと苦笑した次第です。
 ま、それを観察するオレ自身もまた、その種の呪いから無縁でいられてるわけでもねぇんだろうけどね。
2015/07/16 (Thu)
[日々のいとまに]150715 ~MAD MAX: FURY ROAD~
▼「マッドマックス:怒りのデス・ロード」観てきたー。レイトで。2D 字幕。仕事帰りに。
 仕事帰りに間に合う時間てことだけ調べて出撃したところ、帰路の終電がない可能性をすっかり忘れてて別路線の駅まで歩く羽目になったのはアレでした……。
 ついったー周辺で、さんざっぱら評判は目にしていて、ついでにいろいろと解釈とかも目にしていて、こいつは是非観ておかねば……と思い始めてずいぶんたって、ようやく機会が得られた感じ。
 結論:ニュークス! ニュークス! Witnessed!!
 予備情報では、オレはぜったいギターさんに燃え萌えに違いない! と思ってたわけですが、まぁ、そこは順当に熱かったものの、ニュークスがズルすぎる。あれはガード不能だ。次点でドーフワゴンのドラム隊。ドーフ先生は 3 着ぐらいかのう。
 ……いや、せっかく気合入れて映画観に来たのに、1 日仕事した後で目も疲れてるしこんなコンディションでちゃんと観られるんだろうか……とか予告眺めてるあたりではいろいろ思ってたのが、気がついたらそんなの忘れてしっかり最後まで見届けてましたのことですよ! スゲェ吸引/牽引力だ。
 かなり満足! しかしやはり、若干予備情報入れすぎたかなぁ、というのと、これは 3D が正解だったかもしれん、というのは、ちょっとばかりは、やっぱり、あったぜ!
 さすがに近々もう 1 度時間作って環境スゲェところで観るってのは、生活時間的に難しいだろうしなぁ……。
 てことで、今さらオレなんかが云う必要もカケラもねぇことではありますが、ドススメであります。
2015/07/15 (Wed)
▼月の中間にやっつけなきゃならん仕事をやっつけるので 1 回休み。
 ……いや、ふだんなら日常の隙間に片付けられる内容なんですが、今回は組織の上のほうから降ってきたトラブルとかで対応時間が作れなくてな……。
 それ自体けっこうな災難だったんですが、原因が判明したのはいいとして、対処はこれからひと仕事になりかねんことを思うと、な……。今後にかけてもげっそるであります。
2015/07/14 (Tue)
[日々のいとまに]150713 ~ジェネリックとかあれこれ~
▼例によってついったー経由で、Newsweek 方面の記事などに流れつきまして。
 「TPPが医療費高騰を招く?
 まぁ、知財まわりと医療まわりは TPP においては最も慎重にディフェンスしなきゃならん部分だとずっと思っている部分なわけでして、その両方にかかってくいるこれも大いに興味深く拝読したわけですが、ちょっと思い出した日経メディカルの記事もついでにメモしておこうかなぁとかそんな感じで。
 「米国で後発品価格が高騰、日本にも実は影響が…
 「後発品の価格上昇にいかに対抗するか
 ま、ジェネリックなら安い、とかそういうシンプルな話じゃねぇわけではあるんだよねぇ……というのも重要な要素だよねーとかそういうアレで。
2015/07/13 (Mon)
[Life as a Half Drow]Into The Tower
▼4 版新キャンペーン第 12 回(かな?)、出撃してきましたー。
 今回も遅刻、の結果、2 戦闘遭遇の構成のうち、1 戦闘しか参加できないという事態が。やれやれだぜ……と思いきや、なんかわたし的にはかなり満足度の高いセッションになったりしてアレでした。すまん、ちょっとひとりで楽しみすぎたかもしれん。
 以下記録は水面下に。
2015/07/12 (Sun)
[Life as a Half Drow]For Initiative Table
▼うちの職場もご他聞に漏れずテプラとか多用されてるわけですが。
 ほけーっと眺めててふと思った。
 これなのではないか! と! 君は!
 100 均のホワイトボードをイニシアチブ管理に使うのはずっと以前からやってることですが、それに使用する各 PC や敵を示す磁石にどう名前を書くか、というのもまた、ずっと以前からの問題でした。
 テプラで打って貼ればいいのでは!
 ってことで持ってる人誰か作ってーよろしくー。
 ……いや、「何を今さら……」と云われておわりな気はしますが……。
2015/07/11 (Sat)
[日々のいとまに]150710 ~消えた出陣 UMA~
▼いつものように刀剣乱舞を起動してみたら、いろいろ細かい画像が差し替わってて、「?」となり、それから「おお」と。
 ……こんなにたくさん、該当部分があったのね……。
 もっとほんの数箇所の問題なんかと思ってましたが、あまりの満載っぷりにさすがに笑ったよ。お笑いになった。そうだろうが。
 ……とりあえず、あの出撃中の謎の馬は激しく謎だったので、旗だけになっていっそ自然になったなぁ感は正直あったわけですが、今のままではさすがに殺風景すぎる気もしないではないので、うまいさらなる改善を期待したいものです。
2015/07/10 (Fri)
▼ほけーっとマホロミをパラパラめくっててふと思ったこと。
 こいつら(旧)国立競技場に触りに行くべきだったんじゃなかろうか。
 とか。
 いやまぁ、深い意図とかは何もないです。
2015/07/09 (Thu)
[日々のいとまに]150708 ~独房の探偵~
▼藤木稟「バチカン奇跡調査官~独房の探偵」読了。電書で。
 やー、面白かった!
 ……いや、まぁ、毎度面白いシリーズではあるんですが、今回はいつにも増してすっきりそう云える感じで。ま、振り返ってみると、「短編集は最後の 1 編がいいと読後感がそれだけで素晴らしくなるね!」という結論になっちまう気もしなくはないですが、ま、そんくらい「独房の探偵」は素晴らしかったです。次点で「魔女のスープ」も平均を大幅に超えてきた感触。あとふたつがまぁ、微妙といえば微妙だったわけですが、今後につながる本編中の小エピソードという意味ではいずれも重要になってくるだろうということで、ま、いいのかな、と。
 ……とか書いてて、ちょっと(このシリーズのファンとしては)問題な疑問が湧いてきてしまったりもしているわけですが。つまり「カトリックテクスチャが弱いほうの作品ほど気に入った」という……。
 「独房の探偵」とか本格的にヤバいレベルの萌えキャラ登場(フィオナだよーもちろん念のため)なうえに、カラビニエリの、まぁ凡人俗物枠の相棒キャラがまたナイスガイで、なんでこいつらこんなにイカすんだろ、とちょっと考えたら、もしかしてこいつらがクリスチャンではない、ってことはないにしても、それを前面に押し出してくるキャラではない、ってことが少なからぬウェイトを占めているんでは……とか思えてきてしまってな……。
 いや、好きな要素ではあるんだけどねー、このシリーズのカトリックテクスチャ。やっぱり自然にイカすと思えるのは、そこを強調してこない場合のほうになるのかなぁ、オレの場合は、とか思ってしまったりしたのでありました。今回も奇跡めいた一見超常現象っぽいデキゴトが俗界のロジックで説明できちゃったよー、というオチにはなる(さすがにこれはネタバレとは云わないでいいよね……?)んですが、ここにも「奇跡を認めさせたくてしょうがない現地協会の連中」的勢力が登場しないことで感触が自然になってるように思えてしまう、というような。
 でも、このシリーズならではの味わいってのはやっぱりあのカトリックテクスチャに少なからず負っている部分ではあるはずだとも思うわけでなぁ。
 悩ましいところじゃぜ……。
 とかそんな感じで。
2015/07/08 (Wed)
[日々のいとまに]150707 ~東日本大震災、体育館避難所で起きたこと~
▼えー、本日はご紹介のみで。
 「東日本大震災、体育館避難所で起きたこと
 ……いや、何か語ろうかと思ったけど、語る余地ねぇ感じでありました……。
2015/07/07 (Tue)
[須賀鎮航海日誌]150706 ~雌伏の時の終わり、進撃のはじまり(予定)~
▼長い倹約の時代がここについに一段落となりましたのでご報告申し上げます。
 具体的には、バケツ 2,000、鉄 100,000 オーバーまでようやく回復!
 これをもって、通常の出撃ペースと建造ペースへの復帰を宣言いたします。
 手始めに大型! 榛名! 1 敗!
2015/07/06 (Mon)
[日々のいとまに]150705 ~ハデス vs アレス~
▼「SHOOT BOXING 2015 ~ SB 30th Anniversary ~ act.3」メインのタップロンvs鈴木のみ観戦。動画で
 ブラーヴォー! と、申し上げたい次第です。ムエタイ君素晴らしい。観たかったかなぁ、これは。日程調整等で行けなかったんだぜ。むろん鈴木博昭は好きな選手ですが、ムエタイ愛も根深くあるわけで、これだけのムエタイを見せられてはガード不能というもので。つうか、ムエタイはミドルの美しさですよ! と思うわけですよ、チャンプア君にやられてムエタイ好きになった身としては。ミーハーなのは重々自覚してますが!
 3 ラウンドラストのロープ際の攻防については、正直なんともいえん。動画でこの角度で観ると、「あんな場外へ投げられそうな形になったら、ロープに腕ひっかかるのはしょうがないじゃん」という気分になりますが、現地の座席で決まった角度から観てたらまた違う印象だったかも。
 チャンネルにはほかの試合も、前の興行とかも、動画満載であり、過去分も面白そうなのは漁ってみようかなと思うとともに、今後も楽しみにしたい次第です。
2015/07/05 (Sun)
[日々のいとまに]150704 ~アンゴルモア 3 巻~
▼たかぎ七彦「アンゴルモア~元寇合戦記」3 巻読了。電書で。
 相変わらずの熱量でございました。
 つうか、後半の「城」の防衛戦とかね。300 かよ! 的なアレが。とか思ってたら本気で 300 的な敵が登場したりしてまた思わず笑ってしまったりも。
 しかしまぁ、戦術的勝利は積み重なっているのに、着々と絶望感が加速していくのう……。逃げ場皆無っつー感じじゃねぇのこれ。
 狭い島という舞台の苦しさがしみじみとのしかかってくる感じで。
 今後にもさらに期待してゆく次第です。というか、まだ 1 巻冒頭にたどりつかんのか!
 以下ネタバレ感想を水面下に。
 ……あれ、「まだ 1 巻冒頭にたどりついていない」はネタバレか?
2015/07/04 (Sat)
[日々のいとまに]150703 ~央端社の秘密~
▼例によってついったー経由で。
 なんか、まんまクトゥルフかナイトメアのシナリオのネタにできそうな怖い事案に遭遇したのでめも。
 「存在する? 出版が確認出来ない出典のWikipedia記事問題
 わはは、なんだこれ。
 スゲェ……。ミンメイさんもびっくりじゃぜ……。
2015/07/03 (Fri)
[日々のいとまに]150702 ~沖縄 もう一つの現実~
▼NEWSWEEK 2015 年 6 月 30 日号読了。電書で。NEWSWEEK は買うのは久しぶりだぜ。
 ついったーはフォローしているので、記事ひとつひとつはときどき読んだりもしているのですが。
 むろん特集目当てに買ったわけではありますが、やっぱり 1 冊しっかり興味深い雑誌でありました。
 特集については、実際、あんまし目新しさはないといえばいえるような内容ではあったわけですが、「NEWSWEEK がこっち側に立った記事を書くとはねぇ……」的な感慨はありました。しかし、オレの TL でろくに(それこそ NEWSWEEK ツイッターご自身のものをのぞけば)ほとんど右からも左からもこれへの言及がないというのは……うーん……と苦笑してみたりも。どういう苦笑が妥当なのかについては、ちょっと自信なくもあるんだけどね。でも、苦笑するしかない感じではあるなぁ、と。
 そして、鳩山由紀夫の醜怪さにのけぞってしまった次第です。
 あらためてこうして、まとまった形で本人の主張を見ると、なんとも。
 なんとも。
 なんともな……。
2015/07/02 (Thu)
* Top * Next