FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]141222 ~全滅領域~
▼ジェフ・ヴァンダミア「全滅領域 サザーン・リーチ 1」読了。電書で。
 いやぁ。すげかった。
 ……どうすげぇのかが何とも云い表し難い感じのすげさでして、そのへんがコナミな感想になっちまうところであり、つらいところなのではありますが。
 いや、ひと言で云うと、「し、正気度低い!」とかまぁ、そんな感じにはなるんですが。一人称なんですが、それがもう、叙述トリックじゃないけど、「私の書いてることは信用なりませんよー」と全力で主張してるような感じのアレでなぁ。
 実際、1 巻終了時点で何も明らかになってねぇだろ、という。
 で、つまんねぇのかというと、これが面白いんだわ、かなりイイ感じで。
 テクスチャは SF っぽいっちゃ SF っぽいけど、実質ホラーだよねー的な、というような感じで。
 つうかホントは文字列ちゃんとつなぎあわせるメモとか取りながら読まなきゃならんのだろうけど、それはやってない次第でした。
 さらにしょうもない感想を云うと、だいたい、こう、海外製小説とか読むと、これを別メディア移植するなら当然映画になるんだよねー、つーか、映画にする気満々で書いてるよねー、つーか、映画にする気満々なモンを選んで翻訳出してるのか? とか、そういうような印象を受けるわけなんですが、これは全然違う感触でした。これを移植するなら、ゲーム一択、でしょう。つーかまんま MYST とか ICO とかそういう感じじゃんよ。うむ、この世界を実際に探索したいぞ。この、「第何次」という感じで探索部隊を送り出す感じも、トライアンドゲームオーバーを繰り返すゲームっぽい感触を与えるものでもあるし。
 ってことで、速攻で次を読むぜ! と思ったわけですが、次はまだ電書になっていなかったのでした。ギャフン。
 なったら速攻買うぜー。
2014/12/22 (Mon)
* Top *