深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]141130 ~S-cup 2014~
▼つーことで今回も観戦行ってきました S-cup。
 いやぁ、なんかもうまったく想像もしてなかったことですが、これはもう「ザカリア大会」と云ってしまって過言ではないでしょうとも。
 ノーマークとかそういう以前に、そもそも出場予定選手に入ってなかったわけだしな! 直前に決まって、当日朝 10 時に到着してそのまま参戦、で決勝延長 1 ラウンドまで鈴木博昭相手に押し気味に、とは。化物ですか。
 ってことで、実際当日はまったく何者かわからずに見て盛り上がってたわけですが、4 月に鈴木博昭と戦って敗れてたのね。となるとこれは本物っぽい。わからん殺し系じゃねぇってことなわけで。
 総評で過去最高の大会だったか、というと、まぁ、うーん、ってとこではありましたが、ザカリア君が全試合素晴らしかったので、肯定、としておきますですよ。カッケェ!
 しかしまぁ、そのザカリア君、そもそも参戦したこと自体がアクシデントへの対応だったことに加え、そこからリザーバーとしての登場から、本戦 1 回戦のひと試合が両者その先へ進めなくなっての本戦突入からあの暴れっぷりですよ。いやホント、わからんもんじゃ。
 その他では、プロレスが 1 試合あったのが、なんか異色のというか、全然期待してなかったところに全然違うモノ見せられてウヒョーという感じで妙に盛り上がったのが印象的でした。っつーか、以前にプロレスも直接観戦の経験はありますが、そのときあんまし感心しなかったのは、「遠かったからだ」ってのをまた再認識した感があります。あの近さで、あのデカい連中が、ああもブンブン飛び回るのは異様な迫力でありました。ワイヤーなしなんだぜ、あれ……とかそういう。
 といって、さすがにプロレスそれ自体の興行を見に行きたいという気持ちになるかっつーとそれはそれで別ですがー。
 っつーことで、試合についてはとりあえずこのあたりにしておいて、それ以外のことをちょいと、蛇足とは重々承知で水面下に。
2014/11/30 (Sun)
▼いい肉の日に肉を食いに行っただけのはずが、なぜかオケ屋に連れて行かれて 1 時間ちょい歌うというような事態に……どうしてこうなった……。
 つーことで、数曲歌ってきました。ド久々に。
 声は出ねぇし、曲は思いつかねぇしで大変ではありましたが、とりあえず「半パン魂」を試せたのでよしとするのです。
2014/11/29 (Sat)
▼本命にはまだ届いていないものの、何故か欠けていた夕雲を入手! よしよし、これでこの掘り作業は「無駄」ではなくなったと云えるッ!
 ……と思ったらその直後にもう 1 隻夕雲を引く事案が発生。
 まったく! このゲームのドロップテーブル乱数ときたら!
 極端すぎるだろ、実際……。
2014/11/28 (Fri)
▼えーと、何してたか思い出せない 1 日。
 まぁ、普通に仕事と艦これに明け暮れてたと思われます、サー。
2014/11/27 (Thu)
[須賀鎮航海日誌]141126 ~パラオ攻略戦~
▼そして E-4 突破。
 さすがに若干は手間取りましたが、苦労というほどのことはなく。
 手持ちの最強戦力を出し惜しみせずに投入できる、というのは楽しいもんじゃのう、というか、E-3 の時点ですでにけっこう、「夏と違って、「ここから先」のために温存する必要がないので、「うちのベストメンバーをフル投入した連合艦隊」で出撃できる、ってのが快絶」ってのは思ってたわけですが、E-4 ともなればなおさら。今度は空母戦力も全開でいけるわけだしなー。
 つーことで、記念に編成記録など。水面下に。
2014/11/26 (Wed)
▼先日のプレイ日数義務では、ガトーゲルググ以外の 2 機のプレイ権を手に入れました。ガトーゲルググは家庭用で使ってるしいまさらべつにいいよねーということで、まぁこの引きは当たりと云っていいだろう、と。
 てことで、試乗会がてら対戦会に出かけてみたわけですが。
 不具合でこれら新機体が使用禁止とか! 聞いてないよー!
 サイトには出てた……し、数日前からそうなってたらしいわけですが、にもかかわらず、ここで現場で張り紙で知ったわれわれの音速の遅さには呆れるばかりでありました……。
 いやしかしけっこうながっかり感であったことだ、ぜ……。
2014/11/25 (Tue)
[Life as a Half Drow]5th Inspiration
▼つーことで、5 版ファーストセッション遊んできたわけですが。
 これ、どうなるんだろうなー、と思ってたことがまぁ、1 点ありまして。云うまでもない感じかと思いますが「背景」と「インスピレーション」でございます。
 や、そこまで心配はしてなかったんだけどねー。そりゃ「ロールプレイ支援制度」みたいな云い方すると、わたし的には苦手そうな響きになるといえばなるのではありますが、実際、3.x 版で云うところの、「パラディンのパワーを満喫するためには、その面倒くさいコードを演じて見せねばならん」的なアレの延長線上と思えば、べつにいまさら新たにどうこう思うようなモノでもなくね? という感じもするわけで。蓄積が効かず、一発ずつの使いきりで効果もそこまで強烈ではない、という点を考えると、「やり続けることにより定常的にデカいパワーを発揮し続けられるが、やり続けなければならない」3.x 版パラディン(が実際そこまで強いかはアレかもしれませんが)や GURPS 的「不利な特徴」とかと比べれば、むしろ「後退」なり、リミッターを付加して、「そこまで毎度毎度やらんでもいいよ」と逃げ道も与えたようなものという見方も可能だと思うんだよねー。
 で、実際、和訳された実例とか見ると、それぞれの特徴がまた「毎回毎回やろうとしたらたまらなそうだが、たまにやる指針として見るとなかなか面白そう」という感じで。
 つーことで、どっちかっつーと楽しみにして行ったわけですが、大筋で期待したとおりの方向性ではあったかと思います。やっぱ、ひととおり、全部の背景の全部の特徴の和訳は欲しい(こゆ系の英文は苦手なんで、自分で作るのはちと現実的じゃないんだよにゃー)ところだな……。
 まぁでも、今回のプレイヤーからの評でヒットだったのは以下でありました。
 「この「弱点・欠点」って「トラウマ」とは違うんだよね!?」
 確かに、云われてみれば、今回そんなのばっか引かれてたような!
2014/11/24 (Mon)
[Life as a Half Drow]The Ambition of Goblinistan. #1 An Apostle of Aerdrie
▼5 版ファーストセッション、DM で遊んできました。
 うむ、体調微妙(つうか、ひどくはないけど実際明らかに悪い)+DM 準備+艦これイベントもちょっとは回しておかんと、が揃うと、日記更新する余力は実際皆無でありました……。ってことで、これからじわじわ過去分も取り返していく方向性で……。
 プレイグループ内では 4 版がまだまだ隆盛(これから頂へと駆け上がる勢い、ではないにせよ、爛熟期であり、凋落の兆しは見えない、ぐらいの)である今、敢えて新版を投入する、からには、そりゃまぁ 5 版の 5 版たる所以、存分に味わうがいいッ! ぐらいの気持ちは込めたわけではありますが、さっすがに、いくら、その強みのひとつが「時間的な軽さ」であるとはいえ、今回は詰めすぎた、かな……ということで、いろいろと、ダンジョンマッピングとかをオミットしての実践とはなりましたが、全体としては、是、と云ってよいセッションになったのではないかと思います。
 以下、簡単に水面下に。
2014/11/23 (Sun)
▼セッションに向け、ルールサマリーを 1 部、セブンで刷ってみるなど。
 クォリティは文句なしでした。が、ね、ねだんが……こすとが……ぷらいすが……。
 いや、たぶん高くはないんだと思います。実際、自分でカラープリンタ用意して刷ったときのランニングコストに比べて、実はそこまで極端に変わらない、ってことは、ありそう? ってことで、ちょちょいと調べたところ、5 倍はいかないぐらいのようで、まぁ、すでにカラー機を持ってたらそりゃ手元で刷るけど、カラー機を新たに持とうと思うモチベーションにはならないぐらいの値段差かなぁ、ぐらいで。
 まぁでも、その場で(コンビニで)支払う現金の額がやはり尻込みさせるものではあるなぁ、とも思った次第でありました。
 今回、お手持ちのカラープリンタで人数分用意してくれた BOSS に感謝、であります。
 いつもの比じゃなくコストかかってる配布資料なので、みなさん大事に使いましょうです。
2014/11/22 (Sat)
▼めも。
 “#RO”のDNAを受け継ぐ『Tree of Savior』
 ……ちょっと惹かれてしまうのがもう、われながら……なぁ……。
2014/11/21 (Fri)
[須賀鎮航海日誌]141120 ~E-3 突破~
▼まぁ、シナリオ準備とかしつつふつうに片手間で突破成功であり、特筆すべきほどのことはあんましなかったのですが、一応記録など。
 第一艦隊:あきつ丸改、大鳳改、山城改、扶桑改、羽黒改二、摩耶改
 第二艦隊:五十鈴改二、雪風改、夕立改二、ヴェールヌイ、谷風改、木曾改二
 扶桑山城は再改造レベルではありますが、改造後の改修とか考えるのが面倒だったので改のまま投入。あきつは 35 レベルぐらいでしたが、まぁ、問題なし。ほかはだいたい 80 以上で、摩耶、五十鈴、雪風が 100 オーバーでした。装備については最近実装された再強化はノータッチ。
 一応ここまでがイベント本編として、世の中的にはヌルい、と云われてるようであり、まぁ、そうとも云えば云えるかな、とは思いますが、普通に仕事もほかの趣味も持ちながら遊ぶゲームとしては、このあたりがまともに乗れる妥当な線かなぁ、とも思うところ。実際、夏イベントは盆時期で休みもあったにもかかわらず時間切れ撤退になったわけでな……。
 さて、次はエクストラ、か……。野分もマイフェイヴァリット駆逐艦群の一角なので、なんとかがんばりたいところ!
 ……つうか、もう気分的には「陽炎型これくしょん」ですがー。数が多いんで、もともと全艦に思い入れがあったってわけでもないのではありますが、野分は艦これ以前から上位寄りだしなー。初風とかはそうでもないのではありますが。磯風もかなり上位だったので、昨イベントは悔しかったのぜ……。
2014/11/20 (Thu)
[日々のいとまに]141119 ~有害都市~
▼オレ的には「マンホールの」ってのが肩書きの第一選択になるところの筒井哲也の最新作が読めると聞いて出撃。
 「有害都市
 うむ、今回も容赦も衒いもねぇ直球っぷりでありました。つーか、マンホールって有害指定食らってたのか……長崎県で……。
 いや、有害だと云いたくなるような阿呆(個人の感想です)がいて、その意見が通ってしまうような自治体がどっかにあってもまぁ、不思議はないインパクトのある作品だとは思いますが、よりによって長崎だぞ? わが国が世界に誇る熱研のお膝元だぞ?
 なんという見識のなさ。なんというプライドのなさ。恥を知れ、俗物! ってこういうときに使う言葉じゃねぇのか?
 むしろ長崎でなら教育的推薦図書になってもいいぐらいのブツだと思うんだがなぁ……。いや、もちろん教科書にはできないけどさー。
 つーわけで、「マンホール」も名作ですよー、とオススメしつつ、有害都市の今後にも期待! 現時点で 2 話までで、これまでのところ文句なく面白いです。
2014/11/19 (Wed)
▼シナリオ完成~。
 ってもまぁ、あんましかちっとシナリオらしいのを作る気だったわけでもないので、いろいろとざっくりしたものではありますが。
 とりあえずこれで最低限、当日回すことはできるぜ……! 体調のほうが悪化しなければ、ですがー。
2014/11/18 (Tue)
[須賀鎮航海日誌]141117 ~第三艦隊の輝き~
▼月曜はひたすら資源遠征艦隊用艦艇のキラ貼りと支援艦隊用艦艇(2 セット分 12 隻)のキラ貼りに費やされる余暇時間(のうちの艦これ充当分)……。まぁ、支援艦隊を整備しておくってことは、そのまんまボス戦での敵が 2 隻減る、ということを意味する、と云ってもそれほど過言ではないわけでして、世に(内輪に)少なくない「キラキラ教」には、主戦略艦隊についてであればまったく同意しないものの、支援艦隊については全力で行う所存であります。
2014/11/17 (Mon)
▼体調に苦しんだ 1 日。というか、体調の悪さそのものはそこまでじゃないんですが、「休んだはずなのに回復した気がしねぇ!」という意味で……。寝ても疲れが取れねぇ、的なのとは基本無縁なのですが、弱ってるときの回復が思うに任せないってのはけっこうある、よな……。
2014/11/16 (Sun)
▼対戦会に軽く出撃、など。
 戦果? あんま覚えてねぇな……。まぁ、ノーベルは相変わらず無理ゲーすぎて笑える、ぐらいでしょうか。バーサークするまではひたすら長期戦を覚悟して耐えに耐える……しかないのかもですが、それに足並みそろえてくれと相棒に云うのも難しいしな……。
2014/11/15 (Sat)
▼久しぶりに手描きでダンジョンマップを描き描き。いや、清書はもちろん PC で描きますが、PC 上で一発描きは、以前ならともかく、しばらくマップ作りとかから遠ざかっていた身にはちょっと無謀そうに思えたので。
 そして実際描いてみて、マップ作り勘みたいなものが全力で衰えていることをしみじみ実感してみたり。4 版時代はあんまちゃんとダンジョンマップとか描くことなかったからなぁ……。
 ま、全盛期だったらスゲェイカすマップがバリバリ描けてた、とか、そこまでの自負はないけどねー。
2014/11/14 (Fri)
▼体調さらに悪化。というかまぁ、働いてて悪化した感じですが。
 つうかどうすんだこれ。おそらくあと 1 日と土曜の出勤ぐらいを、しのげるかどうかと云われれば、しのげるだろう、とは思いますが……。
 休む、という選択肢は、基本的にはない性分なんですが、さすがにあんまひどいと選択以前だよなぁ……。
 もちろん、今までで最悪の不調、にはほど遠いけどね!
2014/11/13 (Thu)
▼まぁ実際問題として、仕事が充分忙しく、体調も微妙で、新ルール初回用のシナリオ準備とかやってると、ココに書くネタがないというか、あるネタについては書いてるヒマがなくなりがちな次第です。
 ……日付に穴をあけまいと、こう、中身のないことを書いてもしょうがないとは思うんだけどねー。
2014/11/12 (Wed)
▼第五隧道さまにて5版所感記事が。
 所感としてももちろん興味深いのですが、「このクラスはこういうふうに機能する」「この呪文はこう処理される」といったあたりの処理の Tips 的なものとして読むことで、かなり実践の参考になりそうな予感。
 まだそのあたりを考えるほどの準備は進展してないのが問題ですがー! 体調が……体調がちょこっと足りないのかしら……!
2014/11/11 (Tue)
▼新キャンペーン初回用キー NPC の案がポップアップ!
 よし、これで勝つる!
 ……べつに重要 NPC とかそういう方向性じゃない予定なんだけどねー。
2014/11/10 (Mon)
▼そして頭痛がおさまったと思ったら、またなんか別件で不調が……。
 これまた、これまでで最悪の不調、にはほど遠いものの、「こんなに長引くのか?」という感じで、なんか妙に QOL 下がるんだよなー。
 どうなってるんだか……。いや、「要するに、総合的に体調が悪い、だけ」と云われりゃアッハイとしか云えないのではあるんだけどねー。
2014/11/09 (Sun)
[日々のいとまに]141108 ~時間との戦いについて~
▼要請を受けて、久々にフルブ家庭用で出撃など。
 なんかミッションっぽいのに出ることになりまして、まぁ、久々で家庭用の操作感(自分の持ってるコンパネの、ということね)が思い出せてなくて、けっこうアレな滑り出しにはなったわけですが、それはまぁ、よかった。問題は、その後、でした……。
 あるていどまともに動けるようになってからのあるステージで、地獄のコンティニュー地獄(重複)に突入する事態に。
 いや、勝てる気がしねぇ、とかならそこまで頑張らねぇんだがな……。ひたっすら、戦力的には圧倒してるのに 1 秒未満の差で時間切れ負けになる繰り返しに突入してしまい……。時間切れにしてももうちょっと実際無理っぽい差での敗退とかだったらそれもそれはそれで納得して諦めれるところだと思うんですが、毎回毎回、1 発圏内のラスト敵機がダウンして黄色ロックな状態でタイムアップという……。
 まぁ、最終的には突破しましたが、ぐったりでありました。
 つうか、このシリーズ(の CPU 戦)って、結局「時間切れとの戦い」に毎度毎度収束してく感はあるわけで、ホントこの形の「難しさ」ってクッソつまんねぇからカンベンしてほしいんだけどなぁ……。
 あ、もちろん機体強化とかできるモードではありますが、あれも、ふつうの CPU 戦や対戦の腕を落とす要素だから避けたいんだよねー。つうか、その「強化という操作」の手間が面倒すぎてやっとられん、というのが一番という話もないではないですが。
 その点除けば、フルブのこのモードはつまんなくはないだけに、今回はちょっとにょろーんでありました。
2014/11/08 (Sat)
▼旧職場の「やめた人会」に出撃など。
 えー、いろいろとアレな事態が多発してるらしい旧職場周辺についていろいろと情報収集、のつもりで行ったんですが、気がつけばかなり自分の仕事の話をする羽目になってた、ような……。
 まぁスケジュール調整が面倒なのがアレなメンツですが、たまにはこゆのも重要だよねー、ということで。
2014/11/07 (Fri)
[Life as a Half Drow]At The Encounters
▼なんとかギリギリ、「終わる前に」間に合いそうだったので、ちょう久々にエンカウンターズに出撃してみたりなど。
 もちろん、参加は時刻的に不可能なわけですが、途中から見学程度なら! ということでな。近々 5 版実践の機会も定まりそうなわけで。
 つーことで、途中からちらりと拝見させていただいてきました。
 やー、やっぱ実際のプレイ見るのは重要ですな。まぁまだちゃんとルール把握してないので、学ぶにも限度はあったかとは思いますが、なんとなーく雰囲気ぐらいは得られたんじゃないかな、と、そういう感じで。スリープの乾坤一擲感とかなー。
 あとは、以前の版と微妙にずらしてきてる感のある技能の対訳をきちんと固めておかんと面倒なことになるかもなー、とか、そのあたりで。
 よい刺激をいただいたと思うので、気合入れて自分とこのも作ってく方向性で!
2014/11/06 (Thu)
▼突如ひどい頭痛に襲われて 1 回休み。
 ……というか、ひどさそのものは過去最悪というほどではないんですが、この、なんというか、おさまらなさが……。断続的ながら、「いつまで痛いんじゃー!」という感じでな……。
 困った話ね。
2014/11/05 (Wed)
[Life as a Half Drow]Throwing into The Banquet
▼てことでー。
 当日は現地キャラメイクからスタート、と申し上げてはみましたが、もちろん、先行で作っておいていただいてもかまわない(つってもダイスロールは現地でタノム)次第です。今月中とはいえ次回までにはそれなりに日数もありますし、英語 PHB 今からポチっても充分間に合うんじゃないかにゃあ? と。
 ポチらないまでも、基本的な PC であれば、WoTC の無料ルール(およびその有志和訳)でも作成可能です。もちろん新ルールのファーストキャンペーンですので、再構成、再訓練等は広く広く可としていく(つうか、その影響で他プレイヤーが PC 変えなきゃならない、とかにならなければだいたい何やってもいいんじゃね? ぐらいの)予定ですし、ざっと見たところ最初のレベルでは作成オプションもあんましなさそうですので、これで組んじゃってもらうのもいいテかと思います。組んでおいて、オプションだけ現場で差し替えとかももちろんアリだろうしねー。オプションについてはやはり和訳サマリーを当日持参予定ですし。
 ってことで、参照サイトをいくつかリンク。
 WoTC の Basic Rules
 ここの「PLAYER'S DnD BASIC RULES V2」またはその「PRINTER FRIENDLY」で、英語イケれば基本的なキャラは作れます。
 むろん、日本語記述だけだと疑念が生じた場合などのみ英語版を参照し、和訳 wiki だけで組むというのもよい考えでしょう。
 D&D私家邦訳wikiさま。
 さらに強力なカードが揃っておりますのは以下。
 第五隧道(仮)さま。
 ……つうか、ざっと見て、「これ、わたしが自前で英文読解しなきゃならない余地ってないのでは……」と思ったぐらいのアレですじゃよ……?
 まぁ、モンスターとかは自分で把握しなきゃだし、Basic Rules も DM 用部分の和訳サマリーとかないけど、モンスターデータは必要なとこだけ読めばいいんだし、DMG はどうせまだ出てないし、ざっと見たところ Basic Rules の DM 用部分って大して量ないし、なんとかなる予感。
 つうことで、無論義務だとは申しませんが、気が向いたら眺めておいていただければ幸甚でございます。
 事前に相談会てほどのことまでできるかっつーと悩ましいですが、相談あれば、もちろん、対応させていただきたく思っておりますので、ご連絡ください。
 よろしくよろしく。
2014/11/04 (Tue)
▼さて、以前から野望だけはあったのですが、実現はまだ遠いだろうなー、と思ってた、5 版発動を、次回セッションで、ということで、申告してきました。
 いや、ほっとくと次回が来月になりそうだったのでな……。ちょっと、わたし的には、ここのところ生活から TRPG 成分が減退しすぎだった感が強く、月 1.5 回ぐらいはセッション予定入れとかんと、という気分になっておりまして。といって周囲から「オレがやる!」という宣言が出ているわけでもないのに回数を増やそうと云い張るのもどうなのよ、というのもあって、じゃあ私自らが出る! と。
 やる気はずっとあったんだけどね……。ここのところ、どうにも土曜日の仕事終わりが遅くなりがちで、現着が遅れまくりであり、このザマでマスターやってもいいのか、というのがずっしりありまして……。まして、新着ルール(しかもオフィシャルな日本語版がまだ存在しない)での第 1 回となると、マスター到着前にキャラメイクぐらいやっといて、という訳にもいかないわけで。
 とはいえ、生活が変わる予定もない以上、それ云ってたらいつまで経っても始められないよなぁ、と。
 どうせ初回はキャラメイク+ちょいと試運転程度の戦闘ぐらいになりそうなわけで、それなら割り切って遅いスタートでも敢行するほうがいいんじゃねぇの? と腹をくくることにした次第です。ま、わたしが腹くくっても、それで結局到着が派手に遅れたりしたとしたら、ワリ食うのはみなさまなわけで、勝手と云えば勝手な話なのではありますが。
 まぁ、5 版は実際軽そう、という話はそろそろけっこうな信憑性をもって聞こえてきているわけで、そうなれば、次回以降は「わたしが到着しだい「さて」と開始可能」かつ、あと 1 時間ぐらい早く開始できた場合の 4 版ぐらいの話の消化量は行けるようになる……といいな……とか、そういう狸の皮など数えつつ見切り発車ということで、みなさまにおかれましては、ご対応よろしくお願い申し上げます。
2014/11/03 (Mon)
[Life as a Half Drow]Like a Shimakaze
▼4 版新キャンペーン第 6 回(なのか?)、出撃してきましたー。
 仕事等余裕なさすぎで(って今にして思えば何故そこまでだったんだって気もする程度には「クソ忙しいけど普通の週」だったと思うんだけどねぇ)云われてた「15 レベル以下のアイテムひとつ決めといて」をまったく果たせず、しかも仕事で到着も大幅に遅れて、いろいろ大変ではありました。んがまぁ、考え抜いた挙句にろくでもない結論に達しまして、これがアホな事態を現出させて、結果的にはまぁ、悪くない仕上がりになってきてんじゃん? というアレに。
 アレとは!
 移動速度が問答無用で +1 されるブーツだーっ! しかもなんか液体面上を歩けるらしい。
 もとの移動速度が 7、プレートメイルながらフィートで移動速度低下は殺してあるので、これにブーツで 8。謎の高速重装甲戦車状態に加えて、技能パワーで遭遇毎で移動 +4 になるヤツを取り、さらに指揮役のおかげで最初だけ速度 +2。……ってことは、ファーストラウンドでワンムーヴで 14 マス「歩」ける、という……という話ですか……これは……。つーかチャージ組み合わせれば、ほぼ盤上どこでも 1 足 1 刀っぽい……?
 ってことで、調子乗って「おっそーいー!」とか「だって速いもん!」とか寝言連発して駆け回ってみたところ、おそらく今キャンペーン初ではないかと思われるデスセーヴに突入してみたりもしましたが、やー、妙な楽しさを満喫してきました。
 15 レベル以下アイテムは防具推奨、と云われてはいたので、ちょっと推奨から外れたものを選んでしまったことにはなるのですが、鎧はすでに 11 レベルの +3 で、これに乗せたい付加効果もなかったので、このようにさせていただいた次第です。首は +2 だけど、こっちについてはけっこう手に入れたばっかりだったので、これをわざわざ取り替えるのもなんか気が進まなくてな……。というか、手に入れたばっかり=直前に熟考したばっかり、であり、もう一度考えるのが面倒だったというか……。
 ……てところで、今回で第 1 部完とのことでしたが、今後ともよろしくお願いいたしたい次第であります。
 以下、数行水面下。
2014/11/02 (Sun)
▼全力で落ち込む事案が発生。
 まぁ、死刑判決はもう聞いてて、今日扉が開いた、という程度の感覚ではありますが。
 というわけで 1 回休み。うう。
2014/11/01 (Sat)
* Top *